バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
12月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
12月4週目[12月4週目]年末にバイナリーオプションで稼ぐならコレを見ろ!今週の狙い目!
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

スマホでバイナリーオプション取引を攻略!勝率をグンと上げるならMT4アプリ!

バイナリーオプション取引では『テクニカル分析』を行えば勝率を上げる事が出来ますが、『そんなのパソコンだけ!』と思ってる方もいるかと思いますが、実は携帯でも出来るのです!

テクニカル分析とは:チャートに線を引いたり、インジケーターと呼ばれるテクニカル指標などを使い未来の相場を予想する事を指します。

MT4とは主に外国為替証拠金取引(FX)の取引ツール(プラットフォーム)として利用されており売買も利用されいますが、バイナリーオプションで勝つには欠かす事ができない分析ツールです。多彩なチャートが人気で使っていないトレーダーはいないと言っても過言ではありません。

『MetaTrader4(通称:MT4)』と言うアプリを使えば、スマートフォンでも『テクニカル分析』を簡単に出来るんです!

MT4アプリのダウンロード方法・使い方

Androidの方はGooglePlay、iPhoneの方はAppStoreで『Metatrader』と検索すると『MetaTrader 4』が出てくるのでそれをダウンロードしてください。

インストール完了後アプリを開くと以下の画面になります。

新規口座作成画面になります。ここでアカウントを登録する事が出来ますが、赤枠に書かれている『登録せずにスタート』を押せば登録せずに利用が可能です。タップすると下画像の画面に移ります。

初期画面は『気配値(取引されているおおよその水準)』の画面ですが、下の赤枠で囲んである『チャート』を押すとチャートの画面が表示されます。

他にも『気配値』や『トレード』などの項目がありますが、バイナリーオプション取引を攻略する際、MT4アプリではこの『チャート』の項目だけを利用していきます。チャート画面を見ていきましょう。

こちらがチャート画面になります。初期設定ではローソク足チャート、そして下部にありますテクニカル指標の一つ『RSI』と一緒に表示されます。

ローソク足には『1分足』『5分足』などありますが、上画像のM1を押すとローソク足の時間足を変更する事が可能です。

『M1=1分足』『M5=5分足』『M15=15分足』『M30=30分足』『H1=1時間』となっており後は、『D=DAY(日足)』『W=WEEK(週足)』『MN=MONTH(月足)』となっています。

バイナリーオプションは基本”短期取引”ですので、1分足~5分足ぐらいがオススメです。

そして上部の赤枠『f』を押すと下の画像のように様々なテクニカルをチャートに挿入する事が出来ます。

メインウィンドウを押すと様々なテクニカル指標が表示されるので、追加したい物を押します。例として『bollinger bands(ボリンジャーバンド)』を追加してみました。右画像のようにチャート上にボリンジャーバンドが表示されます。

さて、基本的なMT4の使い方は以上になりますが、どのテクニカル指標を使えばいいのか?それについて解説していきます。

どのテクニカル指標を使えばいいの?設定方法から見方まで詳しく解説!

様々なテクニカル指標がありますが、どれを使えばいいのか分かりませんよね。今回は主要なテクニカル指標の中から3つ紹介し、それぞれの設定方法から見方までを解説していきます。

移動平均線

移動平均線とは:一般的にローソク足とセットで表示されるチャートで、過去の一定時期から当日までの終値の平均値を線で結んだものです。平均を取る期間の短い移動平均線ほど直近のトレンドの影響を受けやすいのに対し、期間の長い移動平均線は中長期的なトレンドを反映しやすいので、この特徴を応用して期間の異なる2本の移動平均線の方向や交わり方を見ながら、相場のトレンドの転換点を予測する方法があります。

難しい話はさておき、設定方法は以下の通りです。

期間の異なる2本の線を出して分析するので、1つめは『5日(短期)』2つめは『25日(長期)』に設定しましょう。分かりやすいように『スタイル』から色も変えておくのがポイントです。

画像は少し見づらいですが、赤い短期の線青い長期の線を下から上に突き抜けてる緑の丸部分が『ゴールデンクロス』と呼ばれ上昇トレンドに転換したサイン。

その逆で、赤い短期の線青い長期の線を上から下に突き抜けてる紫の丸部分が『デッドクロス』と呼ばれ下降トレンドに転換したサインです。

移動平均線を使う場合、『ゴールデンクロス』が出た時はHighで、『デッドクロス』が出た時はLowでエントリーをする、トレンドの流れに沿って取引をする『順張り』でバイナリーオプション取引を攻略出来ます!

RSI

RSIとは:簡単に説明すると「買われすぎ」や「売られすぎ」の水準を、人間の感覚ではなく、客観的なデータとして表示してくれるのがRSIです。一定期間における相場上昇時の上げ幅の合計と、下げ幅の合計をもとに、現在の価格がどの水準にあるのかを示します。

設定方法は以下の通りです。

RSIは基本、期間を『14』で設定します。

チャートの下に表示されている青い折れ線がRSIで、70%を上回ったら『買われすぎ』、30%を下回ったら『売られすぎ』のサインです。

RSIが70%~100%の領域に達して、折れ線が下向きかけているようなら相場が下がる可能性が高くなり、逆に0~30%のレベルから上向きかけているようなら、相場が上がる可能性が高いということです。

画像のように70%を超えた所から値が下降しています。そして30%を下回った所で値が上昇していますね。

つまりRSIが70%以上の所で折れ線が下を向きかけたらLow、30%以下の所で上を向きかけたらHighでエントリーする、トレンドの転換点を狙って取引をする『逆張り』でバイナリーオプション取引を攻略出来ます!

当サイトでもハイローオーストラリアで勝率100%に近づける取引方法! の記事でRSIを使った取引検証を行っています。参考記事ではパソコンでの取引になっていますが、アプリでも同じように取引出来るので参考にしてみてください。

MACD

MACDとは:短期の移動平均線と長期の移動平均線がどれくらい離れているかを示す指標です。チャートの構成は、横軸が時間、縦軸は中心を0として上半分はプラス領域、下半分はマイナス領域となっています。RSIと違い、折れ線は2本で、1本はMACD、もう1本はシグナルと呼びます。

設定方法は以下の通りです。

上から『12』『26』『9』で設定しましょう。赤い線が『シグナル』、灰色の棒グラフのような物が『ヒストグラム』です。

見方としては、先述した移動平均線とRSIを合わせたような感じで、0より上の部分でシグナルがヒストグラムを上に突き抜けたら下降トレンドのサイン(デッドクロス)、0より下の部分でシグナルがヒストグラムを下に突き抜けたら上昇トレンドのサイン(ゴールデンクロス)です。

MACDは移動平均線と同じで、『ゴールデンクロス』が出た時はHighで、『デッドクロス』が出た時はLowでエントリーをする、トレンドの流れに沿って取引をする『順張り』でバイナリーオプション取引を攻略出来ます!

複数のテクニカル指標を組み合わせて”より”勝率を上げる!

1つのテクニカル指標だけを使うのではなく、複数のテクニカル指標を組み合わせる事で、より正確にトレンドの転換点を見極める事が出来ます!

上の画像で移動平均線とRSIを表示させてるように複数のテクニカル指標を表示させる事ができ、両方のテクニカル指標でサインが出た場合にエントリーする取引方法で勝率を上げる事が可能です。

まとめ
今回MT4アプリの使い方からテクニカル指標まで解説しました。取引を行う業者はペイアウト率2倍のスプレッド取引がある『ハイローオーストラリア』がオススメです。iPhoneとAndroid両方にアプリもあり、簡単に取引が出来ます。是非MT4アプリを使ってスマホでバイナリーオプション取引を攻略しましょう!

この記事のカテゴリ:MT4

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,644,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 143勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +26,880円 【現在検証中!】
現在の勝敗 56勝27敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +17,370円
現在の勝敗 9勝4敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

4位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら