バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
10月中旬はバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目など紹介!
10月3週目[10月3週目]中国党大会やUSD/JPYに注目か?狙い目と取引方法を紹介
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

10日・18日は北朝鮮が挑発行為を行う可能性あり、USD/JPYで円高傾向へ?

米・ラスベガスで銃乱射事件が起きたり、ロンドンでは歩道に車が突っ込み死傷者を出した事件も起きておりテロの可能性が示唆されています。世界情勢が非常に不安定となっている状況です。

そんな中、10月10日(火)もしくは10月18日(水)に北朝鮮によるミサイル発射などの挑発行為を行う可能性があります。ミサイル発射などの挑発行為を行うと、為替相場では円高に動く傾向があり要注意です。

10月10日・18日は北朝鮮の動きに要注意!?

まず、10月10日は『朝鮮労働党創設記念日』となっています。最近世界中を何かと騒がしている北朝鮮ですが、今回のような催事の時には何かアクションを起こす事が多いです。

米中央情報局(CIA)高官が何か挑発行為を行うのではないかと予想をしており、一段と緊張感も高まってきています。そのため、為替相場USD/JPY(ドル円)ではリスク回避でゆるやかに円高方向(Low)へと動く可能性があります。

北朝鮮リスクで為替はどう動く?今後のドル円(USD/JPY)相場を予想してみた。』北朝鮮が挑発行為を行った時の過去の傾向をまとめているので参考にしてみてください。

そして、10月18日(水)は『中国共産党全国代表大会』の開催です。北朝鮮の催事とは関係はありませんが、5年に1度開催される中国の大きな政治行事のため、ここでも北朝鮮は挑発行為を行ってくる可能性が高いと予想されています。

もし動きがあった場合も、もちろんUSD/JPY(ドル円相場)でLowに動くとの予想です。

もちろん何も起きない事が良いのですが、いつでも取引ができるように準備しておくのも1つの手です。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,639,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 142勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら