バイナリーを始める前に徹底比較!

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

金融界の首脳が集まるジャクソンホール会議が熱い!1年に1回の取引チャンス!

現在、韓国と米軍の軍事演習などでまた北朝鮮の危機感が高まっていますね。世界情勢は不安定な状況ですが、今週末8月24日(木)から26日(土)にかけてアメリカ・ワイオミング州でシンポジウムが開催されます。毎年開催されているのですが、カンザスシティ連銀が主催してジャクソンホールで開催です。

その名も「ジャクソンホール会議」と呼ばれており、各国の中央銀行の首脳はもちろんの事、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁、日本銀行の黒田総裁や当サイトでも度々話題に上げている米中央銀行であるFRBのイエレン議長など多数参加する大きなシンポジウムとなっています。

この事がどれほど大きな会議なのか分かりやすく説明をすると、「世界の金融市場のメインである米ドル(USD)やユーロ(EUR)を司っている責任者が集まる」という事です。つまりは世界の金融界のボスが集まっているという事で、「要人発言」によって為替に与える影響は大きく、世界中の投資家が注目をしています。

今回は、この「ジャクソンホール会議」に着目して、注目する箇所や取引狙い目をまとめていきましょう。

ジャクソンホール会議の取引狙い目は!?

ジャクソンホール

ジャクソンホール会議は3日にかけて開催されます。そのため、ずっとチャートを見張って取引をするというのは難しいでしょう。そんな3日間開催されるジャクソンホール会議ですが、まず注目する講演は「25日23:00から行われるイエレン議長の講演」です。

イエレン議長とはアメリカの中央銀行(FRB)の議長ですね。イエレン議長は為替相場に大きく関係する米利上げを決定する会合(FOMC)の委員長でもあります。

国の中央銀行が政策金利(中央銀行が民間の銀行に融資する時の金利)を上げる事です。低い金利で融資を続けていると、その分お金が回ってしまい通貨の価値が下がるインフラが起きてしまいます。それを防ぐために、金利を上げてお金を回りにくくする事が『利上げを行う』という事です。

アメリカが利上げを行うと、米ドル(USD)が買われる傾向があり市場参加者の注目度は非常に高いです。来月9月にも利上げをするかどうかを決めるFOMCは開催されるのですが、現状では利上げ観測は低いと予想されています。また、バランスシートの縮小も実施する可能性は高いのですが、織り込み済み(予想通りの結果)となり相場に大きく影響は与えないでしょう。

ではなぜ、ジャクソンホール会議の「イエレン議長の講演」に注目をするのか。それは、9月利上げもしくは12月利上げに関する発言をするのではないかという事です。利上げに関しての発言1つでも為替相場は反応します。

イエレン議長の発言でどう動く?まとめ
イエレン議長が9月または12月利上げに関して前向きな発言をした場合は米ドル(USD)が買われる可能性があり、USD/JPY相場でHighへと動く可能性が高いです。ですが、利上げ観測が更に低下するような発言、または何も触れないという事があればドルは売られ、Low方向へ動く可能性があります。

イエレン議長の発言は影響力は非常に高いです。そのため注目度もその分高くなります。以上のポイントを狙って取引をしてみてはどうでしょうか。

また、注目する箇所はイエレン議長だけでは無く、ユーロをまとめる中央銀行(ECB)のドラギ総裁にも注目です。先日の報道で「金融政策に関しての新しい発言は無い」と関係者からコメントがありましたが、もし量的緩和や資産購入プログラムなどの金融政策に関しての発言があればユーロ相場は大きく動くでしょう。

ドラギ総裁の発言は、25日28:00(26日午前4時頃)と言われています。久しぶりのジャクソンホール会議への出席という事もあり、こちらも注目度は非常に高いです。

取引するならここを狙う!

ジャクソンホール

8月24日から26日に開催されるジャクソンホール会議を狙って取引をするなら、「講演の前後」を狙って取引をすることがおすすめです。ジャクソンホール会議と平行して為替相場は動くため講演が行われる時間を狙って取引をする事が良いでしょう。

・イエレン議長の講演:25日23:00
・ドラギ総裁の発言:25日28:00

相場はHighまたはLowどちらか一方方向へ動く可能性が高いため、『短期取引』でコンスタントに取引をする方法が良いです。先日、勢いのある相場に沿って短期取引をした検証『30秒取引を狙うなら相場の勢いが大事!ハイローオーストラリアのキャンペーンを狙って検証』では、短時間で利益を大きく出す事ができています。

急な相場の動きを狙って取引をするのであれば、基本的に短期取引であるバイナリーオプションがおすすめで、特に『ハイローオーストラリア』が良いでしょう。最短30秒で結果の出るペイアウト2倍取引があるので、短時間で利益を出しやすいです。

ですが、さすがに深夜なので取引できないという方もいらっしゃるでしょう。そういった方は、8月28日(月)8:00頃も取引狙い目です。ジャクソンホール会議の開催自体が週末となっており、閉会は土曜日となるので基本的に金融市場はクローズしている所が多いです。そのため、週が明けた月曜日の午前も相場に動きがあるでしょう。

1年に1回の大きな経済イベントなので、ここを狙ってバイナリーオプション取引を始めてみてはいかがでしょうか?

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

投資額の2倍の金額を貰えるスプレッド取引が大人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で最大13,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら