バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
年明けはバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
1月3週目[1月3週目]1月中旬にバイナリーオプション取引を狙うなら!今週の狙い目
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

しばらくは全面ユーロ安!?フランスでまたしてもテロが発生。

また暗いニュースが流れてきましたね。6月6日午後4時20分頃(日本時間:同日午後11時20分)にフランス・ノートルダム大聖堂の前で男が警察官にハンマーで殴りかかる事件が起きています。

「シリアのためだ。ISの兵士だ。」と言っていた事からイスラム過激派が絡んでいるとして、テロの可能性があると見られています。つい先日は、イギリスでテロが起こったばかりですがまた同じヨーロッパ圏内でテロが相次いで発生しており、非常に危険な状況です。

最近のヨーロッパ情勢やテロ問題なども踏まえて、これからのユーロ(EUR)の動きを予想してみました。

しばらくはユーロ安が続く!?

以前にテロのコンサート会場で爆発テロが起きた際にも言いましたが、テロが起きると地政学リスクからその国の通貨は売られる傾向があります。

地政学リスクとは:特定の地域、国などが抱える政治問題・軍事問題などの緊張度の高まりが、地理的な位置関係などによって、その特定の地域・国の経済が不透明となり、世界全体で先行きを不透明にするリスクのことを言います。

そこで、今回のフランス・ノートルダム大聖堂まえで騒動が起きてからのチャートをチェックしてみましょう。

ユーロ円チャート

事件が起きた6月6日23:20分頃からEUR/JPY(ユーロ円)相場でゆるやかにユーロ安円高傾向(Low方向)になっています。このように、テロなどが起こり国家として不安を抱えるとその国の通貨が売られる傾向がある事が分かりましたか?

また、ヨーロッパでは6月8日(木)「英・解散選挙」、6月11日「仏・議会選挙」などが控えており、為替相場に影響を与えるイベントが控えています。どちらにしても、このままヨーロッパに関連する相場(EUR/JPY,GBP/JPY)ではユーロ安、ポンド安傾向に動くのではないでしょうか。

バイナリーオプションで取引する場合には、EUR/JPY相場ではLowの方向、GBP/JPY相場でもLowの方向に動きやすくなっています。取引する際にはヨーロッパ関連の為替を狙ってみてはどうですか?

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,644,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 143勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +49,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 21勝10敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら