ハイローオーストラリアで連打取引はやめておけ。口座凍結の恐れあり!

投稿日:2018/09/12

ハイローオーストラリアの取引手法で利用されがちな「連打」

ハイロー連打画像

連続でエントリーする手法の事を言い、分かりやすいトレンドが発生している場合に大きく稼ぐ事が出来ると評判です。

しかし、連打をやりすぎて「口座が凍結された」とインターネット上で多く報告されているのです。

なぜ口座が凍結されるのか?規約をチェック!

なぜ連打取引で口座が凍結されるのか、まずハイローオーストラリアの規約を見てみましょう。

口座の強制解約について

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。
・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
・クレジットカードの乱用が認められた場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

上記の文はハイロー公式から引用した、どのように利用すれば口座が強制解約されるのかまとめたものです。

どうやら連打取引を行った場合、自動売買ソフトを利用していると疑われる場合があるようです…

確かに自動売買ツールの中には、勝ちやすい時に連続でエントリーする物もあるようです。

しかし、少し前までは口座凍結されたら全く取引できませんでしたが、最近はエントリーが1回ずつまで、1回の投資金額が5,000円までに制限されるようです。

2~3連打くらいなら凍結されない?

筆者も「このトレンド絶対勝てそうやな…」と言う時は掛け金を増やす為に、2回や3回連続でエントリーする事はありますが、凍結された事はありません。

ハイロー連打画像2

連続エントリー自体もあまりやらないですし、いざと言う時の軽い連打なら大丈夫なのでしょうかね。

しかし明確な基準は規約に記述されておりませんので、自己責任で行いましょう。

まとめ
連打のメリットは一気に稼げる事ですが、デメリットは一気に損失が出る事です。いざと言う時のみほどよく連続エントリーを行うが吉ですね。

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
リニューアルによりペイアウト2倍取引に30秒が追加!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

\ 取引を始めるまでの簡単3ステップ /

ハイローオーストラリア体験談の最新記事

この記事のカテゴリ:ハイローオーストラリア

ペイアウト率最大2.2倍まで上昇キャンペーン実施中!
2.0~2.2倍までTurbo取引で上昇!利益が出やすくなるのはもちろん、マイナスになった際もカバーできる!詳細はこちらからチェックしてみてください。

当サイトで口座開設数の多い業者をランキング!

当サイトで口座開設数の多い海外バイナリーオプション業者でランキングにしました。検証結果も合わせてランキングにしているので、ぜひ参考にしてみてください。

人気No.1

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア(HighLowAustralia)

ペイアウト2倍のハイロースプレッド、ターボスプレッドが人気!また最低入金額が業界最安値の5,000円と低いため、試しに始めようとしている方に人気が高く口座開設数No.1です!

公式サイトはこちら

ザオプション(theoption)

theoption(ザ・オプション)

theoption(ザ・オプション)はペイアウト2倍取引「スプレッドハイロー」やデモ取引などを提供している業者。現在初回取引で10,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

公式サイトはこちら

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション(fivestarsoption)

仮想通貨(ビットコインなど)の相場を使って取引出来る事が魅力。価格の上下が大きいので取引チャンスが多い!500円から始める事もでき、初心者にもオススメしています。分析ツールあり。

公式サイトはこちら

トレード200

トレード200(TRADE200)

ペイアウト率2倍固定のRETURN200取引がある事!そして200円から取引を始められる為初心者にもオススメ!経済指標カレンダーで取引チャンスも丸わかり!

公式サイトはこちら

ソニックオプション

ソニックオプション(SonicOption)

業界トップのペイアウト率2.02倍以上を誇る「レンジ取引」が大人気。500円から始められるので初心者から上級者まで広い範囲でオススメしています。

公式サイトはこちら