バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
4月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
4月23日~[4月23日~]絶対に逃せない!週末の米・国内総生産が特に熱い!今週の狙い目
スマホで攻略!スマホでバイナリーは「この手順」さえやれば簡単に攻略出来てしまう。

北朝鮮リスクで為替はどう動く?今後のドル円(USD/JPY)相場を予想してみた。

北朝鮮リスクがまた大きく円高要因へとなりましたね。先月8月26日(火)に日本上空を超えるミサイルを発射した事もあり、リスク回避姿勢から日本円が買われる円高が起きています。今回は今までに起きた北朝鮮リスクによる為替相場への影響と、今後の為替相場の動きを予想していきましょう。

これまでの北朝鮮リスクによる為替への影響

9月9日(土)には北朝鮮の建国記念日もありますし、これまでのミサイル発射時のUSD/JPY(ドル円)相場の動きなどを見ていきましょう。それを踏まえた上で今後どのような動きをする可能性があるのか、取引に役に立つポイントはないかをまとめていきます。

8月26日(火):襟裳岬上空を超える弾道ミサイルの発射

先程も言いましたが、8月26日(火)には北海道襟裳岬の上空を超える弾道ミサイルが発射されています。ミサイルは太平洋に着弾しましたが、日本上空を超えたということもあり北朝鮮に対しての緊張感が非常に高まりました。

北朝鮮ミサイル発射後のチャート

こちらが発射時のUSD/JPY(ドル円)相場です。発射の報道を受けてからリスク回避姿勢から日本円を買う動きが高まり、大きく円高傾向へ。109.2円台を推移していたのですが、発射を受けてから午前7時30分頃には108.4円台まで円高へと進んでいます。

なぜ、このようにミサイル発射などのマイナスの報道があればリスク回避の円高が進むのでしょうか。それは、

北朝鮮ミサイル発射のような様々なリスクが考えられる際には、為替相場は荒れる事が多いです。相場が荒れる可能性があればFXなどをやっている方によってポジションを売って日本円を買うリスク回避の動きが高まります。日本円は相場の値動きが激しくなくリスク回避で買われる『リスク回避通貨』として扱われる事が多いです。

以上の事を踏まえて、その後に北朝鮮関連のニュースと合わせてチャートを見ていきましょう。次は9月3日(日)に行われた水爆による核実験です。

9月3日(日):水素爆弾による核実験

北朝鮮が9月3日(日)に核実験を行った事がニュースで報道されました。韓国政府が準備が整っていると報道をしてから、動きがあるのは9月9日(土)かと予想をしていましたが、予想以上に早く動きがありましたね。

北朝鮮ミサイル発射後のチャート

こちらは週明け月曜日のUSD/JPY(ドル円)相場です。土日は金融市場がクローズしているため、日曜日に起きた北朝鮮の核実験の影響は月曜日に出てきます。こちらも8月のミサイル発射と同様にリスク回避による円高が非常に進んでいます。

110.2円台を推移していたUSD/JPY(ドル円)相場は一時109.6円台まで円高が進んでいます。これも北朝鮮リスクによる円高です。

9月4日(月):北朝鮮にミサイル発射の兆候

北朝鮮ミサイル発射後のチャート

韓国政府が「北朝鮮がミサイル発射の兆候がある」と報道しました。その事を受けて市場ではまた円高傾向へと動いています。109.7円台から109.4円台まで上がってきています。

9月15日(金):過去最長距離を誇る弾道ミサイルの発射

北朝鮮ミサイル発射後のチャート

建国記念日も過ぎて北朝鮮リスクも落ち着いたかと思った矢先、9月15日(金)6時57分毎に弾道ミサイルを発射したと韓国政府が発表しました。今回のミサイルは8月26日(火)と同様に北海道・襟裳岬上空を超えて太平洋へと落下しました。ただ前回とは異なり、過去最長の飛行距離3,700キロを誇るミサイルであり、グアムにも到達してしまうほどです。

このミサイル発射により、またリスク回避の円買いが高まり、ドル安円高(USD/JPYでLow)へと動いています。

これが『北朝鮮リスク』による円高です。今後もこのような動きがある事は間違いないので注目しておきましょう。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,674,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 147勝56敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら