バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

5月23日にイギリスで爆発テロが発生、しばらくユーロ安・円高傾向が強まるか

テレビやネットニュースなどでも話題に上げられていますが、またヨーロッパ(EU圏)でテロが発生しました。日本時間5月23日午前6時30分頃にイギリスのマンチェスター内のライブ会場を狙った爆発によるテロです。

同日にはEU離脱に関しての具体的な方針を含む「交渉指令」が採択され、6月19日以降に本格的に交渉が進み始めます。そのような事もあり、EU離脱反対派が起こした可能性もあるのかもしれません。具体的な動機などは分かっていませんが、どちらにせよイギリス、ユーロ圏内の国では引き続き警戒が必要です。

テロなどの事件などが起きると為替が動くって事をご存知ですか?テロなどの事件だけでは無く、トランプ氏のロシアへの軍事機密漏洩問題なども為替に大きく影響を与えました。そのような特定の国による問題が為替に与える影響を「地政学リスク」と言います。

今回はテロが起きた際の為替の動きや、地政学リスクに関して、今後のユーロ(EUR)、ポンド(GBP)などの動きをまとめました。

イギリス爆発テロによって為替は動いたのか

先程も言いましたが、テロなどの事件などが起きた場合には為替にも影響を与えます。では実際に5月23日に起きたイギリス爆発テロ時のEUR/JPY(ユーロ円)、GBP/JPY(ポンド円)の動きをチェックしてみましょう。

GBP/JPY(ポンド円)

ポンド円チャート

こちらがテロ発生後のGBP/JPY(ポンド円)相場です。こちらを見て頂くと分かるんですが、事件発生後はイギリスの通貨であるポンド(GBP)が売られて、日本円(JPY)を買う傾向があったため、このようにポンド安円高の動きをしています。

これはテロが起きた事でイギリスへの不安からポンドを売り、リスク回避として日本円(JPY)を買う動きが強まったというです。

EUR/JPY(ユーロ円)

ユーロ円チャート

こちらは、EUR/JPY(ユーロ円)相場です。こちらもポンド同様の動きをしています。イギリスで起きた事件ではありますが、イギリスが属するEU全体の不安へも高まります。その結果、このようにEUの通貨であるEUR(ユーロ)が売られて、リスク回避としてJPY(日本円)が買われる傾向です。

ポンド(GBP)、EUR(ユーロ)で見ましたが、これがアメリカで起きた際にも同様に日本円が買われる傾向があります。つまり他の国でこのような事件や、政策の不透明さなどが目立つ場合には『円高(バイナリーで言うとUSD/JPYなどでLowの方向)』に動く可能性が非常に高いです。

つまりは地政学リスク?

ポンド円チャート

地政学リスクとは:特定の地域、国などが抱える政治問題・軍事問題などの緊張度の高まりが、地理的な位置関係などによって、その特定の地域・国の経済が不透明となり、世界全体で先行きを不透明にするリスクのことを言います。

今回のイギリスの爆発テロも地政学リスクのひとつです。冒頭でも少し触れましたが、アメリカが軍事機密をロシアに対して漏洩したという報道があったのをご存知ですか?いわゆる『ロシアゲート』と呼ばれてる問題ですが、それも地政学リスクの1つです。

アメリカ経済への不透明感からドル(USD)は売られて、日本円の買いが進んだことでドル安円高傾向へとなりました。

ゆるやかにユーロ安・ポンド安が進み円高傾向になる?

今回のイギリス爆発テロにより、ユーロ安・ポンド安が進み円高へと動いています。何が起こるか分かりませんが、今後はヨーロッパ情勢には警戒が必要です。今回のように何か起きれば為替変動に大きく影響を与えます。

どちらにしても、しばらくは円高傾向になる可能性が高いと予想をしています。ヨーロッパのテロ問題、アメリカのロシアとの問題、北朝鮮のミサイル問題など今はリスク回避として日本円を買う動きが強くなってくるのではないでしょうか。

円高をバイナリーオプションで言うと、USD/JPYやEUR/JPY相場で『Low』の方向に動く事を言います。分かりやすい相場が出る可能性が高く、取引するなら今がチャンスです。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら