バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
12月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
12月4週目[12月4週目]年末にバイナリーオプションで稼ぐならコレを見ろ!今週の狙い目!
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

9月15日に北朝鮮がまたしてもミサイル発射。USD/JPY(ドル円)は一時109円台へ!

またしても北朝鮮が弾道ミサイルの発射を実施しました。15日(金)6時57分頃にミサイルを太平洋に向けて発射した事を韓国政府が発表をしています。今回も8月29日に発射した時と同じで、北海道襟裳岬上空を超えて太平洋へと落下しました。

飛行距離は過去最大となり、3,700キロに到達したという事です。これはアメリカ・グアムに届く距離であり、挑発しているとしか思えませんね。当サイトでも何度も北朝鮮リスクに関して解説をしてきましたが、今回もまた為替相場に影響を与えています。

9月15日(金):過去最長距離を誇る弾道ミサイルの発射

北朝鮮ミサイル発射後のチャート

15日(金)6時57分頃に発射されたと報道があった後のUSD/JPY(ドル円)の為替相場です。ミサイル発射直後は急激に円が買われてドル安円高Low)が進みました。ですが、すぐに買い戻しが始まり、ドル高円安方向(High)へと動いています。

北朝鮮ミサイル発射後のチャート

こちらが前回の8月29日(火)に発射されたミサイル時のUSD/JPY(ドル円)の為替相場です。前回とは異なり、今回9月15日のミサイル発射に関しては円高方向への動きが継続するという訳ではありませんでした。

今回は既に米FOMC政策金利の発表直前という事もあり、少しだけドル高傾向が強かったイメージがあります。9月19日~20日に開催されるアメリカの政策金利を発表するFOMCではバランスシート縮小の実施が濃厚と言われており、そうした事もドル高に戻りやすかった原因なのかもしれません。

ただ毎回言える事ですが、北朝鮮がミサイルを発射した事を受けてリスク回避のドル安円高に動く事には変わりません。一旦北朝鮮リスクが和らいだとも思えたのですが、今回のミサイル発射によりまた一層緊張感が高まっているため相場もドル高方向(USD/JPYでHigh)へは動くづらくなるのではないでしょうか?

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,644,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 143勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +26,880円 【現在検証中!】
現在の勝敗 56勝27敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +17,370円
現在の勝敗 9勝4敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

4位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら