バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
10月中旬はバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目など紹介!
10月3週目[10月3週目]中国党大会やUSD/JPYに注目か?狙い目と取引方法を紹介
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

[10月3週目]中国党大会やUSD/JPYに注目か?狙い目と取引方法を紹介

10月16日(月)から10月20日(金)に使える経済指標をまとめています。『経済指標』とは、日本を始めアメリカ(米国)、ユーロなどの世界各国の政府・公的機関が発表する経済の状況を構成する要因を数値化したものです。この経済指標を見る事でその国の経済を知る事ができます。

投資家にとってこの『経済指標』の発表と言うのは、その国の通貨を買うか売るかの判断基準となり、非常に大切な発表です。バイナリーオプションでも同じ事が言え、為替相場が変動する時の方が動きが分かりやすく取引しやすいもの。

10月3週目の為替予想・狙い目に入る前に、10月2週目の為替を振り返ってみると全体的にUSD/JPY相場(ドル円)では、ドル安円高傾向にありました。その理由としては、北朝鮮の朝鮮労働党創設記念日でミサイル発射などの懸念や、アメリカのインフレ鈍化意識などによるドル売りです。

112.7円台から111.9円台へとゆるやかに円高となりましたが、10月3週目はどうなるのでしょうか。さっそく狙い目を紹介していきます。

10月3週目はここに注目して取引!

10月17日(火):独・ZEW景況感調査

独・ZEW景況感調査とは?:ZEWというドイツの調査会社が発表する経済指標です。今後半年間のドイツの景気がどうなるのか見通しを調査しています。

注目するポイントは、発表された数値が前回の数値・予想数値よりも高くなっているかどうかです。もちろん数値が高い方がドイツの景況が良くなっているという事になります。発表される数値が50を超えた場合には、ドイツの通貨でもあるユーロ(EUR)が買われる可能性が高い。そのため、ユーロ高となりEUR/JPY(ユーロ円)などでHighの方向に動く可能性があると予想しています。

毎月注目しているこの「独・ZEW景況感調査」ですが、次の発表日時は10月17日(火)18:00(日本時間)です。

予想結果変動幅
9月12.017.0+6pips
10月19.5
独・ZEW景況感調査での狙い目
基準とするのは『50』なのですが、前回の結果『17.0』よりも大幅に高くなった場合は、ドイツの景況が良いと判断されユーロ高となりEUR/JPY(ユーロ円)相場でHighの方向に動き安い。
その逆で、前回の結果・予想よりも下回った場合は期待感の薄れからユーロ安となり、EUR/JPY(ユーロ円)相場でLowとなる可能性が高いと予想しています。

10月18日(水):米・建設許可数/住宅着工件数

米・建設許可数/住宅着工件数とは?:「米・建設許可数」と「米・住宅着工件数」は同じ時間に発表されます。建設許可数では建設申請が通った件数となり、住宅着工件数ではその名前の通り住宅が着工された件数です。家具や家電などの販売にも繋がるため重要な経済指標の1つとなっています。

この「米・建設許可数」と「米・住宅着工件数」はアメリカの景気を知るためにも重要な経済指標なので、毎回発表時には注目されています。

次の発表日時は10月18日(火)21:30(日本時間)です。下記の数値は(建設許可件数・住宅着工件数)となっています。

予想結果変動幅
9月122.0万件・117.4万件130.0万件・118.0万件-10pips
10月123.0万件・118.0万件
米・建設許可数/住宅着工件数での狙い目
前回の結果や予想値よりも大幅に高くなった場合は、アメリカの景況が良く今後発表される指標にもプラスとなりUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い。
その逆で、前回の結果・予想よりも下回った場合は期待感の薄れからドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる可能性が高いと予想しています。

前回は、予想値よりも発表された数値が良かったため発表直後から5分ほどはドル高円安(Highの方向)へと動いたのですが、その後はLow方向へと動く結果となりました。


10月18日(水):中国共産党大会

中国共産党大会とは:5年に1度中国で開かれる会議となっており、正確には「中国共産党全国代表大会」と言います。中国共産党が国の方向性などを決める最高決定機関です。

5年に1度開催されるという事もあり、中国の今後が決まる重要な会議と言って良いでしょう。そんな重要な会合が10月18日(水)に開催されます。党大会後の元安などもあるのではと話に上がっておりますが、気を付けたいのが隣国「北朝鮮」の動きです。

特に北朝鮮は先日10日(火)に行われた「朝鮮労働党創設記念日」でミサイル発射などが懸念されておりましたが、結局はありませんでした。そこでもう一つ話題に上がっていたのがこの「中国党大会」に併せての挑発行為です。

もし何かしらの挑発行為があれば、リスク回避からUSD/JPY相場などではドル安円高(Low方向)となる可能性が高いと予想しています。また、以上のような話が上がっているため何も無くてもリスク回避姿勢からゆるやかにドル安円高となる可能性も考えられます。

そのため、10月18日は北朝鮮の動きにも注意しておきましょう。


10月19日(木):米・新規失業保険申請件数

米・新規失業保険申請件数とは?:アメリカで失業した方が、失業保険の給付を初めて申請した件数です。毎週木曜日に発表され、アメリカの雇用、景気などを知るために重要な指標となっています。

毎週おなじみの米・新規失業保険申請件数です。失業した方が失業保険の給付を申請した件数になるため、アメリカの雇用状況や失業率などを予想する事ができます。

注目するポイントは、発表された数字が高ければ失業者が増えて雇用状況が悪化しており、数字が低ければ失業者が少なくなり状況は良くなっていると予想することが可能です。

発表日時は10月19日(木)21:30(日本時間)です。

予想結果変動幅
前週25.0万件24.3万件+11pips
今週
米・新規失業保険申請件数での狙い目
前回の結果よりも高くなった場合は、雇用情勢への不安感からドル安となりUSD/JPY(ドル円)相場でLowの方向に動き安い傾向があります。
その逆で、前回の結果よりも下回った場合はドル高となり、USD/JPY(ドル円)相場でHighとなる可能性が高いと予想。

10月20日(金):米・中古住宅販売件数

米・中古住宅販売件数とは?:アメリカ全土で販売された中古住宅の販売件数を数値化した指標となっています。アメリカでは新築住宅の販売件数よりも中古住宅の販売件数の方が多く、消費者の景気見通しとし注目度の高い経済指標です。

米・中古住宅販売件数は、アメリカの消費者の景気動向をチェックすることができると共に、住宅販売件数からリフォームや家電の売上などにも繋がる事から注目されています。アメリカの景気見通しを見ることができる経済指標の1つです。

発表日時は10月20日(金)23:00(日本時間)です。

予想結果変動幅
9月545.0万件535.0万件+3pips
10月530.0万件
米・中古住宅販売件数での狙い目
今回の発表で前回の数値・予想値よりも増えた場合には、アメリカの通貨である米ドル(USD)が買われる可能性が高い。そのため、ドル高となりUSD/JPY(ドル円)などでHighの方向に動き易い。
ただしその逆で、前回の数値よりも低くなった・予想値に達しなかった場合にはUSD/JPYでLowとなる可能性が高いと予想しています。ただこのすぐ後に発表されるFOMCに対して影響が出る程度のサプライズ発表があれば、為替相場は大きく変動する可能性ありです。

相場が動く時はどうすれば取引すれば良い?

為替が動くタイミングは時間帯は分かったものの、どうやって狙えば良いのか分からないという方のために取引スタイルを紹介していきます。取引スタイルとしては「指標の発表時を狙って取引をする」「事前に為替が動く方向を予想して、ポジションをとる」の2パターンです。

・指標の発表時を狙って取引をする
指標の発表時は為替がHighまたはLowのどちらか一方方向に動き事が多いため、チャートの動きを見て動いている方向に沿って取引をするパターンです。その場合には「ハイローオーストラリア」のペイアウト2倍取引がおすすめです。短時間で高利益を出す事もできます。
・事前に為替が動く方向を予想して、ポジションをとる
こちらはバイナリーオプションでは無く、FXを使って予めポジションを獲るパターンです。為替がどちらに動くのかを予想しておいて、上がったまたは下がった時の為替差益で利益を得る取引方法となります。海外FXなどでレバレッジを利用すればリスクは高まりますが、少ない値動きであっても高リターンも可能です。FXを利用するのであれば「XM(エックスエム)」をおすすめします。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,639,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 142勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら