バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
11月中旬もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
11月17日11月17日の米・建設許可数/住宅着工件数を狙って稼げる!?取引方法を紹介
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

米雇用統計を分析・チェックできれば、バイナリー勝率100%も夢じゃない!

数ある経済指標の中で、世界で一番注目される「米雇用統計」とは?

米雇用統計とは全米の働く人の状況を全て表した指標!

米雇用統計とは全米の働く人の状況を全て表した指標!全米約16万の企業や政府機関が所持している約40万件以上のサンプルを調査し、失業率、非農業部門雇用者数、週労働時間、平均時給、建設業雇用者数、製造業雇用者数、金融機関雇用者数などの項目が発表されます。

アメリカでは個人消費がGDPの6割にもなるため、雇用状況がそのまま消費や経済に与える影響が大きいので、金融政策と合わせて全世界のトレーダーがアメリカの労働省の発表に注目します!


最新の雇用統計情報を下記でまとめています。

海外バイナリーオプションが選ばれる理由 10月6日(金)は雇用統計の発表!USD/JPYを狙って取引するチャンス
こちらも合わせてチェック!


中でも特に失業率と非農業部門就業者数の2項目が注目されている。

失業率は、細かくは「失業者÷労働力人口×100」で定義されています。非農業就業者数は「事業所調査によって、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計された就業者数」で経済政策変更の基準となる事が多く、どちらも経済に直結するため特にチェックされています。

発表は原則、翌月の第一金曜日!

雇用統計の発表は原則翌月の第一金曜日に行われます。その月の集計をニューヨーク時間の午前8時30分に発表。日本時間で言うと午後9時半頃(冬時間では10時半頃)になります。

日本では昔から金曜の夜は花金と言われていて、お父さんなんかは飲みに行く方も多いでしょうが、FXやバイナリーをやってる方は第一金曜日の夜、9時半頃のチャートの変動だけは注意しておきましょう!

米雇用統計が為替相場に影響する3つの理由!

理由その1:流通数世界一位の通貨USドル

為替は全体の取引の量や額によって変動しますので、単純に多くの人が取引をするとそれだけ動きやすくなります。

USドルは世界一の流通量を誇ります。すなわち、それだけ多くの人が取引をしているということで、アメリカの経済指標によって取引が行われる量も額も他の通貨とは比べ物にならないほどで、ドル売りかドル買いどちらかに傾くと一気に値動きする可能性が高いのです。

理由その2:予測値からのズレ

円高・円安どちらかに動くかは、前回の指標との比較ではなく、経済の専門家などが出した予測値との比較で決まります。

非農業部門就業者数で言えば、予測値より高ければアメリカ経済良好と捉えられ期待感からドルが買われ円安ドル高となります。逆にそれほど変わらないか低ければ、アメリカ経済は停滞または下降気味と捉えられドルが売られ円高ドル安となります。

理由その3:為替の3大市場、ニューヨーク、ロンドン、東京がある国全てがチェックできる時間帯に発表される

理由その1と根本的には同じ理由ですが、取引量が多い市場が確認できる時間帯に米雇用統計が発表されます。

ニューヨーク市場があるアメリカは朝8時頃、ロンドン市場があるユーロ圏はお昼の12時頃、東京市場がある日本では夜の9時半頃に世界中で同時に発表され、トレーダーがチェック、それこそ世界中で一斉に取引が行われることになります。

実例で見る米雇用統計の結果が為替相場に与える影響とは?

短時間で1円、2円平気で動く米雇用時計!

雇用統計発表後は、予測値との差が大きければ大きいほど極端にドル高、ドル安どちらかに大きく触れます。

過去の雇用統計発表時の実際のチャートでどれだけ相場に与える影響が大きいか見てみましょう。

最近の雇用統計発表時のドル円チャートの動き

201306koyou 201307koyou

sihyou

2013年6月に発表された5月の雇用統計発表時には非農業部門雇用者数が予想より3万人も多かったため、ドルが買われ振り幅も含めて約3円弱も円安になりました。

7月の発表時には6月ほどの予想値とのズレはなかったものの、それでも非農業部門雇用者数の結果が多かったので、約1円程度円安方向へ動いています。

米雇用統計を利用したバイナリーオプション攻略法!

結果が発表された瞬間を見逃すな!

米雇用統計が発表されると瞬時に為替相場に変化が現れます。発表自体をチェックしなくとも、夜9時半から1分足のチャートを見てるとすぐにわかります。

どちらに動いたかを見逃さず、すぐにポジションを取れるよう準備しておきましょう!

60秒セカンズを利用した攻略法

相場は長く動くこともありますが、基本的には30分~1時間程度です。この間はほぼ上か下か同じ方向に動きます。

1時間のハイロー型では間に合いませんし、10分も多くて6回ほどしか取引できませんし、いつ終わるかわからないときにあまり長い取引はできません。

ここは海外バイナリーの一番の魅力である【60秒セカンズ】を使ってガンガンPUTもしくはCALLしていきましょう!

攻略法を試す前に必ず目を通しておきたい3つの注意点。

みんな狙ってるのでシステムが遅くなりがち

世界中が注目しているビックイベントですから、普段とは段違いの取引が行われシステムに負荷がかかる場合もあります。システムに負荷がかかると取引ツールの動きが鈍くなり、購入や約定に時間がかかる可能性もあり、狙った取引ができない場合もしばしばあります。

ペイアウト倍率が低くなる

海外バイナリーはペイアウト率が変動しますので、円安か円高どちらかに大きく動いているときはペイアウト率がいつもより低くなっている可能性があります。ただ、倍率の低さより勝つ事が大事ですからしっかりと狙っていきましょう。

大きく購入しすぎる気持ちにストップ!

世界中が注目し、値動きも激しいタイミングですのでついつい欲張って高額購入したり、時期が過ぎるまで続けて購入してしまいがちです。

どこまで動くのか、いつまで続くのかの見極めはとても難しいですし、たとえ強くトレンドが出ている場合でも少しのブレで負ける可能性もあります。欲張る気持ちもわかりますが、気持ちをコントロールするのも投資家の素養のひとつです。もう少し購入しておけばよかったと後悔する方が負けてしまうより得ですので、あまり欲張らず冷静に購入しましょう。

この記事のカテゴリ:ファンダメンタル

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,639,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 142勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +26,880円 【現在検証中!】
現在の勝敗 56勝27敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +10,070円
現在の勝敗 6勝3敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

4位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら