バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

1月米雇用統計発表後はしばらく為替相場に影響を与える?動きを予想してみた。

本日、1月6日は2017年1回目の米雇用統計の発表がおこなわれます。米雇用統計と言われてもぱっとこない方が多いかもしれませんが、アメリカの経済を把握するために大切な経済指標の1つです。米雇用統計に関して詳しくはこちら『米雇用統計を分析・チェックできれば、バイナリー勝率100%も夢じゃない!』を参考にしてください。

なぜ、米雇用統計に注目しているのか。それは、バイナリーオプション取引にも影響があるからです。米雇用統計の発表を皮切りに為替変動が起こるため、取引をして勝てるチャンスでもあります。その雇用統計の発表が1月6日(金)午後9時です。

今回は雇用統計発表時の取引方法と、発表後の週明け1月9日(月)からの為替予想をしていきましょう。

雇用統計の発表で為替はどう動く?

参考までに、前回2016年12月2日(金)の雇用統計発表時の為替変動をチェックしてみましょう。

ドル円チャート画面

こちらが前回12月の米雇用統計発表時の為替変動になります。赤いチェックマークが入っている箇所が発表時のドル円(USD/JPY)です。ローソク足チャートを見ると、1時間の間に約0.7円も変動しています。

このように、米雇用統計発表時は為替が動きやすく、一方の方向(HighまたはLow)に急激に動く傾向があります。そのため雇用統計発表時の為替変動を狙うなら、動いている方向に沿って短期取引(30秒や1分)で効率良く取引をすることがオススメです。

また、水色のエリアを見てもらうと分かるのですが、週明け月曜日の為替相場は少し荒れる傾向があります。ここも発表時と同様に為替が一方の方向に動く可能性が高いため、取引のチャンスです!

発表後はしばらく影響がある?

ドル円チャート画面

こちらの画像では、12月米雇用統計発表後の10日間の為替変動を水色で表しています。12月に発表された米雇用統計は良い結果であったため、円安ドル高(チャートではHighの方向)傾向です。良い結果だと、ドルを買う投資家が増えるため、ドル円(USD/JPY)でも円安ドル高に。

チャートを見ても分かるように、米雇用統計の結果は発表時だけではなく、しばらくは為替変動に影響を与えます

1月6日の発表後は為替はどうなる?

今回の雇用統計の発表時も前回と同様に、一定の方向へ大きく動く事が予想されます。そういう相場の時こそバイナリーオプション取引のチャンスです。為替が動いている方向に沿って短期取引をすることで効率よく利益を出すことができるのではないでしょうか。

また、1月にはアメリカ次期大統領のトランプ氏就任が控えている事もあり、『トランプ相場』が加速し、ドル高円安方向へ動く可能性が高いのではないかと予想しています。為替が動く時こそバイナリーオプション取引のチャンスです。


今回の米雇用統計発表の1月6日(金)から中旬くらいにかけては、ドル高円安方向に動く(USD/JPYで言えばHigh方向)と予想!

為替が動く方向がHighまたはLowのどちらかにはっきりすると思いますが、それでも自信が無い方は、海外バイナリーオプション業者オプションビット(Optionbit)の予想シグナルツール『アルゴビット』を使うことをオススメします。

アルゴビットは、為替が動く方向をHighまたはLowで予想してくれます。自分の予想と合わせて、アルゴビットも参考にして取引をしてみてはいかがでしょうか。オプションビットは当サイトでも人気がある業者です!

このページで紹介したバイナリーオプション業者

オプションビット
1週間待たずに出金が完了することを確認済み!勝率70%を誇るアルゴビットが使え、1万円から取引が始められます! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトへ

お役立ちコンテンツ体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら

6位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら