バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

バイナリーオプションは、税金ってかかるの?

税金と確定申告について 確定申告とは

初心者の為のはじめてガイド – MENU –

バイナリーオプションにかかる税金

バイナリーオプションで、1年間(1月1日~12月31日)を20万円以上の利益が出ている場合は課税対象となり確定申告をする必要があります。

国内業者を利用した場合の税金は「申告分離課税」になり、海外業者を利用した場合の税金は「総合課税」と分類されます。では、「申告分離課税」と「総合課税」の違いは何なのか?国内業者を利用した場合と、海外業者を利用した場合に分けて説明していきます。

国内業者を利用した場合の申告

ポイント1.税金の種類 申告分離課税
ポイン2.損失繰越 最大3年間繰越可能

ポイント1.税金の種類は、申告分離課税
申告分離課税 (しんこくぶんりかぜい)とは、株式などにより所得が生じた場合、他の所得とは分離して税額を計算し、確定申告によって納税する課税方式です。 一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%) を税金として収めなくてはなりません。※平成25年から平成49年末までは復興特別所得税が上乗せされますので、税率は、所得税15.315%、住民税5%の計20.315%となります。
例えば、利益が100万円として、税金を引かれ手に入る金額はだいたい80万円ということになります。

ポイン2.損失繰越 最大3年間繰越可能
確定申告をすることにより、提出する所得を3年間持ち越せるようになります。

バイナリーオプションを続ける場合。
1年目の所得が、ー100万円2年目の所得が、+200万円だったとします。2年目に支払う税金は1年目に確定申告をしていなかった場合、200万の利益の20%である40万円を収めるべきでしたが税制改良により1年目の100万円の損失を差し引く事が可能になりました。

つまり、ー100万円(1年目)+200万円(2年目)=100万円に対しての20%である20万円だけを納めればいいという事になります。なので、必ず負けていても確定申告を毎年する事をオススメします。

海外業者を利用した場合の申告

ポイント1.税金の種類 雑所得(総合課税)
ポイント2.損失繰越 不可
ポイント3.課税される所得金額が利益によって異なる

税金の種類は、総合課税
所得税には、「申告分離課税」と「総合課税」というものがあります。「申告分離課税」は先ほど上で説明した通りです。「総合課税」とは不動産所得・事業所得・給与所得・雑所得、、、その他土地などが総合課税と分類され、国内業者で適用されていた損失繰越が適用されません。総合課税の計算方法は、給与所得+所得の金額を合計した総所得金額から、所得控除の合計額を控除し、その残額に税率をかけた税額です。

課税される所得金額は以下の通りです。

195万円以下 5%
195万円超、330万円以下 10%
330万円超、695万円以下 20%
695万円超、900万円以下 23%
900万円超、1,800万円以下 33%
1,800万円超 40%

例えば、給与所得+所得の金額=500万円だった場合、500万円×20%=100万円の税金を払わなくてはなりません。国内バイナリーオプション業者の場合には、所得額に関係なく税率は一律20.315%なのに対して海外バイナリーオプション業者の場合には、所得額が少なければ多くの所得税を支払う必要がないので、海外バイナリーオプション業者を利用する方が比較的に税金が安くなります。

バイナリーオプションで副業・お小遣い稼ぎとして投資をしたい方は、国内業者と比べて税金が安い海外バイナリーオプション業者がオススメです。少額から始められるバイナリーオプション業者もあるのでぜひ、一度チェックしてみてください。▶おすすめ海外バイナリーオプション業者一覧

このように、国内業者を利用した場合と海外業者を利用した場合では税金の種類や計算方法が違うので必ずチェックしておいて下さい。さらに詳しく情報が知りたい方は、お近くの税理士さんなどにご相談下さい。

確定申告が必要な人とは?

FXやバイナリーオプションでいうと為替差益と呼ばれますが、それらの合計が年間20万円以上となると申告しなければなりません。年間で利益が20万円以下なら申告しなくても大丈夫です。 ※ただし、年間の給与収入額が2000万円を超えている方は、20万円以下でも申告する必要があります。

雑書得等の金額の計算明細書の書きかた

確定申告の明細票のダウンロードはこちらから(国税庁のリンク)>>

バイナリーオプションにかかる税金について、雑書得書類の書きかた説明画像

確定申告のお問い合わせ先

確定申告は、最寄の税務署に行き確定申告作成コーナーなどを利用し確定申告書を作成するか。用紙をダウンロードし、記入し郵送する方法か、e-Tax(電子申告)により提出することが出来るので自身のやりやすい方法で確定申告を行って下さい。

e-Taxを使用する場合の手順。公式HPはこちら>>
印刷して郵送する場合と、そのまま電子送信する場合が選べます。

バイナリーオプションにかかる税金について、e-Taxを使って確定申告を出す手順解説画像

e-Taxの詳細はこちら。
(1) 1月12日(火)~3月15日(火)24時間(メンテナンス時間を除く。)
(注1) 1月12日(火)は、8時30分からご利用できます。
(注2) メンテナンス時間は、毎週月曜日0時~8時30分を予定しております。
(注3) 3月15日(火)24時を過ぎて受信した平成27年分の所得税確定申告のデータは、確定申告期限後に提出されたものとなりますのでご注意ください。(送信した申告等データは、即時通知及び受信通知に表示される「受付日時」に到達したものとみなされます。)
インターネット環境によっては、送信に時間を要する場合がありますので、余裕をもってお早めに送信願います。

初心者の為のはじめてガイド - MENU -

この記事のカテゴリ:初心者ガイド

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在オープン記念で10,000円キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトはこちら

5位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら

6位:スマートオプション

SmartOption(スマートオプション)
現在の損益 +480,294円
現在の勝敗 1611勝970敗(iフォロー)

スマートオプションはファイブスターズオプション同様に自動取引ツールがあります。海外バイナリーオプション業者の中では老舗の業者です。

始める前にこちら

7位:Yバイナリー

Ybinary(Yバイナリー)
現在の損益 +22,600円
現在の勝敗 43勝35敗

Yバイナリーはペイアウト2倍取引のある海外バイナリーオプション業者です。ただ、最低入金額が2万円と他社と比べると高いため、低資金から始めたい方や初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

始める前にこちら