バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
年明けはバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
1月3週目[1月3週目]1月中旬にバイナリーオプション取引を狙うなら!今週の狙い目
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

[10月4週目]英・政策金利と米・GDPの発表が狙い目か。取引狙い目はここ!

10月23日(月)から10月27日(金)に使える経済指標をまとめています。『経済指標』とは、日本を始めアメリカ(米国)、ユーロなどの世界各国の政府・公的機関が発表する経済の状況を構成する要因を数値化したものです。この経済指標を見る事でその国の経済を知る事ができます。

投資家にとってこの『経済指標』の発表と言うのは、その国の通貨を買うか売るかの判断基準となり、非常に大切な発表です。バイナリーオプションでも同じ事が言え、為替相場が変動する時の方が動きが分かりやすく取引しやすいもの。

10月4週目の為替予想・狙い目に入る前に、10月3週目の為替を振り返ってみると全体的にUSD/JPY相場(ドル円)では、ドル高円安傾向にありました。その理由としては懸念されていた18日(水)に開催された中国共産党大会に照準を当てた北朝鮮の挑発行為が無かった事なども考えられます。

ドル円相場は下値は固く、111.9円台から113.0円台まで上がる結果となりましたね。22日(日)に開票が行われる衆議院選挙なども考えられるのではないでしょうか。

さて、10月4週目の為替はどのような動きをするのでしょうか。さっそく狙い目を紹介していきます。

10月4週目はここに注目して取引!

10月23日(月):衆議院選挙投票後

こちらは経済指標ではありませんが、10月22日(日)には衆議院選挙の投票・開票日です。町中でも選挙活動が行われていますし、知らない方はいないのではないでしょうか。

市場の予想では、安倍晋三首相が率いる与党が過半数以上の議席数を獲得できれば、円安方向へ動くのではないかと予想されています。その理由としては、政権交代など政治が一時的に不安定になるようなリスクも少なく、リスク緩和から日本円を手放すトレーダーが多いという事です。

相場が大きく荒れる可能性はそこまで大きくないですが、23日(月)の東京市場がオープンした際には動きがあり、取引チャンスになるのではと予想をしています。狙い目は10月23日(月)の午前中です。


10月25日(月):独・IFO景況指数

独・IFO景況指数とは?:ドイツの社会調査会社が約1万社に対して、現況から今後半年後までの景況をアンケートし調査した経済指標。ドイツの景況を知る上では重要な指標の1つ。

ドイツの現状の景況を実際にアンケートを行い調査するにあたり、今後をみるための指標(先行指標)としての注目度は非常に高いです。今後のドイツの景況を予想する事ができるため、「独・IFO景況指数」の重要度は非常に高いです。

発表日時は10月25日(火)17:00(日本時間)です。

予想結果変動幅
9月116.0115.2-1pips
10月115.0

もちろんドイツの通貨は「ユーロ」なので、発表前後はユーロ(EUR)に注目して取引してみる事をおすすめします。

独・IFO景況指数での狙い目
前回の結果『115.2』もしくは予想値よりも高くなった場合は、ドイツ景況の期待感からユーロ高となりEUR/JPY(ユーロ円)、EUR/USD(ユーロドル)相場でHighの方向に動き安い傾向があります。
その逆で、前回の結果よりも下回った場合はユーロ安となり、EUR/JPY(ユーロ円)、EUR/USD(ユーロドル)相場でLowとなる可能性が高いと予想。

10月26日(木):欧州中央銀行(ECB)政策金利発表

欧州中央銀行(ECB)政策金利発表とは:欧州中央銀行(ECB)が政策金利を発表する指標です。政策金利とは、中央銀行が他の銀行に対してお金を貸す際の金利の事を言います。

先程もオーストラリアの政策金利発表に関しての指標を解説しましたが、その欧州(EU)版です。基本的には、政策金利を上げた場合にはその通貨(ここではユーロ)が買われて、下げることになれば売られる傾向があります。そのため、政策金利が上がればユーロ高となる傾向があります。

発表日時は10月26日(水)20:45(日本時間)です。

予想結果変動幅
5月0.0%0.0%+1pips
6月0.0%

今回はECBでのパーテリング(量的緩和)の縮小の実施が織り込まれており、このECBの発表にはいつもより多くの市場参加者が見守っており相場は動きやすくなるかもしれません。

欧州中央銀行(ECB)政策金利発表での狙い目
先程も言ったように、金利を上げる事を発表するとユーロ(EUR)が買われる動きが高まるため、ユーロ高となりEUR/JPY(ユーロ円)相場でHighの方向に動き安い。
その逆で、金利の据え置きとなると期待感の薄れからユーロ安となり、EUR/JPY(ユーロ円)相場でLowとなる可能性が高いと予想しています。

10月27日(金):米・四半期GDP(速報値)

米・四半期GDP(速報値)とは:アメリカ国内で生産された最終製品や、サービスなどの付加価値の合計の事を言います。アメリカ全体の景況を知る事ができる重要な経済指標の1つです。

つまりはアメリカの経済全体を把握する事ができるため、ここで発表された数値は他にも影響が出てくるので、市場参加者の注目は非常に高いです。四半期GDPには「改定値」や「確報値」などがありますが、今回発表されるのは「速報値」です。

中でも「速報値」が最も為替に与える影響が大きいと言われています。発表日時は10月27日(水)20:45(日本時間)です。

予想結果変動幅
7月2.7%2.6%-11pips
10月2.5%
米・四半期GDP(速報値)での狙い目
先程も言ったようにこちらの経済指標の注目度は非常に高いです。予想値よりも数値が良かった場合には、USD(米ドル)は買われる傾向にあるためUSD/JPY相場でHigh方向へ動きやすくなります。その逆で、もし数値が悪かった場合にはUSD/JPY(米ドル)相場でLowとなる可能性が高いと予想しています。

相場が動く時はどうすれば取引すれば良い?

為替が動くタイミングは時間帯は分かったものの、どうやって狙えば良いのか分からないという方のために取引スタイルを紹介していきます。取引スタイルとしては「指標の発表時を狙って取引をする」「事前に為替が動く方向を予想して、ポジションをとる」の2パターンです。

・指標の発表時を狙って取引をする
指標の発表時は為替がHighまたはLowのどちらか一方方向に動き事が多いため、チャートの動きを見て動いている方向に沿って取引をするパターンです。その場合には「ハイローオーストラリア」のペイアウト2倍取引がおすすめです。短時間で高利益を出す事もできます。
・事前に為替が動く方向を予想して、ポジションをとる
こちらはバイナリーオプションでは無く、FXを使って予めポジションを獲るパターンです。為替がどちらに動くのかを予想しておいて、上がったまたは下がった時の為替差益で利益を得る取引方法となります。海外FXなどでレバレッジを利用すればリスクは高まりますが、少ない値動きであっても高リターンも可能です。FXを利用するのであれば「XM(エックスエム)」をおすすめします。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,644,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 143勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +49,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 21勝10敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら