バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

今使える!為替予想まとめ
今週の取引チャンスはここ、為替変動の予想!ビットコインでは土日も取引可能!
ビットコインいまビットコインが熱い!オプションビットの「Bitcoin/USD」が狙い目!
5月5週目雇用統計の発表に注目!5月5週から6月1週にかけての注目経済指標!

2017年G7タオルミーナサミットが開催!為替予想と投資方法。

毎年開催されているG7サミットが今年も近づいてきました。去年は日本での開催でしたね。今回のG7サミット首脳会談は2017年5月26日(金)から27日(土)にかけてタオルミーナ(イタリア)で開催です。

当記事では「G7サミットとは」から「タオルミーナサミットによる為替への影響」まで紹介します。年に一度のイベントですので、ここを狙って投資をしてみてはどうでしょうか。ではさっそくG7サミットに関して紹介をしていきます。

G7タオルミーナサミットとは?

G7サミットってなに?

タオルミーナ

よくテレビ・新聞などでも「サミット」という言葉を耳にしますよね。各国の首脳が集まって会談をするというのは、なんとなく知っている方も多いかと。

G7サミットとは:日・米・英・独・仏・加・伊の7ヶ国の首脳と、欧州理事会議長・欧州委員会委員長が出席する会議です。主に、世界の経済問題に関して政策協調を話合う会合となります。世界で主要国家の首脳が集まり、現在の世界経済について意見を話し合う場だと思えば分かりやすいです。

ざっくりとG7サミットを解説するとこういう事になります。今回のタオルミーナサミットでは「英・メイ首相」「仏・マクロン大統領」に加えて「米・トランプ大統領」がG7サミットに初参加です。去年から今年の5月にかけて、大統領選挙などが多く、この7名が同時に顔を合わせるのは初となります。

どこで行われる?G7サミットの日程は?

冒頭でも触れましたが、2016年は「伊勢志摩」で開催され8年振りの自国開催でした。今年は、イタリア・タオルミーナでの開催となります。タオルミーナはイタリアでも屈指のリゾート地として有名です。

G7サミット自体は、「文化」「エネルギー」「外交問題」「金融」「環境問題」など約11項目の会談が半年に分けて行われます。その中でもサミットと呼ばれる「首脳会談」が行われる日程が5月26日(金)~5月27日(土)です。

では次に、G7サミットの開催を狙って投資をするために為替の動きを予想していきます。

G7サミットが為替に与える影響とは?

G7サミットで見られる為替への傾向とは?

G7サミットでは為替の変動にある傾向が見られます。それは、「開催国通貨が買われる傾向がある」という事です。

一概に必ずそうなるとは言えませんが、為替のアノマリー(理由はないがそのような傾向がある事)の1つとして言われています。それでは、まず去年のG7伊勢志摩サミット開催前後のUSD/JPY(ドル円)の為替変動を見てみましょう。

G7伊勢志摩サミット時の為替

こちらが去年G7サミット前後のドル円の相場です。首脳会談開催前はドルが売られて円が買われるいわゆる「ドル安円高」傾向となっています。開催国である日本円(JPY)が買われている事が分かり、5月26日の開催中も緩やかではありますが円高傾向です。

去年はGサミットが行われたのが26日(木)~27日(金)となっていました。土日は為替取引が基本的にはできないため、翌月曜日の30日から売買が盛んになり急激なドル高円安傾向へと動いています。このようにG7サミットは為替に与える影響は絶大です。

G7サミット前は為替介入がしづらい?

為替介入とは:通貨当局が為替変動に故意に影響を与えるためにも、外国為替市場での通貨間の売買を行うことを為替介入といいます。分かり易く言うと、国が直接介入して為替変動を操作するということです。急激な為替変動を抑制し、安定させる事が為替介入の目的になります。

G7サミット前には、通貨安競争をしたと判断され他国から睨まれる事を嫌うため国が為替介入に踏み入れる事は少ないです。その分、為替が大きく動きやすいという傾向がありますので、FXなどでは大きく利益を出すチャンスかもしれません。

地政学リスクも視野に入れる?

最近新聞などでも良く聞きますが「地政学リスク」をご存知でしょうか。地政学リスクとは、特定の地域・国などの政治的な問題、社会的な問題などが非常に高まり、その地域・国の経済などの不透明感が強まる事を言います。最近ではフランスなどのテロや北朝鮮問題もこの地政学リスクに当てはまります。

この「地政学リスク」とG7サミットがどのように関係するのかと言うと、世界主要各国の首脳が集まるため、サミットが開催される国はテロの標的になる可能性が高くなるのではないでしょうか。無い事を祈っていますが、もし万が一テロが起こってしまった場合にはユーロが売られる傾向になります。

地政学リスクもサミットを視野に入れておいた方が良いかもしれません。

G7サミットを狙って投資するには?

G7サミットの開催に向けて何かと為替相場には影響が出そうですが、ここからはどのように投資をしたら良いのかを紹介していきます。ですが、先程も言ったように今回のG7サミットは5月26日(金)~27日(土)にかけての開催です。

そのため、閉会後に為替が動くとすれば29日(月)午前中となる可能性が高く、ほとんどの方がここで売買を行うでしょう。平日でもあるため取引できる方が限られてしまうのはもったいないです。そのため、投資パターン別にオススメの取引方法を紹介します。

月曜日の午前中を高ペイアウト率取引で狙う

取引できる時間があるという方はこの方法が1番オススメです。自分で為替が動く方向をチェックでき、取引ができる事はイベントを狙って取引をする際には非常にメリットがあります。

先程去年の為替変動のチャートを見て頂きましたが、閉会後の月曜日に大きく動いている事が分かりましたか?今回のG7サミットの閉会後も同じような動きをする可能性もあります。そのため為替が動いている方向に沿って取引をする「順張り」で取引をしてみてはどうでしょうか。

特に海外バイナリーオプション業者の中でも人気の高い「ハイローオーストラリア」では、最短30秒で投資金額が2倍になる「ターボスプレッド」取引を提供しており、月曜日の午前中だけでも大きな利益を出すことも可能です。

月曜日の午前中を高ペイアウト率取引で狙うならここ

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

取引は他の人に任せる簡単な自動取引

為替が最も動くだろう時間帯が月曜日の午前中のため、仕事中で取引する時間がない方もいらっしゃいます。そういった方は、海外バイナリーオプション業者オプションビットが提供している自動取引「フォロートレード」を使ってみてはどうでしょうか。

自動取引では他のオプションビットトレーダーをフォローするだけで同じ取引を自分にもコピーする事ができる取引です。そのため、取引は他の人に任せる事ができるため自分が取引をする必要がありません。フォロートレードの使い方に関しては「フォロートレード取引完全攻略ガイドーオプションビット」こちらで紹介しています。

取引は他の人に任せる簡単な自動取引ならここ

オプションビット
1週間待たずに出金できることを確認済み!勝率70%を誇るアルゴビット、自動取引「フォロートレード」が使え、1万円から取引が始められます! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトへ

事前にポジションをとっておく海外FXで高リターン

自分で取引する時間も無いし、他のトレードを任せるのもなんだか不安だという方はバイナリーオプションでは無く、「FX(外国為替証拠金取引)」という選択肢はどうでしょうか。FXを詳しく知らないという方は「まずはここから!海外FXを選ぶメリットと人気の高いおすすめの業者一覧」こちらを参考にしてください。

海外FXでは事前にポジションをとっておく事ができます。相場が上昇するだろうと予想すれば「買い」、相場が下降すると予想すれば「売り」で長期間でポジションをもつ事が可能です。自分がポジションを持った際のレートと現在のレートから利益を計算し、ポジションを任意で売却できます。

また、「ここまで損失が出ればポジションを売る」「ここまで利益が出ればポジションを売る」という設定もできるためあらかじめリスク管理をする事も可能です。バイナリーオプションと異なり、自己資金の何倍もの投資額で投資できる「レバレッジ」機能もあるため、高リターンを出すことができます。

G7サミットを狙って海外FXという選択はどうでしょうか。特に少額から始められる「XM(エックスエム)」がおすすめです。

海外FXで高リターンならここ

XM(エックスエム)
業界トップの最大レバレッジ888倍を誇る海外FX業者。最小スプレッド0pips~、最低入金額500円などのメリット多数あり! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトへ

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在オープン記念で10,000円キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトはこちら

5位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら