バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
4月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
4月23日~[4月23日~]絶対に逃せない!週末の米・国内総生産が特に熱い!今週の狙い目
スマホで攻略!スマホでバイナリーは「この手順」さえやれば簡単に攻略出来てしまう。

フランス国民議会選挙ってなに?選挙の仕組みと為替に与える影響まで予想!

フランス大統領選が5月に行われたばかりではありますが、6月にもフランス国民議会選挙が控えています。5月に新大統領として就任したマクロン氏ですが、一難去ってまた一難。気の抜けない状況となっています。今回はそのフランス国民議会選挙に注目してまとめてみました。

6月フランス国民議会選挙ってなに?

フランス大統領選挙第1回投票仕組み

フランス国民議会選挙とは

フランス国民議会選挙とは、その名の通りフランス議会の代表を決める選挙です。注目されるポイントは大統領に就任したマクロン氏が率いる新政党「共和国前進(REM)」が過半数の議席をとれるかどうかでしょう。更に5月大統領選でマクロン氏に敗北したルペン氏が率いる極右「国民戦線」が議席を確保できるのかも重要です。

投票日と結果が出る日程は?

今回のフランス国民議会選挙も大統領選と同様に2回投票で行われます。日程に関しては、

[第1回]6月11日(日)15:00~翌3:00
[第2回]6月18日(日)15:00~翌3:00

以上の日程となっています。そのため6月19日朝のニュースではフランス国民議会選挙に関して話題が多くなるかもしれませんね。では次に、「2回投票制」の仕組みを解説していきましょう。

2回投票制の仕組み

先ほども言ったようにフランス国民議会選挙の投票は2回行われます。なぜ2回行われるのか、1回目と2回目ではそれぞれどのような仕組みなのかを解説しましょう。

第1回投票

先ほど投票が2回行われると言いましたが、1回で終わる事もあります。それは、過半数(50%以上)を超える投票を得る事ができればその時点で決定です。ですが、第1回投票で決まることはほとんどありません。そのため予め第2回の日程も決めています。

今回の第1回投票でも、過半数以上の得票率をとる候補者はいないと予想されているため2回ある前提で解説をします。第1回投票の仕組みは下記画像を見ながら解説しましょう。

フランス大統領選挙第1回投票仕組み

第1回投票で、過半数以上の票を獲得した候補者がいない場合は得票率12.5%を超える候補者が決選投票に進めます。画像で言うと、候補者のAさんとDさんが第2回投票に移る形です。

第2回投票

第2回投票は至ってシンプルです。1回投票で得票率の高かった2名に絞って、第1回投票と同じ形式で行われます。この第2回投票で得票率の高かった候補者が決定です。

フランス国民議会選挙の注目ポイントは?

フランス国民議会選挙の注目するポイントはやはり、「マクロン氏率いる新政党共和国前進(REM)が過半数の議席をとれるか」でしょう。それと同様に反EU派のルペン氏率いる極右「国民戦線」がどのくらいの議席を獲得できるのかがポイントです。

フランスでの調査による現在の予想は、マクロン氏率いる「共和国前進(REM)」に投票すると答えた方が27%、ルペン氏率いる「国民戦線」と「共和党」は22%、極左「屈しないフランス」に関しては13%程度となっています。

現状ではマクロン氏中道派が最も高い得票率となっていますが、マクロン大統領の支持率の低さ、フランス大統領選挙時の白票投票、反EUを掲げている「国民戦線」などが問題視されています。

為替に与える影響は大きい?

一般的に考えると、現大統領のマクロン氏が率いる政党が多数の議席を獲得する事ができればユーロ高への影響も考えられます。逆に反EUを掲げるルペン氏の「国民戦線」が議席数を増やす事があればフランスに対しての不安感を煽り、ユーロ安へと動くとの予想です。

「マクロン氏」「ルペン氏」どちらの政党がより多くの議席を獲得できるのかによって為替が変動します。

ですが、当サイトの管理人の個人的な観測で言うと「ユーロ安円高」傾向になるのではと。現在のヨーロッパ情勢はテロなどが頻繁に起こっており、非常に不安定です。そのため先行き不透明感な部分が強くユーロ(EUR)を売って、リスク回避のために日本円(JPY)を買う動きが高まると予想をしています。

フランス国民議会選挙の動きに関してはこれからも追っていきますので、続報をお楽しみに。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,674,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 147勝56敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら