バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
11月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
11月4週目[11月4週目]各国の重要経済指標がまとめて発表!今週の狙い目!
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

米大統領選の開票日は11月9日(水)、為替変動に影響がある時間帯の予想

新聞やニュースなどでも米大統領選が非常に過熱しています。クリントン氏が優勢であったにもかかわらず、FBIによる私用メールの捜査などがありやや雲行きが怪しくなっていました。

その米大統領選挙の開票日は日本時間11月9日(水)です。いよいよ長かった戦いに終止符が打たれるわけですが、大統領選のような大きいイベント時には為替変動が非常に大きくなります。特に大統領の当否が明確になったタイミングです。

当サイトで紹介しているバイナリーオプションのような為替を扱う投資の場合には、為替が大きく動くタイミングで取引をする事ができればより勝率を上げる事ができます。

そこで今回は、日本時間で何時に大統領が決定するのか、また為替はどのように動くのかを予想していきましょう。

大統領が決定するのは日本時間では何時くらい?

投票結果の開票が始まるのは、日本時間11月9日(水)午前8時からです。アメリカ全土で開票が開始され、結果が集計されていきます。

開票を進めて、おおよそどちらが大統領に当選するのかが分かるのは、正午過ぎです。開票から大体4時間程度でクリントン氏、トランプ氏どちらの候補者が当選するのかが判断できます。ただ、今回のような接戦の場合にはもっと時間がかかるかもしれません。

夕方には候補者の当確、もしくは投票結果がまとまり結果が発表されます。

以上が開票日11月9日(水)の、開票から結果が決まるまでの大体の時間です。「クリントン氏」「トランプ氏」どちらの候補者が優勢、もしくは当確が分かるタイミングは2回あります。開票開始から、おおよその開票結果が分かる正午と、正式に開票が完了する夕方です。

ではそのタイミングで為替相場はどのように動いて、どのように投資をすれば良いのか予想していきます。

開票後の為替、為替相場への影響は?

前回の大統領選による為替相場への影響を予想(2016年米大統領選による為替への影響を予想、バイナリーオプションでのオススメ投資法)した際にも言ったのですが、「クリントン氏」「トランプ氏」どちらが大統領に選ばれるかによって為替相場に与える影響は変わってくると予想しています。

また、アメリカの通貨ドルUSD(米ドル)が1番売買が行われるため動きますが、それに対してリスク回避通貨として知られる日本円(JPY)も動き易いです。そこで通貨ペアUSD/JPY(ドル円)では、以下のような為替変動になると予想しています。

クリントン氏が当選=「ドル高/円安」の可能性が高い
トランプ氏が当選=「ドル安/円高」の可能性が高い

ドル高/円安とは、1ドル=100円から1ドル=102円になった場合の事を言います。また、ドル安/円高はその逆で1ドル=100円から1ドル=98円に変動をした場合です。ただ、このような為替変動は当選が確定する前の段階、つまりおおよそどちらが当選するのか分かった時点で動く可能性が非常に高いと思います。

こちらの画像をご覧ください。

ドル円チャート画像

先月28日に、クリントン氏への私用メールに関しての再捜査が決定してからのUSD/JPY(ドル円)の為替変動です。この時には、クリントン氏への不信感が高まり、トランプ氏の支持率がアップしています。

トランプ氏の支持率が上がった事により、万が一トランプ氏が当選した時のリスクを考慮し、ドル売り・円買いが先行。その影響からドル円が105円台から102円台まで急騰しています。

このように、支持率が上昇しただけで為替相場には影響があり、11月9日(水)正午あたりにおおよその当選者が分かった時点でも為替変動は起きるとの予想です。

米大統領選、開票日は投資のチャンス

これまで説明をしてきたように、米大統領選の開票日でもある11月9日(水)は投資のチャンスでもあります。これほど大きなイベントは為替変動に大きな影響を与える事は間違いありません。

開票が進むにつれて、USD/JPY(ドル円)ではHigh、またはLowどちらか一方的な為替変動になると予想をしているため、バイナリーオプション取引での予想も立てやすいです。大統領選の開票日を狙って取引をする場合には、以上の事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,639,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 142勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +26,880円 【現在検証中!】
現在の勝敗 56勝27敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +10,070円
現在の勝敗 6勝3敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

4位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら