バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

【2016年】米感謝祭後のブラックフライデーが為替に与える影響を予想

アメリカの「感謝祭」と呼ばれる祝日があることをご存知ですか?ニュースや新聞などで取り上げられる事があるので、知っている方もいらっしゃると思います。

感謝祭は11月第4木曜日の国民の祝日です。アメリカにとって大きな祝日のひとつとなっており、この感謝祭を機にアメリカはクリスマスモードへと一変します。なぜ、今回はこのアメリカの祝日「感謝祭」を取り上げたのか。

それは為替変動に影響を与えるきっかけでもあるからです。感謝祭が終わった次の金曜日は「ブラックフライデー」と呼ばれ、クリスマス商戦がスタートし、多くの消費者がデパートや百貨店などでクリスマスプレゼントを購入します。アメリカの小売業にかなりの影響を与えるイベントの1つです。

そしてもう一つ、感謝祭後の次の月曜日は「サイバーマンデー」と呼ばれており、ネット通販などのオンラインショップでクリスマスセールが非常に活発になります。クリスマスセールが活発になり、消費者が動けば為替も動くのでしょうか。

ブラックフライデーの為替への影響は?

ドル円チャート画面

感謝祭後は、「ブラックフライデー」と呼ばれるクリスマス商戦が始まるため小売業に影響を与えます。話を戻しますと、今回「感謝祭」に注目している理由は為替変動に影響を与えるからです。

例年、感謝祭後は為替が非常に動きやすくなっている傾向があります。現在、トランプ氏が大統領に選出されてからドル円(USD/JPY)などで円安ドル高ですが、過去の傾向から言うと感謝祭を皮切りに為替相場に影響が出る可能性が非常に高いです。


為替変動の予想としては、
小売業などの売上が良ければ、次回の経済指標の発表に期待感が高まり、更に円安ドル高に動くとの予想です。また、相場に与える影響は一時的なものではなく、長くて12月2日(金)までは影響を与えると予想しています。

大統領選も終わり、次に狙えるイベントはここです!

ブラックフライデーを狙って投資をするには?

ドル円などの相場で12月初旬まではドル高円安傾向になると予想をしました。バイナリーオプション取引をする方は長くても15分程度のハイロー取引をされる方が多いです。もちろん、為替が動く方向が分かっていれば取引の役に立ちます。

ただ、今回はもっとピンポイントに為替が動く方向を予想するためのバイナリーオプション攻略法を紹介します。知っている方もいらっしゃると思いますが、「テクニカル分析」と呼ばれる指標を使った為替の動きを読む攻略法です。

紹介する攻略法は「移動平均線」。為替相場の動きを予想する際の基本的な攻略法ではありますが、為替の動きを予想するにはとても簡単でありながら、欠かすことのできない指標となっています。では、移動平均線の見方や予想の仕方を解説しましょう。

ドル円チャート画面

こちらが為替の動きが予想できる移動平均線です。四角いローソク足の後ろに隠れていて見えづらいかもしれませんが、青い線と赤い線の2本で構成されているのが移動平均線になっています。


簡単に言うと、青い線も赤い線も同じ移動平均線ですが、一定の期間の平均値を線で表していて、青(5日間)と赤(15日間)でそれぞれ異なる期間を設定しているので違う動きをしているということです。この2本の線を見て為替の動きを予想します。

青い線が赤い線を上から下へと突き抜けている所に赤い丸を付けています。このように短期間の平均をとっている線(青い線)が長期間の線(赤い線)を上から下へと突き抜ける事は相場が下降する目印です。

青い丸の場合だと逆になっており、これは相場が上昇する目印。画像を見て頂くと分かりますが、移動平均線で目印が出た通りの動きをしています。これを見る事で自分がバイナリーオプション取引でHighとLowのどちらに購入をすれば良いのか予想を立てて取引をする事が可能です。

どうやったら移動平均線が使える?

移動平均線での予想方法を紹介していきました。移動平均線に関しましては、Yahoo!やMT4といった無料で使えるところもありますが、バイナリーオプションをするなら一緒にテクニカルチャートが使える業者をオススメします。

先程画像にも使ったテクニカルチャートは海外バイナリーオプション業者「オプションビット(OptionBit)」で使う事が可能です。

オプションビットテクニカルチャート画面

こちらがオプションビットで使えるテクニカルチャートですが、口座開設している方なら誰でも使えます。今回は移動平均線の表示方法まで解説をしましょう。

オプションビットテクニカルチャート画面

オプションビットの取引ページ下部に「高性能チャート」とあるので、こちらをクリックすると先程のテクニカルチャートのページが開きます。最初の画面では赤と緑の「ローソク足」しか表示されていないので「移動平均線」を追加しましょう。

オプションビットテクニカルチャート画面

上のメニューからオレンジ色で囲っているアイコンをクリックすると、表示させる指標を選択するページが出て来るので、こちらから「Moving Average(移動平均線)」を選択してください。一度に1本しか表示されないので、2回クリックして2本表示させましょう。

オプションビットテクニカルチャート画面

チャート上に表示されますが、このままでは使えません。先程も言ったように異なる期間の2本の移動平均線を見る事が目印が分かるので、ここから期間を変更する必要があります。歯車マークのアイコンをクリックすると編集が可能です。

オプションビットテクニカルチャート画面

歯車マークをクリックするとこちらが表示されます。Lengthとあるのが平均値をとっている期間です。期間を変えるのですが、一般的なのは「5日間」と「15日間」を1本ずつ表示させることなので、期間をそれぞれ変更します。

編集の「Style」から色を変更することができるので、違う色を設定しておくと分かりやすいです。

オプションビットテクニカルチャート画面

以上の設定が完了すると、移動平均線を表示させる事ができます。このように、移動平均線を見ながらチャートの動きを予想して取引をしてみてはいかがでしょうか。

また、オプションビットにはテクニカルチャートが使えるだけでは無く、為替の動きを予想してくれるシグナルツール「アルゴビット」があります。もし、自分で予想しても勝てなかったという時には、このアルゴビットに頼って取引をすることもオススメです。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

オプションビット
1週間待たずに出金が完了することを確認済み!勝率70%を誇るアルゴビットが使え、1万円から取引が始められる! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトへ

お役立ちコンテンツ体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら

5位:スマートオプション

SmartOption(スマートオプション)
現在の損益 +480,294円
現在の勝敗 1611勝970敗(iフォロー)

スマートオプションはファイブスターズオプション同様に自動取引ツールがあります。海外バイナリーオプション業者の中では老舗の業者です。

始める前にこちら

6位:Yバイナリー

Ybinary(Yバイナリー)
現在の損益 +22,600円
現在の勝敗 43勝35敗

Yバイナリーはペイアウト2倍取引のある海外バイナリーオプション業者です。ただ、最低入金額が2万円と他社と比べると高いため、低資金から始めたい方や初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

始める前にこちら