バイナリーオプションを攻略!「チャート分析のバイブル酒田五法を覚えよう」

投稿日:2021/04/13 更新日:2021/04/30
この記事のまとめ
  • ・バイナリーオプションに特化した酒田五法の解説
  • ・酒田五法をバイナリーで効率よく使うためのコツ

「酒田五法を覚えればバイナリーオプションの勝率が上がります!」

そのように言われても「酒田五法って複雑でよくわからない」と感じる方は多いでしょう。

酒田五法は色々な解釈があり、解説する人によって内容が若干変わってしまうので、特に初心者にとっては混乱してしまうはずです。

この記事では酒田五法の色々な解釈を「バイナリーオプションに特化」してまとめ、初心者でも理解して実戦でも使えるように解説していきますので是非参考にされてみてください。

酒田五法とはどのような分析方法か?

酒田五法「さかたごほう」と読み、一目均衡表などと同じく日本で開発されたチャート分析方法です。

酒田五法は江戸時代の大阪の米商人だった本間宗久(1724年生まれ)が開発し、自分の出身地である現在の山形県酒田市から名前をもらい「酒田五法」としました。

本間宗久はローソク足も開発したと言われていますがこれは定かではありません。

酒田五法は「三山」「三川」「三空」「三兵」「三法」の五つの法則から成り立っています。

酒田五法はチャートフォーメーション分析、複数足分析の基礎として世界の株式をはじめFXトレーダーの間で広く使われており、バイナリーオプションでも強いエントリー根拠として使用できます。

ここで説明する酒田五法は、バイナリーオプションですぐ実践できる法則のみをピックアップしました。ですので、さらに深く知りたい方はFXや株の解説を調べることをおすすめします。

酒田五法のメリット・デメリット

次にメリットとデメリットについてです。

まず、メリットについてですが、購入のタイミングを理解する事でより確実に勝てるポイントを見つけられるということが挙げられます。

逆にデメリットについては、酒田五法は少し複雑なのでバイナリーオプションを始めたばかりの初心者には購入ポイントの判断が難しいということが挙げられます。

酒田五法は分析力が必要なので経験と知識が必要となります。そのためバイナリーオプション初心者には少し難しいかもしれません。

しかし相場の動き、ローソク足の流れなど全体的な動きと規則性を覚える事で必ず購入ポイントが理解でき、取引の役に立つでしょう。

毛嫌いしそうになりそうでも少し興味を持つことから初めてみると意外に最強の分析方法になるかもしれませんよ。

バイナリーオプション特化の酒田五法

では酒田五法について話をしていきます。まず酒田五法は
・三山(さんざん)
・三川(さんせん)
・三空(さんくう)
・三兵(さんぺい)
・三法(さんぽう)
5つのチャートの形が基本となります。

では今回は1つづつチャートの形を確認しながら酒田五法について学びましょう。

三山(さんざん)

三山は「トリプルトップ」とも呼ばれ、上昇トレンド中の下降トレンドへの転換サインを表す法則です。

三山

上図のように上昇中に高値を3回更新できなかったことから、この部分が高値圏と判断され、上昇の勢いが無くなり下降へ相場が転換する可能性が高いと判断する法則です。

三山はダマシも存在しますのでネックライン(谷の部分を繋いだ線)を下に抜けた時点で、この部分が相場の天井で下降に転換したと判断してください。

そして三山を細かく分けると「三尊」「逆三山」「逆三尊」と3つの種類があります。

■ 「三尊」(ヘッドアンドショルダー)

三尊

「三尊」(ヘッドアンドショルダー)も三山の一種で、より強い下降へのシグナルとなります。三尊も同じようにネックラインの下抜けを相場転換の判断基準としてください。

■ 「逆三山」(トリプルボトム)

逆三山

下降トレンド中の上昇トレンドへの転換サインを「逆三山」(トリプルボトム)といいます。

■ 「逆三尊」

逆三尊

考え方は三山の全く逆となります。逆三尊も三尊と同じと考えてください。

三川(さんせん)

三川は諸説がありパターンも多数存在しますが、バイナリーオプションに特化した場合「はらみ足(インサイドバー)」「つつみ足(アウトサイドバー)」「明けの明星・宵の明星」の、3つのパターンを覚えれば大丈夫です。

■ はらみ足(インサイドバー)

はらみ足

上昇トレンドの場合:陽線の後に小陰線が現れその小陰線は陽線の長さに収まっている

下降トレンドの場合:陰線の後に小陽線が現れその小陽線は陰線の長さに収まっている

はらみ足はトレンドが弱くなって来たことを表し、次の足の動きに注意を促すサインです。

はらみ足はトレンド転換のサインではなく「トレンド終焉の可能性」を表すサインなので、バイナリーオプションでは様子見に徹しましょう。

■ つつみ足(アウトサイドバー)

つつみ足

高値圏での陰のつつみ足:「下降トレンドへの転換サイン」陽線の次足に陰線が現れ、陽線が陰線の長さの中に収まっている

安値圏での陽のつつみ足:「上昇トレンドへの転換サイン」陰線の次足に陽線が現れ、陰線が陽線の長さに中に収まっている

つつみ足は現在までの勢いが否定され、逆の勢いが増した事を表すチャートパターンといわれています。

だだしダマシも存在するので、エントリーする際はつつみ足だけではなく他の根拠もあるかしっかり確認する必要があるでしょう。

■ 明けの明星・宵の明星

明けの明星・宵の明星

明けの明星(あけのみょうじょう)、宵の明星(よいのみょうじょう)と読みます。相場転換のサインとなります。

高値圏で宵の明星:上昇から下降への相場転換サイン

安値圏で明けの明星:下降から上昇への相場転換サイン

それぞれ真ん中のローソク足の実体が出来るだけ小さい方が相場転換の成功率が高くなります。真ん中のローソク足が十字線の時が一番理想な形です。

酒田五法の明けの明星・宵の明星は本来「窓」があくことが前提ですが、24時間取引される為替市場では窓がほとんどあきません。

そのためバイナリーオプションやFXでは窓がない場合も明けの明星・宵の明星として扱います。

三空(さんくう)

三空(さんくう)は今回解説しません。

理由としては、三空は窓が開いた3本連続するローソク足を使ったチャートパタン分析なのですが、為替市場では窓があくことがほとんどありません。

そのため三空を使ったエントリーは現実的ではないのでとくに気にしないで大丈夫です。

三兵(さんへい)

三兵

三兵(さんへい)は連続した3本のローソク足に着目したチャートパターンです。

連続した3本の陽線を「赤三兵」、連続した3本の陰線を「黒三兵」と呼びます。

出現場所によって効果が違います。下の画像をみてください。

三兵出現ポイント

このように、A部分で出現した三兵はトレンド開始の可能性と考え、B付近で発生した場合はトレンド終焉の可能性を考えます。

まとめると
・トレンド開始の可能性:安値圏で赤三兵、高値圏で黒三兵
・トレンド終焉の可能性:安値圏で黒三兵、高値圏で赤三兵
このように分類出来ます。

三兵は比較的発生しやすくエントリー根拠の一つとして有効ですが、使い方を間違わないようにしましょう。

また、三兵が次の画像のような形で出現した場合は三兵が失敗する可能性があるので注意しましょう。

三兵失敗パターン

赤三兵失敗パターン:上ヒゲが長い、または陽線が小さくなってきている

黒三兵失敗パターン:下ヒゲが長い、または陰線が小さくなってきている

三法(さんほう)

三法(さんほう)は相場の押し目の一種をパターン化したトレンド継続のサインです。

三兵失敗パターン

上げ三法:上昇トレンドの押し目で大陽線の次に小さな陰線が連続で出現、再び大陽線出現でトレンド継続のサインと判断します。

下げ三法:下降トレンドの押し目で大陰線の次に小さな陽線が連続で出現、再び大陰線出現でトレンド継続のサインとなります。

■ 三法成立の条件:
1.最初の大陽線・大陰線の長さの範囲内に小さな陰線・陽線が収まっていること。
2.間に挟む小陰線・小陽線の数は3本が理想ですが、あまり数にはこだわらなくて大丈夫です。
3.最後のローソク足の終値が最初のローソク足の終値よりトレンド方向に突き抜けている必要があります。

酒田五法をバイナリーオプションで効率よく使うためのコツ

酒田五法は単体でもチャート分析に大きな力を発揮しますが以下の方法をミックスするとさらに効率的に使うことが出来ます。

■ ダウ理論・エリオット波動などと併用する

チャート分析の基礎法則であるダウ理論・エリオット波動などと併用すると、さらにはっきりとポイントが絞れます。

例えば、赤三兵がエリオット波動第1波や第3波初期に出ればトレンド継続のサインですが、第5波つまり高値圏で出現したらトレンド終焉ではないかと判断が明確に出来るわけです。

チャート分析の基礎法則は同時に使用することで相乗効果が期待できますから積極的に取り入れていきましょう。

↓エリオット波動についてこちらの記事で詳しく紹介してます。

■ マルチタイムフレーム分析を取り入れる

酒田五法はパターンが出現する時間足によって扱い方を考える必要があります。

例えば、長期足で明けの明星が出現したら、エントリーする時間足で上昇方向のタイミングを取り、積極的にエントリーをできるでしょう。

しかし、短期足の高値圏で黒三兵が出現してるが、長期足は安値圏で赤三兵が出ていた場合はエントリーは控えた方がいいですよね。

マルチタイムフレーム分析でチャートを観察すれば、酒田五法の各チャートパターンが相場の流れに沿ったサインなのか判断することが可能で、無駄なエントリーを避けられるメリットがあります。

↓マルチタイムフレーム分析についてこちらの記事で詳しく紹介してます。

■ インジケーターを使う

酒田五法のつつみ足を判断するのにオシレーター系の買われすぎ・売られすぎを目安にしてもいいですし、トレンド判断に移動平均線のパーフェクトオーダーを使っても有効でしょう。

インジケーターは基礎がしっかりした手法を補助する為に使用すれば有効なアイテムです。

■ 過去チャートで検証する

まず、実際のチャートでは綺麗に整った形で各パターンは現れないと考えてください。

そして酒田五法を実戦で使う為には、過去チャートでチャートパターンを何度も検証し覚える事が大切です。

めんどくさいな~と思うかもしれません、しかし僕も実際にトレードして感じてますが、取引は「検証→実戦→結果の考察→検証」を繰り返しが利益を出す近道だと感じてます。

そのため「めんどくさい」を地道に繰り返した人が勝てるトレーダーになれると僕は信じてます。

実際に酒田五法を使ってバイナリーオプションのエントリーしてみた

今回、バイナリーオプション業界トップに君臨するハイローオーストラリアを使ってエントリー検証をしました。今回は検証の為デモ取引でエントリーを行っています。

チャート分析用MT4の基本設定
・使用MT4:FXCM社
・取引通貨:EUR/USD
・取引の時間帯:16:30~19:00頃
・エントリー時間:1分足でタイミングをとり、3分ターボ取引

今回はマルチタイムフレーム分析(MTF)を積極的に取り入れ、インジケーターの移動平均線とRCIを使います。

■ マルチタイムフレーム分析(MTF)とは

簡単に言うと複数のローソク足(5分足、15分足など)を見る事で全体の動きを把握しながら取引をする分析方法です。

■ 移動平均線とは

移動平均線(Moving Average)とは、「ある一定期間のローソク足終値の平均値を繋いだ線」になります。

移動平均線はその方向や傾き、もしくは数本の移動平均線の並びを見てトレンドの方向や強さを見る最もポピュラーなインジケーターになります。

移動平均線には様々な種類がありますがバイナリーオプションでは主に単純移動平均線(SMA)と指数平滑移動平均線(EMA)を使う場合が多く、SMAよりEMAはより価格に近い動きをする為、短期取引ではEMAを好んで使う傾向にあります。

■ RCIとは

RCIは基本3本の期間の異なる線を表示させ、相場の方向性や過熱感を判断するオシレーターです。

若干の慣れが必要ですが、3本の位置関係を読み取ることにより、順張りにも逆張りにも使える優秀なインジケーターです。

RCIはMT4標準のインジケーターではないのですが、ネット上で比較的簡単に手に入りますので、興味のある方は一度試してみても良いかもしれません。

今回の検証ではRCIを「長期52(オレンジ)、中期26(水色)、短期9(赤色)」に設定して、すべての時間足で表示します。

実際に分析した流れと取引検証した内容

30分足設定

まず分析のためにマルチタイムフレーム分析(MTF)を用いて3つのローソク足を表示させます。

1つ目は、全体の動きを確認するために30分足を表示させます。

そして大衆心理を意識した200日EMA(指数平滑移動平均線)(白色)と直近の値動きを把握するための20EMA(赤色)を表示させてます。

5分足設定

2つ目は、5分足。主に直近の値動きと酒田五法のチャートパターンの観察に使用します。

インジケーターはRCIの他に、1時間足を意識し「240EMA(オレンジ)、30分足を意識した120EMA(水色)、直近を意識した20EMA(赤色)」の3本の指数平滑移動平均線を入れます。

5分足設定

最後に、1分足。酒田五法を探す他にエントリータイミングを取るために使用します。

指数平滑移動平均線を3本入れます。設定期間は「100日EMA(オレンジ)、50日EMA(水色)、20EMA(赤)」となります。

では実際にエントリーした内容を解説します。

30分足で相場状況

30分足で相場状況を確認すると、今まで下降トレンドでしたがサポートラインで止められていますので、下降の勢いが止まったのではと予想しました。

画像の矢印部分を戻り高値と考えこの部分にレジスタンスラインを引き様子をみます。

RCIも長期を含めて急角度で上昇していることも判断の材料です。

30分足を観察していると「赤三兵」を作りながらレジスタンスラインをブレイクしたため、5分足に移りエントリーチャンスを探すことにしました。

5分足チャート分析

3分足は30分足で引いたレジスタンスラインで一度戻され、再びレジスタンスラインを抜けて強い上昇が開始していると判断しました。

ブレイクしたローソク足がヒゲが少なく実体が大きいことも根拠として有効です。

RCIも3本の線がすべて上部にあり、かつ上を向いている事から強い上昇と判断出来ます。

また5分足のチャートパターンを見るとエリオット波動第3波の可能性もあり、これは大きな根拠と考えてよいでしょう。

レジスタンスラインをブレイクした足の次足が一度下降の動きを見せた後、再び上昇へ転じたので、この時点でエントリーすると決め、タイミングを図る為に1分足へ切り替えました。

1分足エントリー

1分足でRCIや移動平均線の配置などを確認しても、現在の上昇の勢いを止める要素が見つかりませんでした。

ハイローオーストラリアのTurbo3分取引

1分足でも不安要素はないので、ハイローオーストラリアのティックチャートが上昇の動きを見せたタイミングでターボ3分取引でハイエントリーです。

上昇の波に乗っていいタイミングで購入出来ました。

そして取引結果がこちらです。

ハイローオーストラリアのTurbo3分取引判定結果

エントリー後順調に上昇の波に乗れ、勝利することが出来ました。

判定結果

今回のエントリーは30分足の「安値圏の赤三兵」という強い根拠があったため、強気でエントリーをすることができました。

酒田五法は今回解説してきたように様々な法則があり全部のエントリーをお見せできませんが、今回エントリー根拠として使った「三兵」以外も強いエントリーの根拠として十分に使うことができるでしょう。

まとめ : 酒田五法を使いこなすためには練習が必要だが勝率を上げる手助けになる

酒田五法は約300年も昔に生まれた法則にも関わらず、現在主流のチャートパターン分析、ローソク足分析、ダウ理論などを5つの法則にまとめた素晴らしい相場分析の参考書です。

酒田五法と他の理論、法則を関連させて使っていく事により相乗効果が発生し、強いエントリーポイントが出現するでしょう。

酒田五法を使いこなすためには練習が必要ですが、必ずあなたのバイナリーオプションの勝率を上げる手助けになるはずです。

バイナリーオプションの勝ちトレーダーとなるために酒田五法を使いこなしていきましょう。

酒田五法をするのにおすすめのバイナリー業者

そして「酒田五法」をするのにおすすめのバイナリーオプション業者はペイアウト率最大2.30倍のハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアでは新規口座開設をするだけで5,000円が貰えるキャッシュバックボーナスを開催中。さらに最低入金額が5,000円と低価格で取引を始められるので初心者でも気軽に取引が出来る業者です。

出金トラブルもなく安心して始められるのでどの業者にするか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

ハイローを酒田五法で攻略する

酒田五法を使ってハイローオーストラリアを攻略してみる

ハイローオーストラリア
業界TOPで稼げるペイアウト2.3倍取引があり、翌日出金も可能!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+5,098,950円 勝敗:435勝93敗 勝率:82.3% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー(zentrader)
利益:+89,540円 勝敗:22勝8敗 勝率:73.33% 攻略:現在検証中

ゼン・トレーダーではペイアウト率が最大1.97倍と高く、ドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!
しかも土日でも取引可能!今なら口座開設で5,000円のキャッシュバックボーナスを貰えます!

4位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:短期取引に特化したシグナルツール!

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

5位:トレード200

トレード200
利益:+90,000円 勝敗:21勝8敗 勝率:72.41% 攻略:ボリンジャーバンドで1分取引攻略!

トレード200(TRADE200)の特徴はペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事です。そして200円から取引を始められる為初心者にもおすすめ!
取引チャンスが分かる経済指標カレンダーはトレード200だけです。更に入金時やキャンペーン時に貰えるポイントは1ポイント=1円で取引に使用可能。

6位:ソニックオプション

ソニックオプション
利益:+12,350円 勝敗:7勝3敗 勝率:70.00% 攻略:取引タイミングが分かるメールで攻略!

ソニックオプションはバイナリー業者では高いペイアウト率2.02倍のレンジ取引が出来ます。更にメールや公式LINEでその日の狙い目を教えてくれるので、初めての方はおすすめです。
入金時やキャンペーン時には取引に使えるポイント(1P=1円)を貰えるのでお得に始める事も出来ます!

この記事のカテゴリ:テクニカル