一目均衡表

投稿日:2013/09/11
このページのメニュー
概要 各シグナルの条件 5本の線と雲について

概要

読み方:いちもくきんこうひょう

英語:itimoku-kinko-hyo

一目均衡表の説明画像

一目均好評とは、日本の一目山人(いちもくさんじん)こと細田悟一が1936年に考案したトレンド系のテクニカル指標で、「基準線」、「転換線」、「先行スパン1」、「先行スパン2」、「遅行スパン(遅行線)」と呼ばれる5本の線と「先行スパン1」と「先行スパン2」の間に作られる「雲(抵抗帯)」を利用して表したものです。

5つのグラフがあるため、複数のシグナルがあり、重複するシグナルも多く、シグナルの重複が多ければ多いほど買いと売りのシグナルが明確になります。

基準線と転換線の2本の線は上昇トレンドか下降トレンドかを示し、買いサインと売りサインの判断をする特徴があります。また、一目均衡表の中で最も重要な「雲」は、その厚さを見ることで、トレンドに対して抵抗がどのくらいあるのか目安を探るためです。

一目均衡表の各グラフは以下の計算で求められます。

転換線 = (過去9日間の高値 + 安値) ÷ 2
基準線 = (過去26日間の高値 + 安値) ÷ 2
先行スパン1 = { (転換値+基準値) ÷ 2 }を26日先にずらしたもの
先行スパン2 = { (過去52日間の高値+安値) ÷ 2 }を26日先にずらしたもの
遅行スパン = (本日の終値)を26日前にずらしたもの
各期間の9日、26日、52日は一般的なものとします。

各シグナルの条件

ここでは、「基準線と転換線」、「先行スパン1と先行スパン2」、「遅行スパン」の3つの種類のシグナルについて書きます。

1つ目は、「基準線と転換線からわかるシグナル」

基準線(過去の中期の平均値で、相場の方向性を示す)と転換線(過去の短期の平均値で、相場の方向性を示す)の2本の線で移動平均線の役割をします。

基準線よりも転換線の方が上にあるときは上昇トレンドであり、下にあるときは下降トレンドになります。

転換線が基準線を下から上へ突き抜けるとゴールデンクロスで買いサイン、転換線が基準線を上から下へ突き抜けるとデットクロスで売りサインがシグナルの目安になります。

2つ目は、「先行スパン1と先行スパン2の間にある雲からわかるシグナル」

レートが雲の上にある場合は、相場の上昇する傾向が強いと判断し、逆に下にある場合は、相場の下降する傾向が強いと判断します。

雲が現在のレートより上にあれば、その雲が強い抵抗となって相場を抑える抵抗線となり、逆に雲が現在のレートよりも下にあれば雲が強い支持となって相場を支える支持線となります。

雲の厚み(幅)が厚ければ厚いほど(広ければ広いほど)、雲の抵抗が強くレートがなかなか抜けることが難しくなり、薄ければ薄いほど(狭ければ狭いほど)、雲の抵抗が弱くレートを抜けやすいです。

レートが雲を下から上に突き抜けたら上昇サインで、逆に雲を上から下に突き抜けたら下降サインとなりシグナルの目安になります。

3つ目は、「遅行線からわかるシグナル」

遅行線(現在のレートを26日前にさかのぼって表したもの)が、26日前のレートと比較して、現在のチャートを下から上に突き抜けると買いのシグナルとなり、逆に上から下に突き抜けると売りのシグナルになります。

以上の3点から一目均衡表では、「転換線の基準線上抜け」「為替レートの雲抜け」「遅行線の日々線上抜け」の3つのシグナルがそろった瞬間を「三役好転」と言われるより強いシグナルになります。

また、3つのシグナルがそろわなくても、重複がおこりやすい2つのそろったシグナルでも強いシグナルになります。

5本の線と雲について

「基準線」
基準線とは、一目均衡表で重要視される部分で規準となる線です。その線は、過去26日間の高値と安値を平均値で算出したもので、中期的な平均線を表しています。
「転換線」
転換線とは、過去9日間の高値と安値を平均値で表したもので、短期的な平均線のことです。基準線より転換線の方が、短期なのでより最近のトレンドを表しています。
「先行スパン1」
先行スパン1とは、短期間的なトレンドを表す線で、短期的な転換線と長期的な基準線を利用して算出し、現在のローソク足の位置からローソク足26本分先にずらして表示したものです。
「先行スパン2」
先行スパン2とは、長期間的なトレンドを表す線で、過去52本のローソク足の高値と安値を利用して算出し、現在のローソク足の位置からローソク足26本分先にずらして表示したものです。
「遅行スパン」
遅行スパンとは、現在のローソク足の終値を現在のローソク足の位置からローソク足26本分前にずらして表示したものです。
「雲」
雲とは、短期的な先行スパン1と長期的な先行スパン2の間の範囲を斜線もしくは塗りつぶした部分のことです。レートを抵抗する役割もあることから「抵抗帯」とも呼ばれ、雲とローソク足との重り具合から、相場のトレンドの状況を把握できるものです。

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+4,864,350円 勝敗:387勝84敗 勝率:82.2% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:短期取引に特化したシグナルツール!

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

4位:トレード200

トレード200
利益:+90,000円 勝敗:21勝8敗 勝率:72.41% 攻略:ボリンジャーバンドで1分取引攻略!

トレード200(TRADE200)の特徴はペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事です。そして200円から取引を始められる為初心者にもおすすめ!
取引チャンスが分かる経済指標カレンダーはトレード200だけです。更に入金時やキャンペーン時に貰えるポイントは1ポイント=1円で取引に使用可能。

5位:ソニックオプション

ソニックオプション
利益:+12,350円 勝敗:7勝3敗 勝率:70.00% 攻略:取引タイミングが分かるメールで攻略!

ソニックオプションはバイナリー業者では高いペイアウト率2.02倍のレンジ取引が出来ます。更にメールや公式LINEでその日の狙い目を教えてくれるので、初めての方はおすすめです。
入金時やキャンペーン時には取引に使えるポイント(1P=1円)を貰えるのでお得に始める事も出来ます!

この記事のカテゴリ:用語集