バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
4月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
4月23日~[4月23日~]絶対に逃せない!週末の米・国内総生産が特に熱い!今週の狙い目
スマホで攻略!スマホでバイナリーは「この手順」さえやれば簡単に攻略出来てしまう。

米雇用統計

このページのメニュー
概要 非農業部門雇用者数 失業率 雇用統計先行指標

概要

読み方:べいこようとうけい

英語:Current Employment Statistics (CES)

アメリカ合衆国の労働省労働統計局(Department of Labor, Bureau of Labor Statistics)が発表する、米国の経済指標の中でも、景気を知る指標として、さらに経済・金融政策変更の指標として特に重要視されている経済指標

全米の約16万の企業と約40万の政府機関を合わせたサンプルを調査し、失業率、非農業部門就業者数、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、平均時給などの10数項目が発表されます。

中でも【非農業部門雇用者数】【失業率】の2項目が特に注目されていて、FOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策の決定する際にも大きな判断材料として扱われます。

発表は、毎月第1金曜日(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)に行われます。

非農業部門雇用者数

非農業部門、つまり農業以外の産業に属する企業の給与支払い帳簿をもとに雇用者数の増減を算出した数値。雇用者数の中には、経営者や自営業者は含まれません。

また、建設業や製造業など業種別にも発表されますが、その中でも特に製造業の就業者数が注目されます。

非農業部門雇用者数は、事前予測値と発表値が大きく違う事が多く、そういう場合には為替市場が大きく動き「お祭り」などと呼ばれたりします。

失業率

失業率は(完全失業者÷労働力人口)×100で計算されます。

完全失業者は、16歳以上の男女で労働をしたいと希望しながら仕事についていない人の事で、労働意志のない者は含まれません。また、軍隊従事者、刑務所の服役者も含まれません。

雇用統計先行指標

米雇用統計の発表の前に、参考となる雇用関連の指標がいくつか発表される。これらを雇用統計の先行指標と言い、米雇用統計の発表に向けて、先行指標の発表を参考に様々な思惑で取引が行われることになります。

米雇用統計の先行指標一覧
・消費者信頼感指数
・製造業ISM景気指数
・ADP雇用統計
・シカゴ購買部協会指数(PMI)
・フィラデルフィア連銀景況指数
・リッチモンド連銀製造業景況指数
・NY連銀製造業指数

この記事のカテゴリ:用語集

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,674,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 147勝56敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら