HLバンド

投稿日:2013/09/06
このページのメニュー
概要 HバンドとLバンドについて

概要

読み方:えいちえるばんど

英語:HL Bands

HLバンドの説明図

HLバンドとは、アメリカのリチャード・ドンチャンが考案した、「ハイローバンド」や「ドンチャン・チャネル」とも呼ばれるトレンド系のテクニカル指標です。

直近n日の高値の線、安値の線、高値と安値の中心に引いた線の3本の線で表され(n:任意の日数・・・10、20)、高値に線を引いたものをHバンド、安値に線を引いたものをLバンド、中央の線を中間線と言います。

日数は基本的に20日がよく利用され、20日間ごとの高値、安値が一目で見れる指標となります。

相場がHバンドを越えると、上昇トレンドから下降トレンドへ、逆に相場がLバンドより下がると、下降トレンドから上昇トレンドへの転換点となります。

HバンドとLバンドについて

Hバンドは、直近n日(n:一般的に20日間)での高値に線を引いたもので、中間線の上にある線のことです。

Lバンドは、直近n日(n:一般的に20日間)での安値に線を引いたもので、中間線の下にある線のことです。

この記事のカテゴリ:用語集

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

人気No.1

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

ザオプション(theoption)

theoption(ザ・オプション)

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメしています。分析ツールあり。

公式サイトはこちら

トレード200

トレード200(TRADE200)

ペイアウト率2倍固定のRETURN200取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!経済指標カレンダーで取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められるので初心者から上級者まで広い範囲でオススメしています。

公式サイトはこちら