バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

2月13日▶24日にかけて投資のチャンス!?
為替が大きく動く「米利上げ」に関しての情報が出てくる!変動が起きる時はバイナリーオプションのチャンス!
為替予想と攻略:2月13日▶2月24日にかけての為替相場を予想。注目は”イエレン””FOMC”?

一目均衡表を使ってバイナリーオプションを攻略

億トレーダーも使ってる一目均衡表とは?

一目均衡表って?

一目均衡表は、時間という部分に重点をおいて分析された、日本だけでなく、世界の投資家たちにも大変人気のあるテクニカル分析です。

5本の線(指標)を使うことで、名前のとおりひと目で「相場のトレンド」「下げどまり(いつごろ上がるか)」「上げどまり(いつごろ下がるか)」を予測することができます。

考案者は日本人で、細田悟一によって、1936年(昭和11年)に考案されました。名前は細田のペンネーム 一目山人(いちもくさんじん)に因んで名づけられています。

実際にチャートに表示させて一目均衡表を見てみよう

一目均衡表の5つの指標の画像

一目均衡表について何も知らない方は、5本の線が引いてあるだけで、何が何がなんだかわからないと思います。これをひと目見て、「相場のトレンド」「下げどまり」「上げどまり」を予測できるようになる前に、一目均衡表の5つの線(指標)について簡単に説明しておきます。

【1】基準線 過去26日間の高値と安値の中間値
(26日間の高値 + 26日間の安値)÷ 2
【2】転換線 過去9日間の高値と安値の中間値
(9日間の高値 + 9日間の安値)÷ 2
【3】先行スパン1 基準線と転換線の中間値を26日先に記入したもの
「(基準線 + 転換線)÷ 2」 を26日先に記入
【4】先行スパン2 52日間の高値と安値の中間値を26日先に記入したもの
「(52日間の高値 + 52日間の安値)÷ 2」を26日先に記入
【5】遅行スパン 当日の終値を26日先にさかのぼって記入

ひと目でわかる一目均衡表の見方

初心者へのおすすめは「雲」

初心者にもおすすめなのが、「雲」を使った見方です。一目均衡表を表示させたとき、どこが「雲」になるのか画像を見てみましょう。

一目均衡表の雲

「雲」とは、先行スパン1と先行スパン2の線が交わってできた内側の部分のことをいいます。また、現行のレートを「飛行機」に例えて「飛行機が雲より上にある場合は~」「飛行機が雲より下にある場合は~」というように説明に用いられています。

この「雲」と「飛行機(現行レート)」の値動きを見るだけで、相場の「下げどまり」「上げどまり」を簡単に調べることができます。

見方は簡単です。

①雲より上に飛行機(現行レート)がある場合

飛行機が雲の上を飛んでいて、高度が下がってきても雲がクッションとなるイメージです。

どういう意味かというと、現行レートが雲より上にいるときは上昇トレンドの傾向が強いということです。

②雲より下に飛行機(現行レート)がある場合

飛行機が雲の下にいるときは、高度を上げようと上昇しても雲が覆いかぶさるイメージです。

こちらの意味は、現行レートが雲より下にいるときは下降トレンドの傾向が強いということです。

③雲の厚さと雲の薄さ

飛行機が雲の中に入ろうとしても、雲の厚さが厚ければ厚いほどなかなか中へ入ることができないイメージです。逆に、薄ければ薄いほど、簡単に突き抜けるとができ、突き抜けた飛行機は勢いを増して上昇・下降します。

雲が厚い場合、現行レートが雲の上でも下であっても雲が薄くなるまでは現状のトレンドを維持する傾向が強いということです。反対に、雲が薄い場合は現行レートが雲に接近しても押し戻されることなく、雲を突き抜けて天井または底までそのトレンドを維持して上昇・下降する傾向が強いということです。

覚えておくと得をする!2つのトレンド判定法

一目均衡表には、【初心者におすすめは「雲」】で紹介した、「雲」をつくる先行スパン1と先行スパン2の指標の他に、3本の指標が存在します。ここでは、その3本の指標を使ってトレンドを判定する2つの応用テクニックを紹介します。

基準線と転換線との位置関係からトレンドを予測

実は、一目均衡表は、基準線と転換線の位置関係により、上昇トレンド、下降トレンドを判断することができます。

トレンドの見分け方は、転換線が基準線より上に位置している期間が上昇トレンドの期間、転換線が基準線より下に位置している期間が下降トレンド期間と判断します。

一目均衡表でトレンドを判断する画像

また、転換線が基準線を下から上抜けた時、あるいは、転換線が基準線を上から下抜けた交差点を、2本の移動平均線で作られるゴールデンクロス、デッドクロスと同じく購入のサインとしての判断で使用されています。転換線が基準線を下から上抜けのときはゴールデンクロスと同じく上昇トレンドへ、転換線が基準線を上から下抜けしたときはデッドクロスと同じく下降トレンドへの転換を意味します。

遅行スパンを利用するトレンドの判定

遅行スパンは当日の終値(遅行スパンの垂直上に位置する現行レートの終値)を26日前にさかのぼって記入されています。

26日前の値より上に位置している期間を上昇トレンド期間、逆に遅行スパンが26日前の値より下に位置している期間を下降トレンド期間と判断します。

また、遅行スパンと現行レートの関係も、26日前の値を下から上抜いた時、あるいは、上から下抜いた時が、それぞれゴールデンクロス、デッドクロスと同じく購入のサインとしての判断で使用されています。

一目均衡表を使用するときの注意点

一目均衡表は「相場のトレンド」「いつごろ上がるか」「いつごろ下がるか」や、値幅はどれくらいなのかまでわかると言われています。しかし、5つの指標を利用しているため非常に奥が深く、これを完全に理解して操れるのはプロの投資家でも難しいと言われています。

ここで紹介したものは、一目均衡表を使う上での基本的な考え方、指標で得られる情報を元に、過去の相場データから一般的にな使用例としてご紹介しました。利用する際には、その他のテクニカル分析の情報と重ね合わせて、情報にダマシがないかしっかりと見極めるようにしましょう。

テクニカルチャートで一目均衡表が見れる!

OptionBit(オプションビット)

オプションビット(Optionbit)

AdvancedChartsで一目均衡表が使える!

OptionBit(オプションビット)は、予想シグナルツールの『アルゴビット』が人気の業者です。また、オプションビットでは無料でテクニカルチャート『Advansed Charts』を利用することができ、テクニカル分析をすることができます。今回紹介した一目均衡表も使うことができるオススメの業者です。

オプションビットの詳細・口座開設はこちらから

この記事のカテゴリ:テクニカル

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +12,780円 【現在検証中!】
現在の勝敗 43勝22敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら

5位:スマートオプション

SmartOption(スマートオプション)
現在の損益 +480,294円
現在の勝敗 1611勝970敗(iフォロー)

スマートオプションはファイブスターズオプション同様に自動取引ツールがあります。海外バイナリーオプション業者の中では老舗の業者です。

始める前にこちら

6位:Yバイナリー

Ybinary(Yバイナリー)
現在の損益 +22,600円
現在の勝敗 43勝35敗

Yバイナリーはペイアウト2倍取引のある海外バイナリーオプション業者です。ただ、最低入金額が2万円と他社と比べると高いため、低資金から始めたい方や初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

始める前にこちら