バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
年明けはバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
1月3週目[1月3週目]1月中旬にバイナリーオプション取引を狙うなら!今週の狙い目
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

2017年ギリシャ危機!債務不履行(デフォルト)はどうなる?

2015年に「ギリシャ危機」があったのを覚えていますでしょうか。ギリシャ危機と言ってもこれまで何度かありましたが、直近で言うと2015年のギリシャ危機が記憶に新しいです。

そのギリシャ危機が2017年に再燃している事をご存知ですか?今回は2015年のギリシャ危機と2017年7月現在の最新情報をお届けします。

ギリシャ危機?債務不履行(デフォルト)ってなに?

ギリシャ危機と呼ばれる問題は、2009年まで遡ります。当時の政権:新民主主義党が隠していた巨額な財政赤字が明らかになった事から始まりました。当時財政赤字はGDPの4%程度とされていましたが、実際には13%程度まで増えていた事が判明した事から、GDPの2.8%まで下げるよう3カ年財政健全化計画を発表。

ところがこの計画は安易な考えから作成されていた事により、ギリシャ国債などの暴落が始まりました。共にギリシャの通貨でもあるユーロ(EUR)も下落しています。EU,IMF(国際通貨基金)によるユーロ支援によりここではデフォルトは回避。

緊縮政策などに反対するデモ・ストライキ等が頻発し国内は荒れ果てていましたが、2015年にEUによる緊縮政策を反対する事を掲げたチプラス政権が発足。EUに対して債務返済の延期や免除等を交渉していきましたが、EU側は反対し、事実上の債務不履行(デフォルト)に陥ったという事になります。

国が債務不履行(デフォルト)となると、その国の経済はインフレ状態となってしまう事があります。外国からの輸入のストップ、国内の物価の高騰などが起きる可能性が高いです。実は2017年にもギリシャがまた債務不履行(デフォルト)に陥る可能性があった事を知っていましたか?

2017年にまた債務不履行(デフォルト)に!?

ギリシャ首相

2017年7月に約70億ユーロの返済が控えています。また債務不履行に陥るか?と話題になりましたが、現在はIMF(国際通貨基金)が融資を実施することを決定し、債務不履行は回避となっています。また最新情報が入り次第ここでお知らせを続けていきます。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,644,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 143勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +49,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 21勝10敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら