バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

【2017年版】海外バイナリーオプションのゴールデンウィーク情報まとめ

4月も終わり、今年も5月の大型連休ゴールデンウィーク(GW)に入ります。今回は2017年版の海外バイナリーオプションのゴールデンウィーク中のサポート・取引面からGWに見られる為替の傾向を紹介です。

ではまずは、2017年のゴールデンウィーク中(4月29日~5月7日)のバイナリーオプション業者の営業スケジュールを見ていきましょう。

ゴールデンウィーク中はバイナリーオプションはできるの?

今年のゴールデンウィーク中の運営に関して事前に海外バイナリーオプション業者へ問い合わせをしてみました。結論から言うと、ゴールデンウィーク中であってもバイナリーオプション取引は可能です。(土日を除く)

ゴールデンウィーク中も取引ができる理由:為替を扱う投資のため、日本が祝日(5月3日~5日)で東京市場がクローズしたとしても世界の金融市場はオープンしているため通常通りに取引が可能です。ただし、土日に関しては世界中の金融市場がクローズしてしまうため、取引できる銘柄がかなり限られてしまいます。

では、ゴールデンウィーク中(4月29日~5月7日)の入出金などのサポート面に関してはどうなのでしょうか。業者別で簡単にまとめてみました。

業者別ゴールデンウィークの営業スケジュール

ハイローオーストラリア
クレジットカード入金:4/29(土)~5/7(日)まで通常通り可能
銀行振込:5/1(月)~5/2(火)正午まで通常通り可能

海外バイナリーオプション業者は通常通り営業しているのですが、注意点として土日祝は日本の銀行が休業となってしまうため、銀行振込で入金をする事ができません

そのため、祝日(5月3日~5日)の間に銀行振込での入金をしようと考えていた方は『クレジットカードで入金をする』か、『ゴールデンウィークに入る前に銀行振込をする』事をおすすめします。どちらにしても、ゴールデンウィーク中に取引を考えている方は、早めに入金した方がスムーズに取引が可能です。

また、ゴールデンウィーク期間中であっても出金申請はすることができます。ただ、先程も言ったように国内銀行が休業しているため自分の手元に着金するのは銀行の翌営業日となるため注意しておいてください。

以上の、『国内銀行の休業』などを念頭に入れた上で他のバイナリーオプション業者のスケジュールを見ていきましょう。

オプションビット
クレジットカード入金:4/29(土)~5/7(日)まで通常通り可能

オプションビットでも通常通りにクレジットカードから入金をすることが可能です。サポートも通常通りのようなので、出金対応もしてくれます。

ファイブスターズオプション
クレジットカード入金:4/29(土)~5/7(日)まで通常通り可能
銀行振込:4/29(土)~5/7(日)まで不可

ファイブスターズオプションに関しても通常通りにクレジットカードから入金する事が可能です。

ただし、ゴールデンウィーク期間中(4月29日~5月7日)には『銀行振込での入金』ができない事と、サポート対応を行ってないらしく『出金対応』『キャンペーンボーナスの付与』『問い合わせへの対応』などができないので、注意しておきましょう。

theoption
クレジットカード入金:4/29(土)~5/7(日)まで通常通り可能
銀行振込:5/1(月)~5/2(火)正午まで通常通り可能

theoptionに関しても通常通りにクレジットカードから入金する事が可能です。サポートも通常通りのようなので、出金対応もしてくれます。

このようになっています。共通している事はどの海外バイナリーオプション業者でも通常通りに土日祝日関係なくクレジットカードから入金をすることが可能です。

GWでスムーズにバイナリーオプションを始めるには
上記で紹介をした通りに、祝日であっても取引は通常通りに行う事ができます。ゴールデンウィークにスムーズに取引を始めるには国内の銀行が休業のため、『GWに入る前に入金をしておく』もしくは『クレジットカードから入金』をすることです。

以上がゴールデンウィーク中のバイナリーオプション業者の営業となります。銀行振込で入金がしたかったのにできない!と言った事にならないように準備はしておきましょう。

では次に、ゴールデンウィーク中の為替傾向と取引チャンスの紹介です。大型連休で休みだと言ってもとても重要な取引チャンスがGWには潜んでいます。

ゴールデンウィークに見られる為替の傾向とは?

ゴールデンウィーク中には為替にある傾向が見られます。それは、『USD/JPY(ドル円)相場で円高になる』という傾向です。それでは過去のドル円相場の変動を見てみましょう。

~ GWの円高、過去5年まとめ ~
●2012年
GW前からGW前半にかけて5営業日で最大2.1円の円高
(4月25日81.7円 → 5月1日79.6円)

●2013年
GW前半の4営業日で最大2.4円の円高
(4月26日99.4円 → 5月1日97.0円)

●2014年
GW後半の3営業日で最大1.5円の円高
(5月2日103.0円 → 5月6日101.5円)

●2015年
GW後半の3営業日で最大1.5円の円高
(5月5日120.5円 → 5月7日119.0円)

●2016年
GW前半の3営業日で最大1.5円の円高
(4月29日108.1円 → 5月3日106.6円)

毎年の傾向ではありますが、ゴールデンウィークに入る直前から円高になる傾向があります。では実際に2016年のドル円相場を見てみましょう。

2016年ゴールデンウィークUSD/JPY相場

こちらが実際に2016年ゴールデンウィークに入った直後のドル円(USD/JPY)相場です。このように円高に動く理由としては、トレーダーは連休に入る前に持っているポジションを売る傾向がありますが、それと同様で日本国内のトレーダーがポジションを売り日本円買いに動いている可能性もあります。

そのため、2017年のゴールデンウィークでも同様の傾向がドル円相場(USD/JPY)では見られるのではないでしょうか。

ゴールデンウィーク中に注目している為替相場はこの傾向だけではありません。為替が大きく変動する可能性の高い経済指標の発表があります。

ゴールデンウィーク中に発表される注目経済指標

今年のゴールデンウィーク中には注目されるイベント(経済指標)があります。それは、『米FOMC政策金利発表』と『米・雇用統計』です。それぞれの特徴を簡単に説明しましょう。

5月3日(水)『米FOMC政策金利発表』

米FOMC政策金利発表:米FOMCとは、アメリカが金利を上げる『米利上げ』を行うかどうかを発表するイベントです。利上げが行われればアメリカの金利が上がるため、米高となる可能性が高くなります。ちなみに前回の3月FOMC時には利上げを決定しており、今年中に3回予定している内の1回目の実施です。

米利上げは世界中の投資家が注目しているイベントですが、それが日本時間5月3日(水)~4日(木)にかけて行われます。このFOMCは『市場予想』と『実際の結果』の違いが大きければ大きいほど為替が動きやすいです。

次回のFOMCで利上げを行う可能性が高いと予想されていたが、結果は据え置きだった場合などは急激にドル安円高傾向になることもあります。前回(3月)の結果と為替変動を『FOMC3月米利上げ決定。利上げペースは変更なし、ドル安円高へ。』こちらにまとめているので参考にしてみてください。

そしてもう1つが『米・雇用統計』です。

5月5日(金)『米・雇用統計』

米・雇用統計:アメリカの経済を知るためには1番重要と言っても過言ではありません。約10項目からなる経済指標で特に『非農業部門雇用者数』と『失業率』が重視されています。発表された数値によりドル高・ドル安が分かりやすく動く注目度の高い経済指標です。

こちらの『米・雇用統計』は当サイトでも度々紹介している経済指標です。アメリカの雇用情勢がひと目で分かり、経済が良くなっているかどうかを判断する基準にできます。詳しくは『米雇用統計とは』こちらを参考してください。

『米・雇用統計』の発表は日本時間5月5日(金)21:30です。米ドル(USD)が売られれば低リスク通貨とされている日本円(JPY)が買われる事が多いので、USD/JPY(ドル円)に注目しておくと良いでしょう。

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +23,580円 【現在検証中!】
現在の勝敗 47勝24敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 0円
現在の勝敗 0勝0敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在オープン記念で10,000円キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトはこちら

5位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら

6位:スマートオプション

SmartOption(スマートオプション)
現在の損益 +480,294円
現在の勝敗 1611勝970敗(iフォロー)

スマートオプションはファイブスターズオプション同様に自動取引ツールがあります。海外バイナリーオプション業者の中では老舗の業者です。

始める前にこちら

7位:Yバイナリー

Ybinary(Yバイナリー)
現在の損益 +22,600円
現在の勝敗 43勝35敗

Yバイナリーはペイアウト2倍取引のある海外バイナリーオプション業者です。ただ、最低入金額が2万円と他社と比べると高いため、低資金から始めたい方や初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

始める前にこちら