バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

今週(3月27日~31日)の狙い目はここ!
取引チャンスとなる経済指標の発表と、為替の動き予想を1週間分まとめてチェック!
今週の為替予想:今週狙うならここ!3月27日(月)~31日(金)の注目経済指標!

【最新版】4月米FOMC政策金利発表後の為替相場予想!米利上げの影響とは

テレビのニュースや新聞などで「利上げ」という言葉を聞いた事がありませんか?昨年(2015年)末からアメリカで利上げを開始しており、現在も追加で利上げをするかどうかが議論中です。

アメリカの利上げに関する情報は為替に影響のある大事な発表の1つで、世界中の投資家が売買を行うため勝ちやすい相場が出ます。4月28日に利上げを実施するか発表されるのですが、ここが絶好の投資のチャンス
ここでは、「アメリカが追加で利上げを行うか」「為替相場にどのような影響があるのか」を予想して、勝てる取引方法を紹介しているので参考にしてください。


まず、「利上げ」とは、国の中央銀行が政策金利(中央銀行が民間の銀行に融資する時の金利)を上げる事です。ここ最近までは民間企業は中央銀行から低い金利で融資をしてもらえており、一般人や企業などにも融資をしやすく通貨が回りやすくなっていました。ですが、低い金利でお金が回ってしまうと通貨の価値が下がりインフラが起きてしまいます。

このインフラを防ごうと政策金利を上げて、お金の回りを鈍化させ通貨の価値をあげようとするのが「利上げ」の目的です。

米FOMC政策金利発表とは

アメリカが利上げを行うか否かは米連邦公開市場委員会(FOMC)で発表をします。それが、4月28日に発表される「米FOMC政策金利発表」です。FOMCはアメリカの中央銀行とも言える米連邦公開市場委員会(FRB)の理事と連邦準備銀行総裁で構成されており、アメリカの金融政策を決定する最高意思決定機関のことを言います。

簡単に言うと、アメリカの金融に関する決定事項を行う一番トップ組織です。発表の時間は夏時間:午前3時(日本時間)、冬時間:午前4時(日本時間)。

FOMCの発表が為替にどう影響するの?

アメリカの通貨米ドル(USD)は世界で1番取引されている通貨のため世界の為替取引の中心となっていると言っても過言ではありません。米ドルを中心に取引している世界中の投資家がアメリカの利上げに注目をしているため、FOMCの発表は世界の為替に影響を与えます。

USD/JPY(ドル円)のよくある動きで説明をすると、アメリカ経済が不安定になると米ドルを持っている投資家がリスク回避のために米ドルを売って日本円を買う傾向が強いです。これは低リスク通貨とされる日本円を買う事で損失を防ぐ対策になります。その逆で、

アメリカが利上げを行うことで、当然金利の高い米ドルを購入する投資家が増える。

ということは、今までリスク回避で日本円を買っていた投資家は日本円を売って米ドルを買う動きが強まるため、ドル高円安が進むということです。

米FOMCと為替の変動を予想する

2016年4月28日の米FOMC政策金利発表により、『アメリカが追加で利上げを行うのか』『為替相場にどのような影響があるのか』を予想してみました。

米FOMCは利上げに踏み切るのか予想する

4月のFOMCではアメリカが利上げを行うのかどうかを予想していきます。まず、結論から言うと『利上げは見送り』と予想です。では、その理由を説明していきます。

利上げを行わないと予想した理由として、

3月FOMCで想定利上げのペースを年2回に引き下げた。
昨年12月の利上げ当初では、年4回のペースで利上げを行う予定ではありましたが、世界経済の不安定さを背景に、年2回に利上げペースを引き下げています。

地区連銀景況報告(ベージュブック)を発表後もイエレン議長は利上げに慎重。
地区連銀景況報告(ベージュブック)とは、地区の経済状況をまとめて米連邦準備理事会(FRB)がFOMCに提出をする資料です。このベージュブックはFOMCの2周間前に公表され、今月に公表された資料によれば経済や雇用状況は上向き傾向にある。しかし、FRBのイエレン議長は依然利上げに対して慎重になっている発言をしています。

以上の点から、今回4月28日のFOMCでは利上げは行われないと予想をしています。では、次に利上げが行われない場合の為替の変動を予想していきます。

FOMC発表後の為替相場の予想

米FOMC政策金利発表

4月28日のFOMCでは利上げは実施されないと予想をしました。上の画像はこれまでの金利の変動ですが、昨年12月に利上げを行ってからは変動がありません。4月もそのままの数値だと予想をしています。それでは、利上げを行わなかった場合には為替相場はどのように動くのかを予想していきましょう。

1月28日テクニカルチャート

まずこちらのチャートを見て下さい。こちらは2016年1月28日にFOMCの発表があった際のUSD/JPY(米ドル円)の相場の動きです。上の表と合わせて見てみると分かるように金利に変化は無く、FOMCが利上げを行わないことを発表した直後から円相場は対ドルで円高傾向に進んでいます。

5分ローソク足ですが、15分程度で0.5円ほどの円高が進んでいる事が分かる。ということは、利上げを行わないアメリカを不安に思い米ドルを売って日本円を買った投資家が増えているということです。このように、利上げを行わない場合にはUSD/JPY(米ドル円)では円高傾向に進む可能性が高くなります。

3月17日テクニカルチャート

こちらは、2016年3月17日に米FOMC政策金利発表があった際のUSD/JPY(米ドル円)の相場の動きです。こちらもFOMCで利上げを行わないことを発表した後、円相場は対ドルで円高傾向に進んでいます。

という事は4月の米FOMC政策金利発表で、利上げを行わなかった場合に相場がどちらに動く可能性が高いか分かりましたね。過去のデータから、『利上げを行わない=円高に進む』という事が分かります。

米FOMC政策金利発表ではこれで勝てる!

今まで説明したきた事で、どこを狙って取引をしたら勝てるか分かってきましたか?米FOMCが発表されるのは日本時間で午前3時です。そして、アメリカが利上げをする可能性が低いことから、

4月28日午前3時『USD/JPY』にLOWで取引をすれば勝てる可能性が高い!

という予想に辿り着きました。
取引する時間と為替の変動の予想も立てたのですが、最後にどのような取引をしたら勝てるのかを解説していきましょう。

長期取引で確実に勝ちを狙う!

バイナリーオプションでこの米FOMC政策金利発表を狙うには、長期取引ができペイアウトの高い取引がオススメです!そこでオススメの取引がハイローオーストラリアの「スプレッドハイロー」です。1時間の判定時間を選択でき、予想が当たった時に投資額が倍になるペイアウト2倍の取引になります。

判定時間を1時間に設定する理由は、判定時刻が長い方が突発的な相場の変動の影響を受けにくいからです。為替相場は急激に下がってしまった場合には反発して上昇するということもあります。

ハイローオーストラリア取引画面

取引の設定はとても簡単。取引方法から「スプレッドハイロー」を選択し、判定時間を「1時間」、取引する銘柄をUSD/JPY。円高になると予想しているので、LOWを選択して「今すぐ購入」ボタンをクリックするだけです。購入するタイミングとしては、米FOMC政策金利発表の直前に購入をする事がオススメ!

夜中に購入できない、という方は判定時刻には「1日」もあるので予め購入しておくという方法もあります。また、利上げはしないと予想をしていますが、もし米FOMC政策金利発表で利上げを行うと発表があれば、ハイローオーストラリアでは既に購入をした取引を「転売」してHIGHで購入をするという対策も可能です。

転売をすることで、取引途中でも決済する事ができ、負けて投資額を没収されることを防げます。

これまで説明をしてきたように米FOMC政策金利発表では狙いやすい相場が出るため非常に勝ちやすく、次の米FOMC発表は6月となってしまうためこの絶好の投資タイミングを逃すのはもったいないです!

米FOMC政策金利発表を狙うならこの業者!

ハイローオーストラリア
ペイアウト2倍取引があり、5,000円から入金・即日出金ができる事から、海外バイナリーオプション業者不動の人気No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトへ

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在オープン記念で10,000円キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトはこちら

5位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら

6位:スマートオプション

SmartOption(スマートオプション)
現在の損益 +480,294円
現在の勝敗 1611勝970敗(iフォロー)

スマートオプションはファイブスターズオプション同様に自動取引ツールがあります。海外バイナリーオプション業者の中では老舗の業者です。

始める前にこちら

7位:Yバイナリー

Ybinary(Yバイナリー)
現在の損益 +22,600円
現在の勝敗 43勝35敗

Yバイナリーはペイアウト2倍取引のある海外バイナリーオプション業者です。ただ、最低入金額が2万円と他社と比べると高いため、低資金から始めたい方や初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

始める前にこちら