ダウ平均株価

  • 公開日 :
  • 更新日 :
このページのメニュー
概要

概要

読み方:だうへいきんかぶか

英語:Dow Jones Industrial Average:DJIA

ダウ平均株価とは、ダウ・ジョーンズ社(米)がアメリカの代表的な銘柄(マクドナルドやマイクロソフトなど)を選んで、算出したものをリアルタイムで発表している株価指数(株価平均型株価指数)のことです。

使われている銘柄はニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しているものだけでなく、ナスダック(NASDAQ)に上場しているものも含まれています。

ダウ平均株価は、「ダウ工業株30種平均」、「ダウ輸送株20種平均」、「公共株15種平均」の3種類で構成され、その3つをあわせた「ダウ総合65種平均」があります。また、ダウ工業株30種平均株価の銘柄は時代に合わせて入れ替えが行われます。

ダウ工業30種平均は、日本では「ダウ平均」「ニューヨーク・ダウ」「ニューヨーク平均株価」などと呼ばれています。1896年に開始されたときは「農業」「鉱工業」「輸送」などの12銘柄を利用していました。1928年には、「石由」などが追加され30銘柄になっています。そのあとに、「情報通信業」「医療」などのサービス業も追加されました。

ダウ輸送株20種平均は、「航空」「鉄道」などの20銘柄を利用し、公共株15種平均は「電気」「ガス」などの15種平均設置を

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+5,098,950円 勝敗:435勝93敗 勝率:82.3% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー(zentrader)
利益:+89,540円 勝敗:22勝8敗 勝率:73.33% 攻略:現在検証中

ゼン・トレーダーではペイアウト率が最大1.97倍と高く、ドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!
しかも土日でも取引可能!今なら口座開設で5,000円のキャッシュバックボーナスを貰えます!

4位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:仮想通貨バイナリーオプションの”裏技攻略法”

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

この記事のカテゴリ:用語集