バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事
今使える!おすすめ記事
11月後半もバイナリーオプションのチャンス多数あり!取引する時の狙い目!
11月4週目[11月4週目]各国の重要経済指標がまとめて発表!今週の狙い目!
期間延長ハイローオーストラリアのペイアウト率上昇が期間延長に!

トレンド系・オシレーター系

このページのメニュー
概要

概要

トレンド系

読み方:とれんどけい

英語:Trend System

トレンド系とは、一定期間の相場の動きをなめらかにしトレンドや相場の動きを見て、これから先の値動きや転換点を探ることで取引のタイミングを計ためのテクニカル指標です。一般的に、相場のトレンド(方向性)に従って取引をする『順張り』に向いています。

代表的なトレンド系のテクニカル指標は、「単純移動平均線」「指数平滑移動平均線」「HLバンド」「エンベロープ」などがあげられます。

オシレーター系

読み方:おしれーたーけい

英語:Oscillator System

オシレーター系とは、基本的に買われすぎ・売られすぎの状態を予想するもので、振り子のように推移することからオシレーター(英語で振り子の意味)系のテクニカル指標と呼ばれています。

相場の状況を相対的に判断し、買われすぎ売られすぎなどの状態を示すことからトレンドの転換点を狙う『逆張り』での取引によく利用されます。

2つの特徴があり、一点目はオシレーター系は相対評価であるので1~100,-1~1までなど一定の間隔で推移します。

もう一点は、相対評価を数字でつけていることから、振り子の幅が大きすぎると限界値で止まってしまうため指標として役に立たないものになってしまうということです。

代表的なオシレーター系のテクニカル指標は、「RSI」「MACD」などがあげられます。

この記事のカテゴリ:用語集

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,639,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 142勝55敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +26,880円 【現在検証中!】
現在の勝敗 56勝27敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

3位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +10,070円
現在の勝敗 6勝3敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

4位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら