バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

2月13日▶24日にかけて投資のチャンス!?
為替が大きく動く「米利上げ」に関しての情報が出てくる!変動が起きる時はバイナリーオプションのチャンス!
為替予想と攻略:2月13日▶2月24日にかけての為替相場を予想。注目は”イエレン””FOMC”?

ついつい真似したくなるエンベロープを使った逆張りのやり方

聞きなれないエンベロープについてまず知ろう!

エンベロープってなに?

エンベロープは移動平均線の一種で、一定の割合で上下に乖離(かいり ※1)させたテクニカル指標のことです。簡単に書くと、値が平均値からどの程度離れたかを見るために利用するテクニカル指標です。見方はボリンジャーバンドと同じく、エンベロープにタッチすると反転しやすく、トレンドが強いとエンベロープに沿ってローソク足が動く。
※1 乖離(かいり)とは、本来は密接に関係しているか、またはそう在るべき2つの存在・事象・概念・数値が、離れ離れになっていること、またはその状態を指すことです。

エンベロープとボリンジャーバンドの違い

平均値からの密接関係という点では「ボリンジャーバンド」と似ています。しかし、ボリンジャーバンドの場合、値の変動が大きくなると上下の線の幅が広がり、変動が小さくなると幅が縮まったりと、相場の変動に影響を受けて動きを見せますが、エンベロープにはそれがありません。エンベロープは、平均値を中心に平行して動く線が引かれることになります。

エンベロープとボリンジャーバンドの違いを比較する画像

エンベロープ使ったバイナリーオプションの攻略

エンベロープは、値が移動平均線に近づくという傾向から、上昇トレンド、下降トレンドの反転ポイントを見つけるために用いられることが多く、購入タイミングを計るために使用するのが一般的です。

ローソク足とエンベロープの見方

ローソク足(値)が上のラインを超える、または接近していれば「買われすぎ」となり反転の可能性が高くなります。反対に、ローソク足(値)が下のラインを超える、または接近していれば「売られすぎ」になり上昇トレンドへ反転する可能性が高くなります。

ローソク足とエンベロープの見方の画像

チケット購入のポイント

エンベロープを利用する場合で一番有効なのはトレンドの反転を狙う逆張りです。

肝心な設定は15分足のローソク足がエンベロープの上下のラインの間に9割ほど収まるように、エンベロープの%(偏差)を設定します。偏差0・34前後が9割になる頃合数値です。

ローソク足の下ヒゲが、エンベロープの下のラインを超えたところがサインです。反対に、ローソク足の上ヒゲが上のラインを超えればサインになります。このサインを合図になるべく安いところ、高いところで購入しましょう。

また、値が予想どおりの動きを見せない場合や、現状のトレンドを維持している場合は、少し間を空けてさらにチケットを購入します。損失を抑えるためにも再購入は2~3回が限度です。時間は20分~30分ほど空けて様子を見て購入するか検討しましょう。もし1回目に購入したレートまで値が動きそうな場合は、チケットを再購入する必要はありません。

より精度の高い確実な予想を心掛けるための設定

上では15分足のローソク足でエンベロープを表示する設定方法を書きましたが、この表示を1時間足にすることで、より確実性が高くなります。これは、ローソク足の時間を15分から1時間へ長くすることでエンベロープに表示されているデータにより近づくためです。

注意:その代わり、チケットを購入するサインとなるローソク足のヒゲがエンベロープを突き抜けることが少なくなるので、それだけ取引できる回数も減ってしまうので注意して下さい。

エンベロープを使うときのポイントと業者選び

大切なのは設定

肝心なのはエンベロープの設定です。表示している時間毎のローソク足の約9割がエンベロープの上下のラインに納まるように設定するのが一番のポイントです。

この設定さえできれば、あとはエンベロープの上下のラインをローソク足が突き抜けるのを待って、チケットを購入しましょう。

この設定さえ簡単にできるようになれば、エンベロープをいつでも利用できるようになります。その他のテクニカルツールを複合すれば、更に精度の高い予想をすることが可能となるでしょう。

業者選び

この手法を使う場合の業者選びは、買い増しをする場合のことを考えて取引時間に気をつけましょう。

買い増しをする際は、1回目の購入から20~30分は時間を置く必要があります。なので、取引時間が1時間以上のものが用意されていて、終了時刻を自分で選べるタイプが一番理想的です。

トレードラッシュのオプションビルダーなら、45~180分以内であれば自分で終了時間を設定できるので、この条件に当てはまるので特におすすめです。

この記事のカテゴリ:テクニカル

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,582,286円 【現在検証中!】
現在の勝敗 105勝30敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:オプションビット

オプションビット(OptionBit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

オプションビットには独自の予想シグナルツール「Algobit」があります!為替の予想をしてくれるツールで、実際に検証した結果、勝率70%を記録!取引に不安のある方は、アルゴビットを使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズオプション

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +12,780円 【現在検証中!】
現在の勝敗 43勝22敗

自動取引『オートトレード』で他のトレーダーと同じ取引を自動でしてくれる機能が人気の業者です。また、100円から投資ができるためリスクに不安がある方でも安心して取引可能。

公式サイトはこちら

4位:anyoption

anyoption(エニーオプション)
現在の損益 +12,870円
現在の勝敗 4勝0敗

anyoptionには他の業者には無い「バブルス取引」があります。ペイアウト率、判定時間、判定レートなど自由自在!勝率90%以上も夢じゃない新しいバイナリーオプション取引です!

公式サイトはこちら

5位:スマートオプション

SmartOption(スマートオプション)
現在の損益 +480,294円
現在の勝敗 1611勝970敗(iフォロー)

スマートオプションはファイブスターズオプション同様に自動取引ツールがあります。海外バイナリーオプション業者の中では老舗の業者です。

始める前にこちら

6位:Yバイナリー

Ybinary(Yバイナリー)
現在の損益 +22,600円
現在の勝敗 43勝35敗

Yバイナリーはペイアウト2倍取引のある海外バイナリーオプション業者です。ただ、最低入金額が2万円と他社と比べると高いため、低資金から始めたい方や初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

始める前にこちら