判定時間で勝率は変わる!ハイブリッド型取引「判定時間3分」とは

投稿日:2016/03/09

海外バイナリーオプションは、国内業者とは違い短期間取引ができる事が大きなメリットです。国内業者では最短でも2時間ごとの取引となりますが、海外業者の中には最短15秒で判定が出る取引のある業者もります。短期取引ができることでコンスタントに取引をすることができ、効率よく利益を出すことが可能です。

たしかに60秒などの短期取引は強いトレンドが出ている時などに、続けてエントリーをすることで短時間でも大きな利益を出す事ができ便利となっています。ですが、「トレンドに沿ってエントリーをしたのに時間内にトレンドの方向に動いてくれなった」なんてことはないでしょうか。判定時間60秒過ぎてから相場が予想をした方に動いてしまって悔しいなんてことはたまにあります。
今回はそうならないためにも、トレンドの影響を受けやすく、効率良く取引のできる判定時刻を紹介し実際に検証していきましょう。

判定時刻を3分にすることで勝率ぐっと上がる

今回検証をするのは、判定時刻3分での取引です。海外バイナリーオプション取引では、短期取引60秒または通常の15分間隔で開催されるハイロー取引のどちらかの取引をされる方が多いと思います。短期取引60秒を選ぶ方は「トレンドの影響を受けにくいもののコンスタントに取引をする事ができるため」と考え、ハイロー取引を好む方は「取引時間が長いからコンスタントに取引はできないがトレンドの影響を受けやすいため勝ちやすい」と考えているでしょう。

そこで今回紹介する「3分取引」はどちらの良い所も含んでいるハイブリッド取引です。ではさっそく実際に検証をしていきます。

スプレッドオンデマンドで判定時刻3分を選択

ハイローオーストラリア画面

判定時刻3分は、ハイローオーストラリアのペイアウト2倍取引「スプレッドオンデマンド」で選択できます。この他にも5分も選択をすることもできますが、5分にしてしまうとコンスタントに取引をすることができなくなってしまうため、3分が最適です。なので、今回はハイローオーストラリアのスプレッドオンデマンドで検証をします。
まずは、テクニカルチャートを見て相場の分析です。

テクニカルチャート画面

こちらはEUR/JPYのテクニカルチャートです。テクニカルチャートには、トレンドの流れを見るために一目均衡表・MACD・RSIを表示させています。このテクニカルチャートからどのように分析しますか?矢印のポイントを見てもらうとトレンドが分かりやすいと思います。
一目均衡表ではローソク足は雲の下で推移しており、全体的に下降トレンドであることが分かります。上の赤い矢印の遅行線では下向きになっており相場は下降傾向です。また、下の赤い矢印のMACDでは下降シグナルのデッドクロスが出ています。そのため、このテクニカルチャートを見る限りでは相場は下降すると分析をしました。

ハイローオーストラリア画面

相場は下降すると分析をしたため、LOWで取引を開始しています。取引方法は先ほども言ったように判定時刻3分のあるスプレッドオンデマンドです。判定時刻を少し長めにとることによりトレンドの方向に動く可能性が高くなるのでしょうか。

ハイローオーストラリア画面

エントリーをした直後は上昇していましたが、判定時刻内に予想をした通りに下降し勝ちとなりました。投資額は1万円だったので利益も1万円です。判定時刻を1分から3分にするだけでも相場が安定してトレンドの方向に動いてくれます。もう一度同じ方法で取引をしていきましょう。

テクニカルチャート画面

こちらはUSD/JPYのテクニカルチャートになります。こちらのチャート注目するのは、ローソク足の急激な上昇とRSIが75%以上まで上昇をしているポイントです。RSIが75%以上に上昇している時は、トレンドが転換して相場が下降する可能性が非常に高くなります。そのため、逆張りを狙ってLOWでエントリーをしましょう。

ハイローオーストラリア画面

RSIで逆張りのシグナルが出ていたのでLOWでエントリーをしています。取引方法は先ほどと同じくスプレッドオンデマンドの判定時刻3分です。RSIが75%以上まで上昇する事は、トレンドが転換するシグナルになりますが、転換するタイミングまでは分かりません。そのため、判定時刻は少し長めにとっておいた方が転換するタイミングをカバーすることが可能です。
この取引の結果がこちらになります。

ハイローオーストラリア画面

相場はゆるやかに下降し勝ちになりました。もし判定時刻1分で取引をしていた場合には、スプレッドを超えることはできなかったかもしれませんが、3分にしておくことで判定時刻内に下降して勝てています。このように、判定時刻を長くとることによって安定した取引をすることが可能です。

今回は「判定時刻3分」での取引検証でした。2回目の取引のようにトレンドの影響を受けやすく判定時間3分にすることで安定して勝つことができ、またコンスタントに取引をすることも可能です。短期取引60秒とハイロー取引15分のどちらの良い点も合わせた「判定時刻3分」で取引してみてはいかがでしょうか。
また、今回検証をしたハイローオーストラリアのペイアウト2倍取引「スプレッドオンデマンド」では3分取引を選択することができるためオススメです。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
ペイアウト2倍取引があり、当日出金も可能!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

ハイローオーストラリア体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:ハイローオーストラリア

ペイアウト率最大2.2倍まで上昇キャンペーン実施中!
2.0~2.2倍までTurbo取引で上昇!利益が出やすくなるのはもちろん、マイナスになった際もカバーできる!詳細はこちらからチェックしてみてください。

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

人気No.1

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

ザオプション(theoption)

theoption(ザ・オプション)

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメしています。分析ツールあり。

公式サイトはこちら

トレード200

トレード200(TRADE200)

ペイアウト率2倍固定のRETURN200取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!経済指標カレンダーで取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められるので初心者から上級者まで広い範囲でオススメしています。

公式サイトはこちら