バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

【2018年版】海外バイナリーオプションのゴールデンウィーク営業情報&取引チャンス情報!

4月も終わり、今年も5月の大型連休ゴールデンウィーク(GW)に入ります。

今回は2018年版の海外バイナリーオプションのゴールデンウィーク中のサポート・取引面からGWに見られる為替の傾向を紹介です。

ではまずは、2018年のゴールデンウィーク中(4月28日~5月6日)のバイナリーオプション業者の営業スケジュールを見ていきましょう。

ゴールデンウィーク中はバイナリーオプションはできるの?

今年のゴールデンウィーク中の運営に関して事前に海外バイナリーオプション業者へ問い合わせをしてみました。結論から言うと、ゴールデンウィーク中であってもバイナリーオプション取引は可能です。(土日を除く)

ゴールデンウィーク中も取引ができる理由:為替を扱う投資のため、日本が祝日(5月3日~5日)で東京市場がクローズしたとしても世界の金融市場はオープンしているため通常通りに取引が可能です。ただし、土日に関しては世界中の金融市場がクローズしてしまうため、取引できる銘柄がかなり限られてしまいます。

では、ゴールデンウィーク中(4月29日~5月7日)の入出金などのサポート面に関してはどうなのでしょうか。業者別で簡単にまとめてみました。

業者別ゴールデンウィークの営業スケジュール

海外バイナリーオプション業者は通常通り営業しているのですが、注意点として土日祝は日本の銀行が休業となってしまうため、銀行振込で入金をする事ができません

そのため、祝日(5月3日~5日)の間に銀行振込での入金をしようと考えていた方は『クレジットカードで入金をする』か、『ゴールデンウィークに入る前に銀行振込をする』事をおすすめします。どちらにしても、ゴールデンウィーク中に取引を考えている方は、早めに入金した方がスムーズに取引が可能です。

また、ゴールデンウィーク期間中であっても出金申請はすることができます。ただ、先程も言ったように国内銀行が休業しているため自分の手元に着金するのは銀行の翌営業日となるため注意しておいてください。

以上の、『国内銀行の休業』などを念頭に入れた上で他のバイナリーオプション業者のスケジュールを見ていきましょう。

ハイローオーストラリア

サポート対応:通常通り可能(土日を除く)
取引可能時間:通常通り可能(土日を除く)
クレジットカード入金:24時間いつでも入金可能
銀行振込入金:銀行営業中のみ可能
出金:銀行営業中のみ可能

5月1日(火)~2日(水)は平日の為、ほとんどの銀行は15時までなど営業していますが、この日に入金しても反映されるのは次の週になります。

ですので、ゴールデンウィーク前に早めに振り込んでおくか、最速で口座に反映されるクレジットカードの利用をオススメします。

ザオプション

サポート対応:通常通り可能(土日を除く)
取引可能時間:5月1日(火)~2日(水)は通常通り可能。
4月30日(月)、5月3日(木)~4日(金)は日本円ペアが不可。
クレジットカード入金:24時間いつでも入金可能
銀行振込入金:銀行営業中のみ可能
出金:4月30日、5月1日、5月2日のみ 可能

ザオプション(theoption)は少し特殊となっており、4月30日と5月3日~4日は日本円ペアでの取引が出来ません。(ドル円など)

しかしユーロドルやポンドドルなど、他にも多数のペアがありますのでそれらなら可能です!

ファイブスターズマーケッツ

サポート対応:4月28日(土)~5月6(日)はお休み
取引可能時間:通常通り可能(土日を除く)
クレジットカード入金:24時間いつでも入金可能
銀行振込入金:銀行営業中のみ可能
出金:4月28日(土)~5月6(日)はお休み

ファイブスターズマーケッツに関しても通常通りにクレジットカードから入金する事が可能です。

5月1日(火)~2日(水)は平日の為、ほとんどの銀行は15時までなど営業していますが、この日に入金しても反映されるのは次の週になります。

ですので、ゴールデンウィーク前に早めに振り込んでおくか、最速で口座に反映されるクレジットカードの利用をオススメします。

トレード200

サポート対応:通常通り可能(土日を除く)
取引可能時間:通常通り可能(土日を除く)
クレジットカード入金:24時間いつでも入金可能
銀行振込入金:銀行営業中のみ可能
出金:申請は可能。振込はGW明け

トレード200に関しても通常通りにクレジットカードから入金する事が可能です。

5月1日(火)~2日(水)は平日の為、ほとんどの銀行は15時までなど営業していますが、この日に入金しても反映されるのは次の週になります。

ですので、ゴールデンウィーク前に早めに振り込んでおくか、最速で口座に反映されるクレジットカードの利用をオススメします。

ソニックオプション

サポート対応:通常通り可能(土日を除く)
取引可能時間:通常通り可能(土日を除く)
クレジットカード入金:24時間いつでも入金可能
銀行振込入金:銀行営業中のみ可能
出金:申請は可能。振込はGW明け

ソニックオプションに関しても通常通りにクレジットカードから入金する事が可能です。

5月1日(火)~2日(水)は平日の為、ほとんどの銀行は15時までなど営業していますが、この日に入金しても反映されるのは次の週になります。

ですので、ゴールデンウィーク前に早めに振り込んでおくか、最速で口座に反映されるクレジットカードの利用をオススメします。

オプションビット

オプションビットはGWもサポート、入出金、取引全て通常通り可能です!

GWでスムーズにバイナリーオプションを始めるには
上記で紹介をした通りに、祝日であっても取引は通常通りに行う事ができます。ゴールデンウィークにスムーズに取引を始めるには国内の銀行が休業のため、『GWに入る前に入金をしておく』もしくは『クレジットカードから入金』をすることです。

以上がゴールデンウィーク中のバイナリーオプション業者の営業となります。銀行振込で入金がしたかったのにできない!と言った事にならないように準備はしておきましょう。

では次に、ゴールデンウィーク中の取引チャンスの紹介です。大型連休で休みだと言ってもとても重要な取引チャンスがGWには潜んでいます。

ゴールデンウィーク中に発表される注目経済指標

今年のゴールデンウィーク中には注目されるイベント(経済指標)があります。それは、『米FOMC政策金利発表』と『米・雇用統計』です。それぞれの特徴を簡単に説明しましょう。

5月3日(木)『米FOMC政策金利発表』

米FOMC政策金利発表:米FOMCとは、アメリカが金利を上げる『米利上げ』を行うかどうかを発表するイベントです。利上げが行われればアメリカの金利が上がるため、米高となる可能性が高くなります。ちなみに前回の3月FOMC時には利上げを決定しており、今年中に3回予定している内の1回目の実施です。

『米・FOMC』の発表は日本時間5月3日(木)3:00です。

そしてもう1つが『米・雇用統計』です。

5月3日(木)『米・雇用統計』

米・雇用統計:アメリカの経済を知るためには1番重要と言っても過言ではありません。約10項目からなる経済指標で特に『非農業部門雇用者数』と『失業率』が重視されています。発表された数値によりドル高・ドル安が分かりやすく動く注目度の高い経済指標です。

こちらの『米・雇用統計』は当サイトでも度々紹介している経済指標です。アメリカの雇用情勢がひと目で分かり、経済が良くなっているかどうかを判断する基準にできます。詳しくは『米雇用統計とは』こちらを参考してください。

『米・雇用統計』の発表は日本時間5月3日(木)21:30です。米ドル(USD)が売られれば低リスク通貨とされている日本円(JPY)が買われる事が多いので、USD/JPY(ドル円)に注目しておくと良いでしょう。

その他にもたくさん取引チャンスあり!
上記で紹介をした経済指標のほか、GWはここぞとばかりに取引チャンスがあります。[5月1日~]ゴールデンウィーク稼がなくていつ稼ぐ?取引チャンスしかない今週の狙い目!にて解説しているので是非ご覧ください。

ゴールデンウィーク中におすすめの取引は?

ゴールデンウィーク期間中に投資をしよう考えている方の中には、いろんな方がいらっしゃると思います。そこで、ここからはタイプ別におすすめの取引方法を紹介しましょう。自分に合った投資方法を探してみて下さい。

時間がある人は高ペイアウト率取引

時間がある方は、高ペイアウト率の取引をすることをおすすめします。時間がある分、しっかりと為替の動きを分析、予想することができるため高ペイアウト率の取引であってもコンスタントに勝てるのではないでしょうか。

高ペイアウト率の取引の場合には『ハイローオーストラリア』で始める事をおすすめします。ペイアウト率2.0倍の取引『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』があり、最短30秒で投資金額を2倍にできる取引です。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

自分で取引をする必要が無い自動取引

ゴールデンウィーク期間中は旅行にでかけたり、県外に遠出をしたりと忙しい方も多いのではないでしょうか。

そういう方には、自分で取引をする必要が無い『自動取引』を試してみてはいかがでしょうか。

人気の海外バイナリーオプション業者『オプションビット(Optionbit)』の『フォロートレード』では他のトレーダーをフォローするだけで同じ取引を自分にもコピーして反映してくれます。

そのため他力で利益を出すことも可能です。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

オプションビット
1週間待たずに出金が完了することを確認済み!勝率70%を誇るアルゴビットが使え、1万円から取引が始められます! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトへ

海外FXでポジションを持っておく

これまでバイナリーオプションに関して解説をしていきましたが、「自分で取引する時間も無いし、他の人に取引を任せるのもちょっと気が引ける。」という方は海外FXという選択肢もあります。

先程『ゴールデンウィーク中に発表される注目経済指標』ここの項目でも解説をした、経済指標の発表などを狙って予めポジションをとっておくという方法です。

FXではバイナリーオプションのようにリアルタイムで取引をする必要も無く、予めポジションをとっておいて連休明けにポジションを売却するという投資もできます。海外FXに関しては『まずはここから!海外FXを選ぶメリットと人気の高いおすすめの業者一覧』こちらを参考にしてみてください。

海外FXが初めての方は、まずは『XM(エックスエム)』を選んでみてはいかがでしょうか。最低入金額が低く、レバレッジも高いため低投資からFXを始める事ができます。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

XM(エックスエム)
業界トップの最大レバレッジ888倍を誇る海外FX業者。最小スプレッド0pips~、最低入金額500円などのメリット多数あり! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトへ

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +139,875円 【現在検証中!】
現在の勝敗 193勝92敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら