バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

【お知らせ】アット・ザ・マネー(引き分け)でも負けになる? ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)

2017年7月3日よりハイローオーストラリアの取引条件に関して大きな変更点がありましたので、今回はそれをお知らせをします。と同時に期間限定のペイアウト率の変更などに関しても紹介していきましょう。

アット・ザ・マネー(引き分け)で投資額が没収に?

ハイローオーストラリアメール内容

7月3日付けで画像の内容でハイローオーストラリアからメールが送られてきました。

平素よりHighlow.​netをご利用いただき、誠にありがとうございます。弊社の契約条件を改訂いたしました。

とあり、ハイローオーストラリアの契約条件の変更は珍しいため確認をしてみると「バイナリーオプションのポジション決済」(ハイローオーストラリア口座契約条件P.50)に関する情報が変更となっているようです。変更後が以下の画像となっています。

ハイローオーストラリア口座契約条件

(iii) アット・ザ・マネーで終了:当社は、自身への支払いとして、バイナリー・オプション・プレミアムの支払いに相当する金額を、分別口座から引き出します。

アット・ザ・マネーとは商品を購入したときの値段と現在の値段(もしくは決済時の値段)が等しく、利益も損益もどちらも出ていない状態のことです。詳しくはアット・ザ・マネーとはで解説をしています。

アット・ザ・マネーとはつまり「引き分け」の事を言い、「アット・ザ・マネーで終了時には自身への支払いとして」と書いているため引き分けで負けと判定されてしまうという事です。変更前までは、引き分け時には投資金額は戻ってきていました。

実際に引き分け(ドロー)って結構あるのか?

これまで取引をしていた方からすると、引き分けで戻ってきていた投資額が負けとして判定されるため、正直今回の変更はマイナス以外の何者でもありません。

ですが、これまで当サイトでもハイローオーストラリアで多くの取引検証を行ってきましたが、引き分けになる事はあまりありませんでした。そもそもあまり変動していない相場で取引をしないという事もありますが、過去の検証で引き分けになった事は数える程です。

実際にどの位の確立で引き分けが起こるのかをハイローオーストラリアで検証してみました。詳しくは「引き分け(ドロー)はどのくらいの確立で起こるのか、ハイローオーストラリアで取引検証」こちらで解説をしています。

そのため、先程も言ったように「引き分けで負け」はマイナス面の変更でしかありませんが、そこまで大きな影響を与えないのでは?と予想をしています。その代わりと言ってはなんですが、変更と同時に期間限定でペイアウト率の上昇、スプレッド幅の変更等が行われているみたいです。

期間限定でペイアウト率の上昇!スプレッドが狭くなる!

ハイローオーストラリア取引画面

アット・ザ・マネーに関する変更と同時に、7月3日から期間限定で「ペイアウト率のアップ」「スプレッドが狭くなる」「締め切り時間の変更」などのキャンペーンを行っています。それぞれの内容を紹介していきましょう。

Highlow取引、Turbo取引でペイアウト率が大幅アップ

ハイローオーストラリア取引画面

バイナリーオプションの一般的な取引であるHighlow取引とTurbo取引(短期)において、ペイアウト率が上昇しています。上の画像が実際の変更後の画像ですね。変更内容は以下の通りです。

Highlow取引
15分:185%→188%=3%のアップ
60分:188%→189%=1%のアップ
Turbo取引
30秒:180%→193%=13%のアップ
60秒:182%→190%=8%のアップ
3分:182%→186%=4%のアップ

以上のようにペイアウト率がアップしています。特に大きなペイアウト率の上昇が、Turbo取引(短期)の30秒です。ペイアウト率が13%も上昇しており、スプレッド無しの取引でペイアウト率が193%(1.93倍)は非常に高いです。

[追記]7月10日よりTurbo取引(短期)の30秒のペイアウト率は最大1.95倍になるというお知らせが追加。取引画面でも確認済みです。

ペイアウト率の変更が適用されているのは、7月3日から8月25日まで(無期限で延長に変更になりました)となっています。

ペイアウト2倍取引でスプレッドが狭くなる

ペイアウト率が変更されている7月3日から8月25日(無期限で延長に変更になりました)までの期間中は、ペイアウト2倍取引の「Highlowスプレッド」「Turboスプレッド」においてスプレッド幅が狭くなります。

スプレッドとは:購入時のレートの上下(Highなら上、Lowなら下)に幅が設けられます。その幅を超えなければ予想の方向に動いた場合でも勝ちとなりません。その幅が「スプレッド」となります。

つまり、スプレッドが狭くなるという事は通常よりも勝ちやすくなっているという事です。さすがに、Highlow取引・Turbo取引同様にペイアウト率を上げるという事はスプレッド取引の方ではできなかったのでしょう。

これまでいくつもの海外バイナリーオプション業者で取引をしていきましたが、ハイローオーストラリアのスプレッド幅は非常に狭いです。元から狭いスプレッドがさらに狭くなったので高ペイアウト取引をするなら今がチャンスかもしれません。

Highlow取引での購入締切時間が2分から1分に変更

Highlow取引では、15分間の取引の中で判定時刻の2分前までであればいつでも購入をすることができ、「転売」もする事が可能でした。ですが、7月3日より判定時刻の1分前まで購入、転売が可能となっています。

ハイローオーストラリアキャンペーンメール

こちらが実際のハイローオーストラリアの取引画面です。判定時刻19:20に対して購入締切が19:19(赤いチェックを入れている箇所)となっています。

取引開始から締切までの時間が長くなった事は、判定時刻ぎりぎりまで購入を待てるという点と、転売によるリスク回避が行える点で取引する際のメリットです。「Highlow取引」「スプレッドHighlow」で適用されています。

ペイアウト率の上昇は「引き分けの負け判定」を上回る?

今回はハイローオーストラリアの変更点と期間限定のキャンペーンのお知らせをしていきました。アット・ザ・マネー(引き分け)による負け判定は残念ではありますが、ペイアウト率の上昇などは非常に魅力的です。特にペイアウト率の上昇、スプレッドが狭くなる事は実際に利益を出しやすくなるメリットと考えています。

こちらは8月25日まで(無期限で延長に変更になりました)の期間限定となっているため、取引するなら今がチャンスです!

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

\ 取引を始めるまでの簡単3ステップ /

ハイローオーストラリア体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:ハイローオーストラリア

ペイアウト率最大1.95倍まで上昇キャンペーンが延長!
最大で1.80倍から1.95倍までHighlow、Turbo取引で上昇!利益が出やすくなるのはもちろん、マイナスになった際もカバーできる!詳細はこちらからチェックしてみてください。

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +193775円 【現在検証中!】
現在の勝敗 229勝112敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら