バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

今週末5月6日(金)は米雇用統計で勝率アップ!?

ゴールデンウィークに入り、いかがお過ごしでしょうか。日本では祝日に入っていますが、海外では市場はオープンしているので通常通りにバイナリーオプション取引は行えます。今週末の5月6日(金)は『米雇用統計』の経済指標の発表です。取引のチャンスなのでぜひチェックしてみてください。

米雇用統計は取引のチャンス?

なぜ、アメリカの雇用統計の発表が取引のチャンスなのかと言うと、こちらの記事『米雇用統計を分析・チェックできれば、バイナリー勝率100%も夢じゃない!』でも紹介をしていますが、アメリカ経済が一目でわかりやすい経済指標です。

アメリカの通貨『米ドルUSD』は世界で一番取引されている通貨であり、アメリカの経済状況によって世界の投資家は売買をします。そのため、この『米雇用統計(米非農業部門雇用者数・失業率)』の発表時は売買が活発になり、為替変動が非常に起きやすいです。

狙う時間帯はいつ?

米雇用統計の発表は日本時間で午後9時30分頃です。アメリカでは午前8時、ロンロン市場では午後12時と取引量が多くなる時間帯でもあり、世界中の投資家がチェックしています。また、米雇用統計の発表は毎月第1金曜日と決まっており、月に1回しかチャンスがありません!

狙うは5月6日(金)午後9時30分頃にUSD/JPYの通貨ペアです。低リスク通貨として取引をされることが多い日本円JPYと米ドルのペア『USD/JPY』で大きな動きがある可能性が高い。ここを狙って取引をすると、狙いやすいトレンドが出たり為替変動が見つかります。

今週末の金曜日は為替変動が起きやすく、いつもより予想が立てやすく勝ちやすくなっているのでぜひ狙って取引してみてはいかがでしょうか。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +193775円 【現在検証中!】
現在の勝敗 229勝112敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら