バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

トランプ大統領就任後の為替相場はここに注目!
1月から2月にかけて為替相場はトランプ氏の発言に注目?勝率70%を記録したツールで攻略しよう!
為替予想と攻略:トランプ就任後の為替はここに注目!相場を予想するツールを使って攻略!

トランプ大統領就任により更に円安へ?2017年の為替相場を予想

2016年は、4年に1度のスポーツの祭典リオ・オリンピックがありましたね。ニュースや新聞などのメディアでも数々取り上げれていたアメリカの大統領選なども印象が強いのではないでしょうか。

今年の為替は円安傾向から始まりましたが、100円を切る場面まで円高になった事もありましたね。11月にはアメリカ大統領選でトランプ氏が当選した事から、「トランプ相場」と言われるドル高/円安傾向に急激に動き始めています。

2016年の為替予想はとても難しかったのではないでしょうか。多くの経済エコノミストの予想を見てきましたが、予想と反する結果になっていた物が多数ありました。まあトランプ氏の当選からドル高/円安傾向に動いた事はかなり予想外です。

今回は、2016年末の為替状況などを加味して、2017年1月の為替予想をしてみました。

2017年1月の為替はこう動く!?

2016年末には為替に影響を与える事が多数ありました。2017年始めも同じような影響を受けて円安傾向になるのではないかと予想をしています。では、その予想した理由を2つ述べていきましょう。

1月のトランプ大統領就任により更に円高へ?

ドナルド・トランプ

2016年11月に次期米大統領として当選したトランプ氏が2017年1月20日に、現大統領のオバマ氏と交代し大統領へと就任します。

トランプ氏が大統領へ当選した際には、私はドル安/円高傾向へ動くと予想をしていました。ところが、結果はまったく逆でドル高/円安傾向へと動いています。これは「トランプ相場(トランプミクス)」と言われており、今もなお円安傾向です。

そのトランプ氏が大統領へと就任する2017年1月には更に円高傾向へと進むのではないでしょうか。政治に対する詳しい政策などはまだ明らかにされていませんが、その政策次第では大幅に為替相場に影響を与える事も考えられます。

2017年1月はドル高円安傾向に進むと予想した理由の1つは、現在の円安を招いたトランプ氏の大統領への就任です。

2016年12月FOMCで米利上げが決定へ

連邦公開市場委員会FOMC

2016年12月14日に行われた米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが決定となりました。約1年振りとなる利上げの期待感から、発表後はドル高円安が進んでいます。

以前の2016年9月時の米FOMCでは、2017年の利上げペースを年2回にすると発表をしていましたが、12月の発表では年3回へと引き上げられ、2017年は積極的に利上げを行うのではないでしょうか。

利上げを行う事で、ドル円(USD/JPY)などの為替相場に影響を与えます。利上げを行う事により、米ドルを買う動きが高まるため、低リスク通貨として扱われる日本円(JPY)が売られて米ドル(USD)が買われる。このような影響を米利上げの発表にはあります。

更に、2017年1月31日から2月1日にかけて、利上げを行うかどうかを決める米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。そのため、利上げペースを上げた期待感から発表前から相場がドル高円安方向へと動き始める可能性も高いです。

以上が、2017年1月はドル高円安方向へと動くと予想した理由の2つ目となります。

1月の相場はその年の動きになる?「1月効果」とは

話は変わりますが、為替のアノマリーには1月の為替相場はその1年の傾向になると言われる「1月効果(ジャニュアリー・エフェクト)」という言葉があります。

アノマリーとは、特別な根拠や要因は分からないが為替の動きに法則があること。

余談ではありましたが、この「1月効果」のアノマリーが正しければ1月の相場の動きは、2017年の為替相場の動きとなるのではないでしょうか。そこにも注目をして2017年の為替を追っていきましょう。

2017年1月はドル高円安傾向になると予想

今まで説明してきましたが、「トランプ氏の大統領就任」「利上げへの期待感」から年明け1月の相場はドル高円安の相場になると予想しています。

毎年、年始の相場では「ご祝儀相場」と言われており多少変動すると思いますが、全体でみると2016年末の為替相場の影響をそのまま受けるのでは?2017年は初っ端から取引に参加したくなるようなイベントが多いので、この機会に当サイトで紹介しているバイナリーオプションを始めてみてはいかがでしょうか。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:Yバイナリー

Yバイナリー(YBinary)
現在の損益 +642,600円 【現在検証中!】
現在の勝敗 40勝13敗

Yバイナリーの「100%ペイアウト」は名前の通りペイアウト2倍です!為替予想の頼りになる予想シグナルツールやテクニカルチャートなどの取引に使えるツールに特化しています。

公式サイトはこちら

3位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

4位:スマートオプション

スマートオプション(smartoption)
現在の損益 +480,294円 【現在検証中!】
現在の勝敗 1611勝970敗(iフォロー)

高ランクのトレーダーをフォローするだけでそのトレーダーと全く同じ取引をしてくれる「iフォロー」がスマートオプションの魅力です。取引検証し、1週間に8万円の利益を出しています!

公式サイトはこちら

5位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +5,830円 【現在検証中!】
現在の勝敗 40勝21敗 (オートトレード)

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

6位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら
Yバイナリーキャンペーンバナー