バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
12月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
12月4週目[12月4週目]年末にバイナリーオプションで稼ぐならコレを見ろ!今週の狙い目!
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

[10月2週目]USD/JPY相場が大きく動く可能性が高い!?取引チャンスはここ!

10月9日(月)から10月13日(金)に使える経済指標をまとめています。『経済指標』とは、日本を始めアメリカ(米国)、ユーロなどの世界各国の政府・公的機関が発表する経済の状況を構成する要因を数値化したものです。この経済指標を見る事でその国の経済を知る事ができます。

投資家にとってこの『経済指標』の発表と言うのは、その国の通貨を買うか売るかの判断基準となり、非常に大切な発表です。バイナリーオプションでも同じ事が言え、為替相場が変動する時の方が動きが分かりやすく取引しやすいもの。

さて10月2週目の為替予想ですが、大まかに言うとJPY(日本円)、USD(米ドル)相場をチェックしておく事をおすすめします。特に日銀黒田総裁のあいさつや、アメリカの重要経済指標が多いため「USD/JPY」相場が動き易くなるでしょう。ではさっそく紹介していきます

10月2週目はここに注目して取引!

10月10日(火):日銀黒田総裁ー挨拶

さっそく経済指標ではありません…10月10日(火)9:30頃に日本銀行黒田総裁による挨拶が予定されています。そこまで大きな動きはないかと予想できますが、もし日本銀行の金融政策(金融緩和)などに関しての発言があれば相場は大きく動き始める可能性はあります。

また、10月9日が祝日のため連休明けの朝方は市場参加者が取引を始め、為替相場は動き易い状況になっているのではないでしょうか。日本銀行黒田総裁の発言は為替に与える影響が大きいため、注目しておくと分かりやすい相場が発生するかもしれないので、要チェックです。


10月10日(火):北朝鮮ー朝鮮労働党創設記念日

またしても経済指標ではありませんが、10月10日(火)は北朝鮮の朝鮮労働党創設記念日となっています。最近世界中を何かと騒がしている北朝鮮ですが、今回のような催事の時には何かアクションを起こす事が多いです。米中央情報局(CIA)高官が何か挑発行為を行うのではないかと予想をしており、一段と緊張感も高まってきています。

北朝鮮が太平洋に向けてミサイルの発射や、水爆実験を行った際などはリスク回避の姿勢から日本円が買われる傾向が出てきています。俗に言う「朝鮮リスクの円買い」でという物です。「北朝鮮リスクで為替はどう動く?今後のドル円(USD/JPY)相場を予想してみた。」こちらの記事で北朝鮮がアクションを起こした時の相場の動きをまとめているので参考にしてみてください。

何も起きなければ良いのですが、動きがあった場合にはUSD/JPY相場でLowに動くのではないかと予想をしています。


10月12日(木):米・FOMC議事録公表

米・FOMC議事録公表とは?:前回9月のFOMCでの議事録の発表となります。前回の9月FOMCでは利上げが見送りとなりましたが、バランスシート縮小の実施に。更に年内利上げ観測に変わりは無く、12月FOMCでの利上げ観測が高まった事によりドル高円安に動きました。

米・FOMCとはアメリカが利上げをするかどうかを決める会合です。利上げとは、アメリカの中央銀行が地方銀行に対しての金利を上げる事を言います。9月では利上げを見送りましたが、年内にあと1回利上げを行うペースは変えなかったため、12月FOMCでの利上げに期待が高まっています。

今週の発表日時は10月12日(木)03:00(日本時間)となっています。

米・FOMC議事録公表での狙い目
前回のFOMCでは年内の利上げ観測が高まり、ドル高円安へと動きました。そのため、今回の議事録公表で利上げペース観測が更に高まる場合には、ドル高となりUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い傾向があります。
その逆で、ペースは据え置きだが利上げには慎重になっているなど、マイナスな面が見えるとドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる可能性が高いと予想。

10月13日(金):米・消費者物価指数(前月比/前年比)

米・消費者物価指数(前月比/前年比)とは?:アメリカの全人口の90%近くを占める都市部の個人(消費者)が、購入する商品やサービスなどの物価がどのように変動しているかを表した経済指標です。アメリカのインフレを知るための最重要の経済指標と言われています。

前回の結果は予想値「0.3%」に対して結果は「0.4%」と伸びた事もあり、ドル円(USD/JPY)相場で発表直後に0.5円ほどドル高円安方面(High方向)へ動いています。このように「米・消費者物価指数」の発表には為替を大きく動かす可能性が高いです。

注目するポイントは、発表される数値は0%を基準で前月比と比較して上がっていれば0%→1%方向に、下がっていれば0%→-1%方向に動いている事になります。

発表日時は10月13日(金)21:30(日本時間)です。

予想結果変動幅
9月0.3%/1.8%0.4%/1.9%+36pips
10月0.6%/2.3%
米・消費者物価指数(前月比/前年比)での狙い目
前月比よりも高くなった場合(例:0.1%など)は、インフレ傾向にあると判断されUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い傾向があります。
その逆で、前回の結果よりも下回った場合(例:-0.1%など)はドル安要因となり、USD/JPY(ドル円)相場でlowとなる可能性が高いと予想。前回は予想値よりも発表値が高かったこともあり、ドル高へ動いています。

10月13日(金):米・ミシガン大学消費者信頼感指数

米・ミシガン大学消費者信頼感指数とは?:ミシガン大学のSurvey Reseach Centerが消費者マインドに関してのアンケート調査をし、数値化した経済指標です。

消費者マインドとは、消費者の購買意欲や給料(収入)、経済状況などに対しての感覚の事です。消費者マインドが良くなれば景況が良くなっていると判断され、悪くなれば景況は悪くなっていると判断されます。発表される数値は、1964年の指数を100として数値化した指標です。

注目するポイントは、アメリカの消費者から調査した景況のためよりリアルなアメリカの景況が分かるという事で注目度は高いです。また、「米・消費者信頼感指数」の先行指標として見られています。

発表日時は10月13日(金)23:00(日本時間)です。

予想結果変動幅
9月95.095.3+20pips
10月95.0
米・ミシガン大学消費者信頼感指数での狙い目
前回の結果又は予想値よりも高くなった場合は、消費者マインドが高くなり景況が良くなっていると判断されドル買いが進み、USD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い傾向があります。
その逆で、前回の結果よりも下回った場合はドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる可能性が高いと予想。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,644,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 143勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +26,880円 【現在検証中!】
現在の勝敗 56勝27敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +17,370円
現在の勝敗 9勝4敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

4位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら