バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
土日もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目など紹介!
土日狙い目仮想通貨が動きやすくなる?オプションビットで取引!
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

今週取引するならここ!4月1週目の注目経済指標!

今週4月3日(月)から4月7日(金)に使える経済指標をまとめています。『経済指標』とは、日本を始めアメリカ(米国)、ユーロなどの世界各国の政府・公的機関が発表する経済の状況を構成する要因を数値化したものです。この経済指標を見る事でその国の経済を知る事ができます。

投資家にとってこの『経済指標』の発表と言うのは、その国の通貨を買うか売るかの判断基準となり、非常に大切な発表です。バイナリーオプションでも同じ事が言え、為替相場が変動する時の方が動きが分かりやすく取引しやすいもの。

今回はその中でも、今週(4月3日~7日)使える経済指標の発表と狙い目をまとめてみました。これを見て取引をするチャンスを見逃さないように!

4月1週!今週の取引するチャンスはここ!

4月3日:日・四半期日銀短観-大企業製造業業況判断

日・四半期日銀短観-大企業製造業業況判断とは?:日本の企業1万社に対して調査をした経済指標。日本銀行が企業の売り上げや実績などを含んだ項目を3ヶ月に1度のペースで調査しています。この経済指標から日本の企業の景況を知る事が可能です。

注目するポイントは、発表された数値が前回の数値・予想数値よりも高くなっているかどうかです。もちろん数値が高い方が企業の景況が良い事となります。

発表日時は4月3日(月)8:50(日本時間)となっています。

日・四半期日銀短観-大企業製造業業況判断での狙い目
前回の結果『18.0』もしくは予想の『19.0』よりも高くなった場合は、日本企業の景況が良いと判断され円高となりUSD/JPY(ドル円)相場でLowの方向に動き安い。
その逆で、前回の結果・予想よりも下回った場合は期待感の薄れから円安となり、USD/JPY(ドル円)相場でHighとなる可能性が高いと予想しています。

4月4日:米・貿易収支

米・貿易収支とは?:毎月初旬に発表されるアメリカの輸出入に関する経済指標となっています。『輸出額から輸入額が差し引かれた額』が貿易収支となっています。

輸出額が大きければ貿易収支は黒字となりますが、輸入額が大きくなればその分貿易赤字です。そのため『米・貿易収支』で注目するポイントは貿易収支が黒字傾向にあるのか、赤字傾向にあるかがポイントとなります。

この米・貿易収支の発表は4月4日(火)21:30(日本時間)となっています。

米・貿易収支での狙い目
前回の結果『-485億ドル』に対して、マイナス額が少なくなればドル高となりUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い。
その逆で、前回の結果・予想よりも悪くなった場合はドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる可能性が高いと予想しています。

4月6日:米・FOMC議事録公表

米・FOMC議事録公表とは?:前回3月のFOMCでの議事録の発表となります。前回の3月FOMCでは利上げが決定となりましたが、なぜ利上げ決定に至ったのか詳細が公表される指標です。

米・FOMCとはアメリカが利上げをするかどうかを決める会合となります。米・FOMCとは、利上げとはに関しては3月FOMCで米利上げの可能性はかなり高い!?予想とおすすめ取引方法こちらで詳しく解説しているので参考にしてください。

今週の発表日時は4月6日(木)21:30(日本時間)となっています。

米・FOMC議事録公表での狙い目
前回のFOMCでは利上げが決定となったものの、利上げペースは据え置きとなりドル高に大きく動く事はありませんでした。そのため、今回の議事録公表で利上げペース観測が高まる場合には、ドル高となりUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い傾向があります。
その逆で、新しい発表や情報などが一切なければドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる可能性が高いと予想。

4月7日:米・雇用統計

米・雇用統計とは?:米・雇用統計とは、アメリカの景気を知る上で最も重要な指標です。約16万社などを調査し、10数項目が発表されます。特に『非農業部門雇用者数』『失業率』の2項目が注目度が高いです。

アメリカの経済指標の中でも特に注目度が高い経済指標です。雇用統計に関しては米雇用統計とはこちらを参考にしてみてください。米・雇用統計の発表は4月7日(金)21:30(日本時間)に発表です。

米・雇用統計での狙い目
前回・予想数値よりも、非農業部門雇用者数が増加・失業率が低下であれば、リスク回避として買われていた日本円(JPY)が売られドル買いが進むと予想。そのためUSD/JPYでHighの方向に動き安い傾向があります。
ただし、非農業者部門雇用者数が現象・失業率が上昇であればその逆で、USD/JPYでLowとなる可能性が高いと予想。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,639,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 142勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら