ケルトナーチャネルを使ったバイナリーオプション攻略法

投稿日:2013/09/03 更新日:2013/09/02

ケルトナーチャネルってなに?

「ケルトナーチャネル」はトレンド系のテクニカル指標です。1本の移動平均線と、それを挟む上下2本の補助線、この3本で構成されており、上下の線が帯状(バンド状)に平行して表示されます。この上と下の線に包まれた部分の領域(チャネル)を判断材料として使います。

ローソク足の上下と中心にバンド(帯状の補助線)を表示する点がボリンジャーバンドに似ていますが、使い方はかなり異なります。ケルトナーチャネルの使い方は、「③初心者でもわかるケルトナーチャネルの簡単な使い方」で説明します。

◎ケルトナーチャネルの歴史
ケルトナーチャネルは、シカゴの穀物トレーダーであった Chester W. Keltner 氏が1960年代初頭に書いた『How To Make Money In Commodities』の中で紹介されたテクニカル指標です。

3本の線「基本線、アッパーバンド、ローワーバンド」を理解しよう

3本の線の名前と場所を覚えよう

中央の線 ⇒ 基本線(中間線)
上部の線 ⇒ アッパーバンド
下部の線 ⇒ ローワーバンド

ケルトナーチャネルの3つの指標の名前の画像

計算式について

ケルトナーチャネルは、取得したい平均日数(n日間)を設定することができます。基本的には、10日間の平均を表示させて利用しますが、併用するテクニカル指標やローソク足の種類で日数を調整します。

各線の計算方法は以下のとおりです。

【計算法】

 平均値 =(高値+安値+終値)÷ 3
 バンド幅(移動平均値) = 移動平均(高値 - 安値)のn日間の平均
─────────────────────────────────────
 基本線 = 平均値のN日間単純移動平均
 アッパーバンド = 基本線 + バンド幅(移動平均値)
 ローワーバンド = 基本線 - バンド幅(移動平均値)

この計算式が意味するものは、ある期間(指定したn日間)のレートの値動きの平均的な値幅帯を過去の値幅の移動平均から算出したものが「ケルトナーチャネル」というわけです。

初心者でもわかるケルトナーチャネルの簡単な使い方

どうやって使うの?

値(ローソク足)の動きが、上下のラインのアッパーバンドとローワーバンドの間に収まるように表示させます。基本的に、値動きはこのチャネル内(上下のバンド領域内)を推移します。このチャネルから値が飛び出したときに、今後値がどう動くか予想していくのが基本的な使い方です。

上下のバンドにローソク足が収まっている画像

上昇トレンドと下降トレンドの見極め方

アッパーバンドを値が上抜けした場合は、強い上昇トレンドが発生していると判断、反対にローワーバンドを値が下抜けした場合は、強い下降トレンドが発生していると判断できます。

上下のバンドを突き抜けている画像

ケルトナーチャネルで狙う3つ買い時パターン

まずは、予想する前にケルトナーチャネルの傾きでトレンドを判断しておきます。

ケルトナーチャネルの傾きから上昇・下降トレンドを判断する画像

真ん中の基本線を超えたときは順張りを狙う

傾きがありトレンドがある場合に、レートが上下のバンド付近から基本線を超えたときは順張りで買うのがおすすめです。平均となる基本線を超えたということは、その流れのまま反対バンドへとレートが伸びる可能性が高いからです。

ケルトナーチャネルで下降トレンドだと判断できる画像

傾きから上昇トレンドだと判断できる場合、現行レートがアッパーバンド付近から基本線へと上から下に抜けたら、このまま「下がる」と予想。反対に、傾きから下降トレンドだと判断できる場合、ローワーバンド付近から基本線へと下から上に抜けたら「上がる」と予想。

チャネルの中を横ばいで移動しているときは逆張り狙い

傾きがなくトレンドがない場合に、レートがチャネル内を横ばいに移動しているときは、上下のバンド付近で逆張りを狙うのがおすすめです。これは、レンジ相場ではレートが波を描くように動く特徴があるからです。トレンドがないので、上下のバンドへ近づいても突き抜けるだけの勢いはないので、波を描くように反転する可能性が高いからです。

ケルトナーチャネルで傾きがなくトレンドがない画像

傾きからトレンドがないと判断できる場合、現行レートがアッパーバンドを超えずに横ばいに移動しているときは、「下がる」と予想。反対にローワーバンドを超えずに横ばいに移動しているときは、「上がる」と予想。

上下のバンド越えで順張り狙い

傾きからトレンドが判断できる場合、その上昇・下降トレンドに応じて上下のバンドを超えたら順張りを狙うのがおすすめです。これは、そのトレンドが過去数日間の平均値よりも上回っている、または下回って値動きしているということなので、それだけ強いトレンドと判断できるからです。

ケルトナーチャネルで上昇トレンドが確認できる画像

傾きから上昇トレンドだと判断できる場合、現行レートがアッパーバンドを超えたら、更に「上がる」と予想。反対に、傾きから下降トレンドだと判断できる場合、現行レートがローワーバンドを超えたら、更に「下がる」と予想。

ケルトナーチャネルは、トレンドの強弱だけでなく、トレンドの方向性や継続、転換、加速、収束といったことまで判断できる魅力的なテクニカル指標点なんです。

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+5,083,450円 勝敗:429勝91敗 勝率:82.5% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー(zentrader)
利益:+89,540円 勝敗:22勝8敗 勝率:73.33% 攻略:現在検証中

ゼン・トレーダーではペイアウト率が最大1.97倍と高く、ドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!
しかも土日でも取引可能!今なら口座開設で5,000円のキャッシュバックボーナスを貰えます!

4位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:短期取引に特化したシグナルツール!

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

5位:トレード200

トレード200
利益:+90,000円 勝敗:21勝8敗 勝率:72.41% 攻略:ボリンジャーバンドで1分取引攻略!

トレード200(TRADE200)の特徴はペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事です。そして200円から取引を始められる為初心者にもおすすめ!
取引チャンスが分かる経済指標カレンダーはトレード200だけです。更に入金時やキャンペーン時に貰えるポイントは1ポイント=1円で取引に使用可能。

6位:ソニックオプション

ソニックオプション
利益:+12,350円 勝敗:7勝3敗 勝率:70.00% 攻略:取引タイミングが分かるメールで攻略!

ソニックオプションはバイナリー業者では高いペイアウト率2.02倍のレンジ取引が出来ます。更にメールや公式LINEでその日の狙い目を教えてくれるので、初めての方はおすすめです。
入金時やキャンペーン時には取引に使えるポイント(1P=1円)を貰えるのでお得に始める事も出来ます!

7位:Betc.io

Betc.io
利益:0円 勝敗:0勝0敗 勝率:0% 攻略:現在検証中

Betc.ioは他のバイナリーオプションとは違い、スプレッドオプションという新しいジャンルの取引が可能で、取引の際に倍率設定が出来るのが魅力的。
勝ち額の5倍~25倍に設定できるので大きく儲ける事が出来る業者です。
HIGHかLOWのシンプルな取引方法ですが、デモ取引も完備してるので取引の練習を事前にして取引に慣れる事も出来ます。

この記事のカテゴリ:テクニカル