バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

ウィリアムズ%Rを使ったバイナリーオプション必勝法を紹介!

バイナリーオプションを攻略する際に、チャート分析ツールで利用する「インジケーター」

その中の1つ、「ウィリアムズ%R(Williams Percent Range)」と言う物の使い方を紹介します。

難しい名前ですが非常にシンプル!

この攻略法を使う事で勝率アップ間違いなしです。無料で出来るので、是非!

ウィリアムズ%Rとは?

ウィリアムズ%R、名前が少し長いですね。フルネームは「ウィリアムズパーセントレンジ」です。

響きは難しそうですが、実際は線一本だけで分析する非常にシンプルな物。それなのに勝ちやすい。

ウィリアムズ画像

上記の画像はスマホ版MT4の画面です。下部の水色の線がウィリアムズ%Rです。

鋭い方はお気づきかと思いますが、上部の線(20)にタッチしたらチャートは下降。下部の線(80)にタッチしたらチャートは上昇。と言う非常にシンプルなものです。

それではMT4の利用方法・ウィリアムズの表示方法について説明します!

ウィリアムズ%Rを使う為に用意する物

今回利用したツール
・分析ツール「MT4」:MT4の使い方はこちら
・スマホ「MT4アプリ」:MT4アプリの使い方はこちら

今回使うツールは毎度のごとく「MT4」を使います!スマホでも利用可能なのでお好きな方で一緒に分析しましょう!

ウィリアムズ%Rの表示方法

パソコン版MT4、スマホ版MT4、それぞれ表示のさせ方を紹介します。

ウィリアムズ画像

PC版MT4では、①挿入②インディケータ③オシレーター④Williams Percent Rangeを選択してください。

ウィリアムズ画像

スマホ版では上記のように、「f」マークを押して、オシレーターの中より「Williams Percent Range」を選択してください。

ウィリアムズ%Rでの狙い目はココ

ウィリアムズ画像

・20%を超えたらLowでエントリー
・80%を超えたらHighでエントリー

するだけです。どうですか?シンプルでしょう。上記のチャートを見て貰うと分かるのですが、80%を超えた時にHighでエントリーしていれば勝てています。

まとめ
今回紹介ウィリアムズ%Rはシンプルで初心者にも扱いやすいのに、勝率がまるで変ってくる代物です。バイナリーやってる人もやってない人も、ウィリアムザーになってみてはいかがでしょうか?

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら