バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

米・小売売上高でドル/円相場(USD/JPY)を簡単攻略!狙い所はコレだ!

米・小売売上高というのはアメリカの重要な『経済指標』の一つです。

『経済指標』とは、世界各国の政府・公的機関が発表する経済の状況を構成する要因を数値化したもので、発表時に相場の変動が大きくあらわれる傾向にあります。と言った難しい事はさておき、経済指標を利用したバイナリーオプション取引の攻略法を紹介します!

簡単に説明すると、指標の発表直後は短時間で値が大きく動きやすい為、そこでバイナリーオプションの魅力でもある短期取引(30秒~5分)を行えば、短時間で大きく利益を出す事も可能です。

このページではアメリカの小売売上高を狙ったバイナリーオプション取引の方法について説明します。

米・小売売上高とは?

米・小売売上高とは、米国商務省経済分析局がスーパーなどでの小売からサービス業などの月間売上高を調査して数値にしている経済指標です。前月比との数値が発表となります。

発表時期は毎月13日前後(11~15日)です。

今回の発表日時

発表日時は1月12日(金)22:30(日本時間)です。

今週は「米・小売売上高」との同時刻発表なので相場が大きく動く可能性が高く大チャンスです!

発表された時はこう動く!

発表される数値は0%を基準で前月比と比較して上がっていれば0%→1%方向に、下がっていれば0%→-1%方向に動いている事になります。

注目するポイントは、発表された数値が前回の数値・予想数値よりも高くなっているかどうかです。もちろん数値が高い方がアメリカの景況が良くなっているという事になります。

つまりは、発表値が予想値『0.4』より高ければHigh方向へ動く傾向があり、その逆で予想値より大幅に下回るような事があればLow方向へ動く可能性が高いという事です。

予想結果変動幅
12月0.30.8+0.4pips
1月0.4

前回の発表時(12月14日 日本時間22:30)のチャート!

赤い部分が発表直後の相場になります。12月は予想値『0.3』に対し、発表値が『0.8』かなり高くなった為、大きくHighに動いています。これは11月末にアメリカで行われた『ブラックフライデー』と言うバーゲンセールの影響です。

このように発表値が予想値より高いと分かった瞬間に30秒取引でHighでエントリーすれば勝てた相場です。

米・小売売上高を狙うならこれだ!

先程も言ったように米・小売売上高の指標は先月の結果と比べるよりも、予想値と比べて上か下かで為替が動く傾向にあります。

おすすめの取引方法

短時間で値が大きく変動する可能性が高いので「ハイローオーストラリア」にもあるペイアウト2倍のターボスプレッド取引、取引時間は30秒、取引通貨はドル/円(USD/JPY)の画面にして発表直後を狙って取引すると短時間で利益を得られる可能性が1番高くおすすめです。

こちらはハイローオーストラリアの取引画面です。画像内で説明している通り、基本的には相場が動いている方向に沿って取引をする『順張り』が効果的となります。

更に、以下の事にも気をつけると一度の発表だけでも取引機会が多くなり、利益を得るチャンスが増えます。

一気に相場が動いた後は大きく反転する可能性が高いため、RSIなどのテクニカルを使ってトレンドの転換点を見つけて取引をすると勝率がグンと上がるでしょう。トレンドの転換を狙って取引をするには『ハイローオーストラリアの「ターボ取引30秒」をRSIで簡単攻略!』こちらの記事で紹介、検証しているので参考にしてみてください。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
ペイアウト2倍取引があり、翌日出金も可能!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

\ 取引を始めるまでの簡単3ステップ /

ファンダメンタル体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:ファンダメンタル

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:オプションビット

オプションビット(optionbit)
現在の損益 +309,670円 【現在検証中!】
現在の勝敗 291勝118敗14分

相場の動きを予想してくれるシグナルツール『アルゴビット』が人気の業者です。さらに自動取引『フォロートレード』で勝率が高いトレーダーに取引を任せる事も!

公式サイトはこちら

6位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら