バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

雇用統計を狙って取引するなら相場の勢いを見るのが得策!ハイローで検証してみた。

今週は、4日(金)に米・雇用統計の発表があったりと為替相場は一段と動きを増しそうです。国の景況などを数値にして発表をする経済指標の中でも雇用統計はとても注目度が高い経済指標となっています。今回は雇用統計を狙って取引するためにも、発表時に似た相場を想定して取引検証を行ってみました。

雇用統計を狙って取引するにはここを狙え!

米・雇用統計はアメリカの雇用情勢を知るために非常に大事な経済指標です。詳細はこちら「米雇用統計とは」で解説しているんで良かったら参考にされてみてください。

その雇用統計は毎月第1金曜日に発表され、8月4日(金)21:30となっています。発表時の傾向としては、相場は大きく上下を繰り返す傾向にあり、売買が非常に多く行われている印象です。特にUSD/JPY(米ドル円)が1番影響を受けやすいのではないでしょうか。

では実際に発表時に近い相場を探して取引検証をおこなってみました。

相場の動きが大人しくなったらストップ!

相場を見ていくと、以下画像のチャートがありました。

ハイローオーストラリア取引画面画像

USD/JPY(ドル円)相場(1分足)ですが、雇用統計が発表された時はこのようにぐっと下がったり、上がったりする場合があります。そこで利用したのが、基本ともなる「ローソク足」と「RSI」です。

相場は大きく下落していますが、1,2分前から赤い陽線が表示されており上昇し始めている事が分かります。一時的にドルが売られて円が買われる傾向にあったものが、その動きを見て逆にドルを買う動きが高まった場合です。実際にこのような相場は良くあります。

RSIを見ても相場は25%以下まで下降した後に反転しようといていますね。RSIに関しては「ハイローオーストラリアで勝率100%に近づける取引方法!」こちらで解説をしているので参考にしてみてください。

ローソク足で陽線が出始めている事、RSIが25%以下まで下がっている事を鑑みて、下落は反転してHigh方向に動くと予想しました。

ハイローオーストラリア取引画面画像

今回取引検証に使うのは、ハイローオーストラリアの「ターボスプレッド取引」です。判定時刻(取引時間)は3分で投資金額は10,000円となっています。相場が大きく動く時は短期取引でコンスタントに取引する方が効率よく利益を出すことが可能です。

ハイローオーストラリア取引画面画像

取引結果は問題無く勝ちとなっています。少しだけ相場の上昇する力が弱く感じましたが、2回目の同じくHighで取引を行いましたが、結果はこちらです。

ハイローオーストラリア取引画面画像 ハイローオーストラリア取引画面画像

2回目は下降してしまい負けとなっています。2回目の取引で負けてしまった原因は一体なんでしょうか。その原因を考察してみました。

ハイローオーストラリア取引画面画像

こちらは2回目の取引時のチャートです。見て頂くと分かるように、チャートは上昇する力を失っています。大きな下落の後に大きく上昇する反転が起きると予想していましたが、2回目の取引時には伸びが無かった事が負けた原因です。

つまりは、相場が大きく下降する、または大きく上昇する勢いが無い時はむやみに取引をするのは控えた方が良い。勢いが無い時は様子見で。

特に雇用統計などの注目度が高い経済指標が発表されるタイミングは大きく相場が動くのでその波に乗って取引をする事が攻略方法です。波が強い時には乗って、波が弱い時には様子を見るという事を頭に入れて取引をしてみてください。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

ハイローオーストラリア体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:ハイローオーストラリア

ペイアウト率最大1.95倍まで上昇キャンペーンが延長!
最大で1.80倍から1.95倍までHighlow、Turbo取引で上昇!利益が出やすくなるのはもちろん、マイナスになった際もカバーできる!詳細はこちらからチェックしてみてください。

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら