バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

【2018年】2月2日(金)米・雇用統計発表!USD/JPYで稼げる大チャンス!

毎月発表される重要経済指標の「米・雇用統計」が近づいてまいりました。雇用統計発表直後はかなり相場が変動しやすくバイナリーオプション取引のチャンスです。激熱以外の言葉が見当たりません。

発表は2月2日(金)22:30となりますが、今回はどのようなポイントに注目しておけば良いのでしょうか。では2月発表の米・雇用統計をまとめていきます。

月1回の取引チャンス!雇用統計を狙って取引!

米・雇用統計とは、アメリカの景気を知る上で最も重要な指標です。約16万社などを調査し、10数項目が発表されます。特に『非農業部門雇用者数』『失業率』の2項目が注目度が高いです。

米・雇用統計に関してはこちら「米雇用統計とは」で解説しているのでもっと詳しく知りたいという方はチェックしてみてください。

発表された時はこう動く!

アメリカの雇用が回復している、または悪い方向に進んでしまっているという事が分かれば、アメリカの通貨であるUSD(米ドル)に売り買いが殺到します。

アメリカが雇用情勢があまり良くない=経済的にあまり良くないのでは=USD(米ドル)を持っておくのはちょっと危ないかも=米ドルを売る。簡単に言うとこのような流れです。

つまりは、国の景況によって為替は変動するという事になります。それが、世界で最大の取引量を誇るアメリカ・USD(米ドル)であればその分大きく動く可能性も高いです。

注目するポイントとしては、非農業部門雇用者数が予想値よりも高く失業率が予想値よりも低くなった場合は、雇用情勢への期待感からドル高となりUSD/JPY(ドル円)相場でHighの方向に動きやすい傾向があります。
その逆で、予想よりも下回った場合はドル安となり、USD/JPY(ドル円)相場でLowとなる傾向があります。

予想結果変動幅
1月19.0万人/4.1%14.8万人/4.1%-21.5pips
2月17.5万人/4.1%

前回発表時(1月5日 日本時間22:30)のチャート!

こちらが1月の雇用統計発表直後のチャートです。

予想値と比べ、失業率は変わらず4.1%、非農業部門雇用者数は予想値19.0万人に対して結果が14.8万人と大きく低く、ドル安円高(Low方向)へと動いています。

結果が予想より低いと分かった瞬間にLowでエントリーすれば勝てた相場ですね

しかしその後、値を戻してきています。下記で説明しているテクニカル指標を使う事でこのトレンドの転換点を掴む事ができ、大きく勝率が上がります。

詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。


今回紹介した”超”重要指標『米・雇用統計』と言う取引チャンスを逃すのはもったいないです。1月に使いこんだお金はここで取り戻しましょう!

発表は2月2日(金)22:30です。

特に大きく為替も動く可能性が高いため、通常の取引よりも少し難易度が高くなるスプレッド取引でも勝ちやすくなるのではないでしょうか。ペイアウト率は通常のハイロー取引と比較しても高くなり、ハイローオーストラリアではペイアウト率2倍の「スプレッドハイロー」「スプレッドターボ(短期)」があります。

短期間で利益を出すのであればハイローオーストラリアで「米・雇用統計」を狙ってみてはいかがでしょうか。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

\ 取引を始めるまでの簡単3ステップ /

ファンダメンタル体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:ファンダメンタル

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら