バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
8月25日までの期間限定でペイアウト率アップ!更に仮想通貨が狙い目?
期間限定ハイローオーストラリアのペイアウト率が期間限定で上昇!最大1.95倍!
仮想通貨ビットコイン取引一時停止により仮想通貨の価格が暴落!?

トランプ氏の議会演説後はこう狙う!為替予想とおすすめの取引を紹介

ここ数日では大きな為替相場は無く、バイナリーオプションでは取引しずらい状況であったかもしれません。ところが、今週3月1日以降また大きな相場の変動が起きる可能性が高く、相場が動いている時の方がバイナリーオプションで勝てるチャンスです。

3月1日以降は相場が動き易く取引のチャンスと言った事には、ある理由があります。それは『トランプ大統領の議会演説』が行われるためです。

『トランプ大統領の議会演説による為替変動の予想』『為替が動く時のおすすめの取引方法』を今回は紹介していきましょう。

トランプ大統領の議会演説とは?為替はどう動く?

トランプ大統領の議会演説は2月28日午後9時(日本時間3月1日午前11時)から行われます。まずは、『議会演説とは一体何なのか』を簡単に説明をしていきましょう。

トランプ大統領の議会演説とは?

アメリカ連邦議会

アメリカの議会演説とは、アメリカ連邦議会で上・下両院の合同の議会演説の事を指します。これは大統領の一般教書演説などを行う際に開催されるものです。

簡単に言うと、大統領が来年度の予算をどうするのか、どのような政策を行うのかを演説で発表する場と思って下さい。その議会演説がトランプ大統領が就任してから初めて開催されるため、世界中の投資家が注目を集めています。

何故このトランプ大統領の議会演説に注目をするのか。それは、トランプ大統領の具体的な政策が公表されれば、その内容によって『株価』『為替』が大きく変動するからです。

これまでトランプ大統領は、具体的な政策などを発表してきませんでした。しかし就任から1ヶ月以上が過ぎており、来年度の予算を発表しなければいけないため2月28日に開催される『議会演説』で詳しく発表されると予想をしています。

為替はどう変動するのか

2月28日の議会演説はアメリカだけでは無く、日本国内でもテレビで中継が行われる。注目度が高くチェックする人が多いことが分かります。最も影響を受けそうなUSD/JPY(ドル円)の為替変動の予想としては以下の通りです。

今回、トランプ氏が行う政策に関して、
・期待感が高く、政策が明確化するようであれば▶ドル高円安(1ドル110円→1ドル112円など)
・期待感が薄く、政策に関して不透明であれば▶ドル安円高(1ドル110円→1ドル108円など)

このように予想をしています。トランプ氏が来年度の予算を発表し、政策に関して期待がもてるものであればドル買いが進むでしょうから、その分ドル高円安方向(バイナリー取引ではHighの方向)になると予想。

その逆で、政策に期待ができない、具体的な内容が発表されないなどがあれば不信感からドル売りが進むでしょう。その分、低リスク通貨とされる日本円が買われ、ドル安円高方向(バイナリー取引ではLowの方向)になるのではないかと予想です。

結論は、トランプ氏の議会演説の内容次第でどちらか一方向にはっきりと動く可能性が高いでしょう。

では、3月1日以降はどのようにして取引をすれば勝ちやすくなるのかを考察してみました。

予想シグナルを参考にして利益を出す

今回オススメする取引方法は、『予想シグナルツールのシグナルを参考にして取引をする』です。予想シグナルツールとは、為替が動く方向を予想して教えてくれるツールとなっています。そのシグナルを参考にして攻略する方法です。

アルゴビットプラットフォーム

この画像は今回紹介するオプションビットで使える『アルゴビット』と呼ばれるシグナルツールです。先程、為替変動の予想に関しては『HighかLowのどちらか一方向にはっきりと動く可能性が高い』と言いましたが、目に見えて動いている方向とアルゴビットで出てくるシグナルが一致するかどうかで攻略します。

例えば、明らかにUSD/JPY(ドル円相場)で下方向(Low)に動いているがはたしてこのまま下がるだろうかと思った際に、『アルゴビット』のUSD/JPYのシグナルを確認し、シグナルでもLowを示していたら購入。

シグナルツールにはこういう使い方もできます。自分が予想している方向とシグナルで出てくる方向を参考にする方法です。アルゴビットのシグナルは信頼度も高く過去の取引検証『Algobit(アルゴビット)は勝てるのか?実際に試した攻略検証結果まとめ』でも勝率70%以上を出せています。

トランプ大統領の議会演説まとめ
2月28日の議会演説では主に政策に関して話をし、その内容次第で為替相場(USD/JPY)は大きく変動する可能性が高い。3月1日以降は為替が動き易く、シグナルを参考にしながら取引を行う事がオススメ。

トランプ大統領の議会演説が終わった後の為替相場を狙って取引をするには、以上の事を参考にしながら取引をしてみてはいかがでしょうか。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

オプションビット
1週間待たずに出金が完了することを確認済み!勝率70%を誇るアルゴビットが使え、1万円から取引が始められます! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトへ

お役立ちコンテンツ体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在オープン記念で10,000円キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトはこちら

5位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら