バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
4月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
4月23日~[4月23日~]絶対に逃せない!週末の米・国内総生産が特に熱い!今週の狙い目
スマホで攻略!スマホでバイナリーは「この手順」さえやれば簡単に攻略出来てしまう。

日銀、7月に追加緩和を行う可能性は市場予想で8割へ

今月、7月28日(木)・29日(金)に日本銀行で金融政策決定会合が行われます。金融政策決定会合とは、日銀黒田総裁を筆頭に日本が追加緩和を行うのかどうかが発表される会合です。なぜ、日銀が追加緩和を行うのかどうかを注目しているのか。それは、為替相場に影響を与える投資のチャンスだからです。

日本が追加緩和を行うという事は、簡単に言うとお金(日本円)の回りを良くするための政策になります。お金の回りがよくなるという事は、貨幣自体の流通量が増え、お金の価値が下がる。そのため、日本円の価値は下がり円安傾向になります。

以上の説明はざっくりと説明をしましたが、難しくいうと複雑なのでまずはこの位分かっていれば問題はありません。では、7月28日・29日に行われる金融政策決定会合はどのような投資のチャンスになるのでしょうか。

追加緩和で為替相場はどうなる?

6月16日ドル円為替チャート

タイトルにも言っている通り、市場関係者の予想では7月金融政策決定会合で追加緩和を行うと予想する人が8割もいます。市場の予想を見る限りでは、7月に追加緩和を行う見通しです。追加緩和を行うという事は為替相場はどうなるということでしょうか?

追加緩和を行えば、日本円の通貨価値は下がるため”円安“方向へと動く可能性が高くなります。じゃあバイナリーオプション投資ではドル円などの円相場で円安になるため”HIGH”で取引をした方が勝ちやすくなるのか。通常であればそのように予想するのが妥当なのですが、今回は状況が少し異なります。

経済に詳しいエコノミストの判断からすると、『追加緩和を行ったとしても、円高になる可能性が高い』と予想している方が多いです。大胆な政策を行わなければ、今の状況からは円安傾向に流れる事は難しいと判断しています。

ただ、一時的に円安方向に触れる可能性はありますが、その後反発して円高方面に進むのではとの予想です。仮に追加緩和を行わなかった場合は、追加緩和への期待が高い分、大きく円高傾向に進む事があります。

金融政策決定会合で日銀は追加緩和を見送り。1ドル108円台へ。こちらの記事で4月金融政策決定後の為替の動きを紹介しています。市場の追加緩和への期待が高かった分、行われなかった時に円高傾向に向かう事が分かるので、ぜひチェックしてみてください。

以上の理由から、日本銀行が金融政策決定会合で追加緩和の有無に関係なく、発表後は円高傾向に進むのではないかと予想しています。

投資のチャンスにどう投資をすれば良いのか。

どうやってバイナリーオプション投資で狙って取引をすれば良いのでしょうか。それは、USD/JPY,EUR/JPYなどの円相場で”LOW”で取引をすることです。円高なのに、LOWに投資をするの?と思われるかもしれませんが、こちらを見て下さい。

6月16日ドル円為替チャート

こちらが実際のバイナリーオプション取引の画面になるのですが、左側の丸を見て頂くと分かるのですが上が円安方向で、下が円高方向になっています。なので、円高傾向になる可能性が高いと予想をした場合には”LOw”で取引です。

以上の、市場関係者の追加緩和の予想から今回の7月は行われる可能性が高いと判断しましたが、エコノミストなどの意見から追加緩和を行ったとしても円高傾向になる可能性が高いです。そのため、7月29日発表後は円高傾向に動くと予想しており、バイナリーオプション取引ではLOWで取引をすることで勝率が高くなるでしょう。

気になる方は、参考にして取引してみてはいかがでしょうか。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,674,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 147勝56敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら