バイナリーを始める前に徹底比較!

ハイローオーストラリアのココが凄い ハイローはスマホに完全対応! ハイローで無料口座開設してみる!
注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

ゴトー日の仲値を狙ったバイナリーオプション取引は相場を予想しやすいから勝てる!

この記事のまとめ
  • 5の倍数は相場が熱い!
  • ・ゴトー日の”仲値”を狙うのがポイント!

為替相場の攻略法として「ゴトー日(ゴトウ日/五十日)の仲値で取引」と言う物があります。

ゴトー日と言うのは主に「5」と「0」が付く日を意味します。5日、10日、15日、20日、25日、月末の6日間を指しますね。

その日の朝に取引する事で相場の予想がしやすく普段より高い確率で勝つ事が可能です!

ゴトー日?仲値? 分からなくても大丈夫です。1つずつ説明していくので是非ご覧ください。

ゴトー日の取引をやる前に覚えておく事

ゴトー日のカレンダー

冒頭でお伝えした通りゴトー日は5日、10日、15日、20日、25日、月末の6日間です(土日祝を除く)。

ざっくり説明すると、企業は取引や入金の締め日、給料日などをゴトー日に設定している事がほとんどです。

なので、日本の外資系企業や輸出関連企業などは、外貨を日本円に両替します。

それで9時55分まで円安になる傾向にあり、相場を予想しやすく取引しやすいと言う事です。

なぜ9時55分まで円安になるかと言うと、その時間に銀行が仲値を設定するからです。

仲値とは?

銀行が仲値を設定する。とお伝えしましたが、銀行は窓口業務の為、リアルタイムで変動する為替のレートに対応できません。

その為、毎日9時55分のレートを基準にその日のレートを決定します。これが仲値です。

銀行側は1日中、その日の朝に決定した仲値で取引しなければなりません。

銀行側が利益を最大化する為には、レートが決まる前により安い価格でドルを仕込んでおきたい。

そこで銀行は9時55分よりも前に大量にドルを買い、それで円安になるわけですね。

それでは実際にチャートを見てみましょう!

ゴトー日をバイナリーオプションで狙うポイントは2つ!

ゴトー日のチャート

上記の画像は7月20日(金)のUSD/JPY、朝の1分足です。

9時台前半から後半にかけて円安(上昇トレンド)に動いていますね。その後、9時55分に一気に円高方向に動いています。

この事から、ゴトー日を狙うポイントは2つある事が分かります。

上昇トレンドであれば9時台前半からHighで順張りでエントリー
55分に下降すると予測して、9時52~53分ごろから3分取引などでLowの逆張りエントリー

ただ、ゴトー日を狙う取引での注意点がいくつかあります。

ゴトー日を狙う際の注意点

バイナリーオプション取引の際に意識する事で非常に強い指標となるゴトー日ですが、いくつか気をつけなければいけない点があります。

ゴトー日が土日になる場合

為替相場は土日は動いていない為、ゴトー日の前の金曜日や次の月曜日に分散してドルが買われる為、ゴトー日としての動きが弱くなる傾向にあります。

その場合にゴトー日を狙って取引するのは危険なので避けましょう。

9時台でも下降トレンドが続く場合

USD/JPYチャートが9時台になっても下降トレンド(円高)が続いている場合、銀行のドル買いが行われたとしても少し持ち直す程度で止まる場合があります。

なので、9時台に上昇トレンドにある場合のみ取引した方が良いですね。

まとめ
ゴトー日での取引を狙うオススメの業者は、様々な時間設定が可能でペイアウト率2倍のハイローオーストラリアがオススメです。口座開設方法はハイローオーストラリアの口座開設方法を紹介!をご覧ください。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
ペイアウト2倍取引があり、翌日出金も可能!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

\ 取引を始めるまでの簡単3ステップ /

この記事のカテゴリ:お役立ちコンテンツ

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

投資額の2倍の金額を貰えるスプレッド取引が大人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で最大10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら