バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
年明けはバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
1月3週目[1月3週目]1月中旬にバイナリーオプション取引を狙うなら!今週の狙い目
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

まだ間に合う!9月1日(金)21:30発表の雇用統計を狙って取引!

アメリカの最重要経済指標と言っても過言では無い「米・雇用統計」ですが、今週末に発表となります。今回は、米・雇用統計の為替の動く傾向とおすすめの攻略方法を紹介しましょう。

まだ間に合う!雇用統計を狙うならここ!

米・雇用統計ではアメリカの雇用状況を知る事ができるため、景況を知る事ができる重要な経済指標となっており注目度は非常に高いです。米・雇用統計に関してはこちら「米雇用統計とは」で解説しているんでもっと詳しく知りたいという方はチェックしてみてください。

米・雇用統計は基本的に毎月第1金曜日に発表となり、次回は9月1日(金)21:30となっています。

雇用統計と言っても発表される指標は約10項目ほどあり、特に注目されているのは「非農業部門雇用者数」と「失業率」の項目です。

注目するポイントとしては、非農業部門雇用者数が前回(予想値)よりも高く失業率が前回(予想値)よりも低くなった場合は、雇用情勢への期待感からドル高となりUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い傾向があります。
その逆で、前回の結果よりも下回った場合はドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる傾向があります。

注目度が高いため、発表があった直後に相場が変動する事が多いです。雇用統計を狙ってバイナリーオプションで攻略するのであれば、相場の勢いを見る事で勝率は上がるでしょう。短時間で大きく動く可能性が高いので、そこを狙って取引をすれば短時間で大きく利益を出すことも可能です!

雇用統計を狙って取引をするには、テクニカル指標を使う事で相場の勢いが分かります。詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

雇用統計の発表まであまり時間はありませんが、海外バイナリーオプション業者ではすぐに口座開設もできますし、クレジットカードから入金することですぐに反映され取引を始める事ができます。上記事でも紹介しているハイローオーストラリアも本人確認書類の提出が必須ですが、認証も30分ほどで終わるのでまだ全然間に合うでしょう。

雇用統計は月に1度の発表なのでここを見逃すのはもったいないです!ここをバイナリーオプションで狙って取引をしてみてはどうでしょうか。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

お役立ちコンテンツ体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,644,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 143勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +49,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 21勝10敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら