バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

7月FOMCでの為替への影響を予想!利上げは行わないが、発言次第では…

7月もそろそろ下旬に入ろうとしています。7月下旬には経済イベントとして、「米・FOMC政策金利発表」が控えています。前回の6月には利上げ、バランスシートの縮小の実施が決定となりました。それを踏まえた上で、今回の7月米・FOMC政策金利発表ではどうなるのでしょうか。

予想も含めて、現状の予想をまとめました。

前回6月FOMCの時は為替相場はどう動いた?

FOMC

7月25日(火)から26日(水)にかけて、米・FOMCが開催されます。簡単に説明をすると、FOMCとはアメリカが利上げをするかどうかを決めてる会合です。

利上げとは、、国の中央銀行が政策金利(中央銀行が民間の銀行に融資する時の金利)を上げる事です。低い金利で融資を続けていると、その分お金が回ってしまい通貨の価値が下がるインフラが起きてしまいます。それを防ぐために、金利を上げてお金を回りにくくする事が『利上げを行う』という事です。

金利を上げる事によって他国の通貨と金利差が生まれる事により、アメリカの通貨でもある米ドル(USD)が買われる要因の1つとなります。その逆で利上げをしなかった場合(特に利上げ示唆をした上でしなかった時)は米ドル(USD)が売られる原因の1つです。

前回の6月FOMC時には、米利上げ決定に加えて、バランスシートの縮小も決定しました。バランスシートの縮小とはFRBが保有する国債・債権の割合を減らす事です。つまり国債の買い入れはストップとなり、「長期国債の金利が上がる」事が見込まれます。つまりはドル高ですよね。

FOMC

前回6月のFOMC発表時のUSD/JPY(ドル円)の為替相場です。前回は、FOMC直前にCPI発表があり更に結果が非常に悪かった事からドル安円高(Lowの方向)へと向いています。

ですが、FOMCで追加で利上げの発表とバランスシートの縮小発表によりドル高円安(Highの方向)へと動いています。6月に関しては利上げした事により米ドル(USD)を買う動くが高まったと言えるでしょう。では、7月のFOMCではどうなるのでしょうか。

7月FOMCでは利上げの可能性はかなり低い?

次回7月25日(火)から26日(水)にかけて開催される米・FOMC政策金利発表では利上げの可能性はかなり低いとみられています。市場予想では、次の利上げはあっても「9月」遅くて「12月」には行うのではないかとの予想です。

FOMCの議長でもあるFRBイエレン議長は利上げに慎重となっており、2017年には残り1回しか利上げを行わない可能性が高いと見られています。その中でも、7月に行う可能性はかなり低いです。そのため、7月FOMCで利上げを行わない事を発表したとしても、相場には大きく影響を与えないと予想しています。

ですが、イエレン議長が下記に関して発言をした場合にはドル高円安(USD/JPYでHighの方向)へ動く可能性があるのではないかと考えています。

・9月FOMCでの利上げを示唆した場合
・バランスシートの縮小を9月ないし12月から行う事を発表した場合

以上の場合においては、為替相場の動きは活発になるでしょう。ここに注目して7月米・FOMCの発表を見ておきましょう。発表自体は、日本時間26日午前3時30分頃からイエレン議長の会見が行われます。その後、東京市場がオープンする午前8時頃からUSD/JPYなどのドルに関係する相場は動き始める事が多いです。

もちろんリアルタイムが1番為替相場に影響を与えるので、明け方ではありますが取引できる方は狙ってみてはいかがでしょうか。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら