バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!為替予想まとめ
今週の取引チャンスはここ、為替変動の予想!ビットコインの価格高騰が熱い!
ビットコイン価格高騰しているビットコインが熱い!為替相場でも同じように上昇!
利上げ決定6月FOMCで米利上げが決定。ペースは変わらず今後は円高へ。

米国消費者物価指数を分析し「モノの価値」がわかれば相場の価値がわかり、バイナリーで勝てる!

消費者物価指数で物の値段が高いか安いかまるわかり!

消費者物価指数(CPI=Consumer Price Index)とは?

アメリカの都市部の消費者が平均的に購入する商品やサービス、つまり売買の取引が一定のものを対象に物価がどう変化しているかを表した数字。食品や住宅、アパレル、医療費など細かい項目ごとに数値が発表されますが、中でも価格の変動が大きい食品・エネルギーを除いた「コア指数」の動きが特に重要視されています。

物価の変動を見る指標としては一番広く利用されている最重要インフレ指標となります。

いつ発表されるの?

米国労働省労働統計局から翌月の第三週、だいたい15日前後、日本時間で21時半(冬時間は22時半)ごろに発表されます。

似たようなのに生産者物価指数(PPI=Producer Price Index)ってあるけどどう違うの?

こちらは米国内の製造業者の販売価格がどう変化しているかを表す物価指数で、製造段階別(原材料・中間財・最終財)、品目別、産業別で数値が発表されます。消費者物価指数と同じく、食品とエネルギー項目を抜いたコア指数が重要視され、インフレを判断する重要な指数となっています。

指数の発表は消費者物価指数と同時で、生産者物価指数が先に、消費者物価指数がその後に発表されます。

投資家も政府もみーんな知りたい、「モノの価値」!

インフレになっているかの状況を知りたい政府

インフレとは物価が上がること。基本的には物価が上がれば給与も上がり、消費も良くなり景気が良い傾向と言えますが、需要と供給のバランスが崩れ、モノの値段だけ上がって行くと、同じ値段で買えるモノが少なくなり消費が下がり逆に景気が悪くなってしまいます。

政府は過度なインフレにならないよう常にチェックしていて、インフレになりそうになると金利を上げ調整します。上げると預金や投資が増えるので手元のお金が減り、お金の価値が上がるので解消するという仕組みです。

経済の状況と政府の対応を予想する投資家

物価の上昇は基本的には好景気の証です。景気が良ければその国の通貨は買われますから投資家にとっても消費者物価指数は見逃せない経済指標となります。 さらに過度なインフレだと政府が判断した場合、上記のように金利を上げるなどの政策を立てるでしょうから、さらに投資家の資金が流入し長期的にも為替相場が変動する要因にもなります。

モノの価値が与える相場への影響!

雇用統計などと比べ、発表時の経済の状況や流れを把握していないと分析が難しい消費者物価指数ですが、政府の金融政策のひとつの基準でもあり、これまで話してきたように相場に与える影響は大です。

この後は、そんな消費者物価指数の簡単分析法と買うタイミングをご紹介します!

予想より高い結果が必ずしもドル買いとは限らない困ったちゃんな消費者物価指数を分析する2つの方法!

基本的には上がればドル買い、下がればドル売りという素直な子

他の経済指標と同じように、予測値より大きければドル買いで円安ドル高に、予測値より小さければ円安ドル高になります。 細かく言えば、今は日米の金利差がほとんどないからなんですが、それよりも気をつけなければいけないのは、発表時にアメリカ経済の状況はインフレ状態にあるかどうかです。

インフレ気配のときにコア指数が高くなると短期では逆に動く!

仮にアメリカがインフレ状態にあったとして消費者物価指数のコア指数が予想より高い数値が出ると、過度なインフレが起きていて経済が停滞するとの見方からドルが売られ、通常とは逆の円高ドル安になる場合があります。

インフレ傾向にあるかどうかは米連邦準備理事会(FRB)議長の発言など経済要人の発表をチェックする必要があり、なかなかきちんと情報を得る事は難しいですが、要人発言も経済指標と同じ、または役職によってはそれ以上の影響を与えるため普段からチェックしておく必要があります。

よくわからなくても大丈夫!バイナリーではとにかく発表された瞬間を見逃すな!

先に生産者物価指数が発表されるからチャートの様子を確認できる!

円安になるか円高になるか、消費者物価指数の発表前に相場の動きを確認する事ができます。しかし、それはみんな同じように確認し動向を探るので売り買いが拮抗しあまり動かないこともあります。

投資全般に言える事ですが、バイナリーオプションでは特にポジションをずっと持っておいて「上がるまで待つ」という戦法は取れませんので、相場がわからないときは購入しないようにしましょう。

ぶっちゃけファンダメンタルズを利用しての短期投資なんてそんなもの

FXなどで大きく利益を取ろうと思うなら発表前に自分の予想を信じてポジションを取ることもあるでしょう。そういう場合はしっかりと予習し経済状況を把握する事が必要になりますが、バイナリーオプションのように超短期で取引が決済される場合は経済指標が与える影響なんてわからなくても『とにかく動くタイミングだ』という認識で十分!

上がっても下がっても予想が当たれば勝ちですから、相場が動く経済指標や要人の発表は日時をチェックしてしっかりと相場の波に乗れるように準備しておきましょう。

狙い目は60秒セカンズ!

数十秒で何十銭も動く可能性のある大きな経済指標発表ですから、狙い目はやはり60秒セカンズです。チャートがどちらに触れたかを敏感に読み取り、動いた直後、なるべく早めにポジションを取れるよう取引ツールを開いて準備しておきましょう。

この記事のカテゴリ:ファンダメンタル

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在オープン記念で10,000円キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトはこちら

5位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら