バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
年明けはバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
1月3週目[1月3週目]1月中旬にバイナリーオプション取引を狙うなら!今週の狙い目
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

[11月1週目]USD/JPYが熱い!米雇用統計が取引チャンス!

10月30日(月)から11月3日(金)に使える経済指標をまとめています。『経済指標』とは、日本を始めアメリカ(米国)、ユーロなどの世界各国の政府・公的機関が発表する経済の状況を構成する要因を数値化したものです。この経済指標を見る事でその国の経済を知る事ができます。

投資家にとってこの『経済指標』の発表と言うのは、その国の通貨を買うか売るかの判断基準となり、非常に大切な発表です。バイナリーオプションでも同じ事が言え、為替相場が変動する時の方が動きが分かりやすく取引しやすいもの。

さて、10月5週目から11月1週目にかけてどのような取引チャンスがあるのでしょうか。さっそく狙い目を紹介していきます。

10月4週目はここに注目して取引!

10月30日(月):米・個人所得、個人支出

米・個人所得、個人支出とは?:個人所得は、給与や配当金などから社会保険料を控除した後に、実際に手元に受け取った所得。個人支出とは、耐久財・非耐久財・サービス支出から構成されており、個人の消費動向をチェックすることができます。

この2つの指標は同時に発表され、個人の消費動向を細かく見る事ができ、アメリカの景気をチェックするのに非常に重要な経済指標となっています。米・個人所得、個人支出は毎月月末に発表され、今週は10月30日(金)21:30(日本時間)に発表です。下の表の数値は「個人所得/個人支出」となっています。

予想結果変動幅
9月0.3%/0.1%0.2%/0.1%-27pips
10月0.4%/0.8%
米・個人所得、個人支出での狙い目
前回の結果『所得:0.2%↑、支出:0.1%↑(前月比)』もしくは予想の『所得:0.4%、支出:0.8%(前月比)』よりも高くなった場合は、景気が良いと判断されからドル高となりUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い傾向があります。
その逆で、前回の結果よりも下回った場合はドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる可能性が高いと予想。

10月31日(火):米・CB消費者信頼感指数

米・CB消費者信頼感指数とは?:アメリカの経済や景気を知る指標のひとつ。コンファレンスボード(全米産業審議委員会)と呼ばれる研究所が、消費者5,000人を対象として、経済、雇用、所得などの現状に対してアンケートを行い数値化した指標です。

注目するポイントは、『前回の数字と比較して良くなっているか』『予想の数字と比較して良くなっているか』が重要なポイントとなっています。簡単に言うと、数字が高ければ高い方がより消費が活発になっており景気が良くなっているとイメージして大丈夫です。

発表日時は10月31日(火)23:00(日本時間)となっています。

予想結果変動幅
9月119.5119.8−3pips
10月120.0
米・CB消費者信頼感指数での狙い目
前回の結果『119.8』もしくは予想値『120.0』よりも高くなった場合は、ドル高となりUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動き安い。
その逆で、前回の結果・予想よりも下回った場合は期待感の薄れからドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる可能性が高いと予想しています。

11月2日(木):米・FOMC政策金利発表

米・FOMC政策金利発表とは?:FOMCとはアメリカが利上げをするかどうかを決めてる会合です。利上げとは、国の中央銀行が政策金利(中央銀行が民間の銀行に融資する時の金利)を上げる事です。

アメリカの政策金利に対しての発表となるため、市場参加者は非常に注目しています。前回のFOMCでは年内利上げの可能性が高まったことにより大幅にドル高へと動いています。

今回注目するポイントとしては、12月FOMCでの利上げ観測が確かなものになるのか、もしくは年内利上げの可能性が低くなるのかが重要ポイントです。もちろん、12月FOMCでの利上げ観測が高まればドル高へと動き易くなります。

米・FOMC政策金利発表での狙い目
11月FOMCの発表では、ほぼ利上げする可能性はないと見られています。ただ、その次、12月に利上げが行われるのかどうかが重要ポイントです。詳しい発表が分からなくても、FOMC発表直後は分かりやすい相場の動きをしている可能性が高いため、流れに沿って取引する「順張り」をおすすめします。

11月3日(金):米・雇用統計

米・雇用統計とは?:米・雇用統計とは、アメリカの景気を知る上で最も重要な指標です。約16万社などを調査し、10数項目が発表されます。特に『非農業部門雇用者数』『失業率』の2項目が注目度が高いです。

アメリカの経済指標の中でも特に注目度が高い経済指標です。雇用統計に関しては米雇用統計とはこちらを参考にしてみてください。

雇用統計を狙って取引する際のコツは相場に勢いがある時に取引をすることです。詳しくは「雇用統計を狙って取引するなら相場の勢いを見るのが得策!ハイローで検証してみた。」こちらで取引例を紹介しています。

発表日時は11月3日(金)21:30(日本時間)です。

予想結果変動幅
10月7.5万人/4.4%−3.3万人/4.2%+27pips
11月31.0万人/4.2%

10月雇用統計に関しては、アメリカを直撃したハリケーンの影響もあり、非農業部門雇用者数が減少しています。ただ今回の発表では、先月失業した方が復職するため雇用者数が増加するとの観測です。

米・雇用統計での狙い目
前回・予想数値よりも、非農業部門雇用者数が増加・失業率が低下であれば、リスク回避として買われていた日本円(JPY)が売られドル買いが進むと予想。そのためUSD/JPYでHighの方向に動き安い傾向があります。
ただし、非農業者部門雇用者数が現象・失業率が上昇であればその逆で、USD/JPYでLowとなる可能性が高いと予想。

相場が動く時はどうすれば取引すれば良い?

為替が動くタイミングは時間帯は分かったものの、どうやって狙えば良いのか分からないという方のために取引スタイルを紹介していきます。取引スタイルとしては「指標の発表時を狙って取引をする」「事前に為替が動く方向を予想して、ポジションをとる」の2パターンです。

・指標の発表時を狙って取引をする
指標の発表時は為替がHighまたはLowのどちらか一方方向に動き事が多いため、チャートの動きを見て動いている方向に沿って取引をするパターンです。その場合には「ハイローオーストラリア」のペイアウト2倍取引がおすすめです。短時間で高利益を出す事もできます。
・事前に為替が動く方向を予想して、ポジションをとる
こちらはバイナリーオプションでは無く、FXを使って予めポジションを獲るパターンです。為替がどちらに動くのかを予想しておいて、上がったまたは下がった時の為替差益で利益を得る取引方法となります。海外FXなどでレバレッジを利用すればリスクは高まりますが、少ない値動きであっても高リターンも可能です。FXを利用するのであれば「XM(エックスエム)」をおすすめします。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,644,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 143勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +49,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 21勝10敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら