バイナリーオプションを始める前に徹底比較!数多くある海外BO業者を、各ポイントごとにまとめて比較しています。

注目記事
ハイローオーストラリア攻略検証記事

ハイローオーストラリア、週明けの為替『月曜日の窓』理論を狙って取引検証!

土日の為替市場はクローズしていてバイナリーオプション取引が出来ませんよね。

しかし、週明けの為替市場には狙い目があるのです!

今回はそんな週明けの為替相場の特徴『月曜日の窓』理論を狙ってテクニカル『MACD』を使い取引検証していきます。

『月曜日の窓』『MACD』を利用する

週明けの為替相場の参考材料『月曜日の窓』とテクニカル分析の一つ『MACD』を使って取引を行います。

『月曜日の窓』理論って?

為替相場には『月曜日の窓』という言葉があります。

これは海外では『ギャップ』と呼ばれていて、前週末の終値と月曜日の始値とが乖離して出来る間の事です。

なぜギャップが生まれるのかと言うと、市場がクローズ、つまりFXの会社が閉まっている土日の間に値動きがあった為に、オープンと同時に値飛びを起しているからです。

赤い丸で囲んでいる部分の値が飛んでいる事が分かりますね。

窓が開くとどうなるかと言うと開いた『窓』を閉めるかのように値が元の水準に戻る傾向にあるようです。

その元の水準に戻る傾向にある事を参考にしつつ、テクニカル分析の一つMACDを使って取引を行います。

『MACD』って?

MACDは短期の移動平均線と長期の移動平均線がどれくらい離れているかを示す指標です。

チャートの構成は、横軸が時間、縦軸は中心を0として上半分はプラス領域、下半分はマイナス領域となっています。RSIと違い、折れ線は2本で、1本はMACD、もう1本はシグナルと呼びます。

MACDの詳しい見方に関しては『バイナリーオプションで順張りを狙う場合はMACDで判断』こちらで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

実際に週明けの相場で取引してみた

今回は週明けの『窓』の値が元に戻る傾向にあるという性質を利用するという事で、30秒~5分の短期取引よりも長い時間でエントリーした方が値動きの差が現れやすく勝率が良いと思ったので1時間で取引してみます。

1時間取引でもペイアウト率2倍のハイローオーストラリアでスプレッド取引を行います。

月曜日の窓をMACDで攻略

こちらの画像は豪ドル/米ドル(AUD/USD)の5分足チャートです。大きく『窓』が開いた後、実際に値が元の水準に戻ろうとしています。

MACDの方もシグナルが出た後に上昇トレンドにあるので、まだ値上がりすると予想してHighでエントリーしました。

月曜日の窓をMACDで攻略

取引方法はスプレッド取引、時間は1時間、投資金額は5,000円でペイアウト率が2倍なのでペイアウト額は10,000円です。

月曜日の窓をMACDで攻略

結果は予想通り上昇して勝ちとなっています。終了時点のチャートを見てみましょう。

月曜日の窓をMACDで攻略

こちらが終了時のチャートです。綺麗に『窓』が閉まるかのように値が上昇していますね。MACDもデッドクロスが出ることなく上昇しています。

他の通貨でも同じようなチャートを探していた所、ユーロ/ドルのチャートが似ていたので取引してみました。

こちらはユーロ/米ドル(EUR/USD)の5分足チャートの画像です。

月曜日の窓をMACDで攻略

一旦朝イチで『窓』は閉まっているものの、その後すぐ値が下がっています。

しかし、じわじわと上昇している事、MACDが上昇シグナルを出している事からまだ上昇すると予想し、こちらも同じ条件でHighでエントリーしました。

月曜日の窓をMACDで攻略

またもや勝利する事が出来ました。チャートを見てみましょう。

月曜日の窓をMACDで攻略

こちらのチャートも元の水準に戻る値動きをしている事が分かりますね。今回の結果は以下になります。

勝率は2勝0敗、投資金額が10,000円、利益が10,000円と言う結果になりました。

どちらのチャートも気持ちよく上昇している事から『月曜日の窓』の特徴を上手く掴めたのではないかと思います。

まとめ
週明けの為替相場の特徴『月曜日の窓』。その『窓』が閉まるタイミングを、今回使ったテクニカル『MACD』を使って分析し順張りする事で週明けの取引の勝率はグンと上がります。
その際の取引時間は値の差が出やすい1時間以上の時間で取引しましょう。今回利用したハイローオーストラリアのスプレッド取引は1時間取引でもペイアウト倍率が2倍なのでオススメです!

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

\ 取引を始めるまでの簡単3ステップ /

ハイローオーストラリア体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:ハイローオーストラリア

ペイアウト率最大1.95倍まで上昇キャンペーンが延長!
最大で1.80倍から1.95倍までHighlow、Turbo取引で上昇!利益が出やすくなるのはもちろん、マイナスになった際もカバーできる!詳細はこちらからチェックしてみてください。

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)
現在の損益 +1,724,936円 【現在検証中!】
現在の勝敗 153勝57敗

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

2位:theoption

theoption(ザ・オプション)
現在の損益 +418,371円 【現在検証中!】
現在の勝敗 63勝21敗

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(fivestarsmarkets)
現在の損益 +353,873円 【現在検証中!】
現在の勝敗 283勝125敗

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメ。

公式サイトはこちら

4位:トレード200

トレード200(TRADE200)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

ペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!「経済指標カレンダー」で取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

5位:ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)
現在の損益 【検証予定!】
現在の勝敗 0勝0敗

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められ初心者から上級者まで広い範囲でオススメ。

公式サイトはこちら