勝ちたいならゴールデンクロスを狙え!トレンドラインと移動平均線を使って取引タイミングを計る方法。

投稿日:2013/08/08 更新日:2020/05/29
この記事のまとめ
  • バイナリー取引においてかなり重要なゴールデンクロスの見つけ方を紹介。
  • ・トレンドラインを頭に入れておけば初心者でも勝率アップ間違い無し。

バイナリーオプションにおいてかなり重要なのが「ゴールデンクロス

聖闘士星矢のパチモンなどではございません…相場の転換点(相場が変わるタイミング)を把握する為の重要なものです。

今回は初心者でもそのゴールデンクロスを見つけられるようになる2つのポイントを紹介します!

ゴールデンクロスを見つけるために知っておくべき2つのポイント

相場の上下の向きを察知する方向感覚

相場の上下が切り替わる瞬間を察知できるゴールデンクロスを見つけるためには、陽線と陰線の割合を見るだけでなく、並んだローソク足がチャートの上の方向に向かっている(上昇トレンド)か、下の方向に向かっている(下降トレンド)かを知ることが大切です。

・覚えておきたい相場のパターンと傾向

例えば、相場が上昇トレンドにあっても、一直線を描いて急激にぐんぐん上がるケースはごく稀です。

小刻みな波を描くように、上昇の間に下落を何度も繰り返し、結果的に切り上げていくというのが一般的な上昇トレンドのパターンです。

トレンドラインとゴールデンクロスの見方と説明画像1

同じように、下降トレンドの場合も、小刻みな波を繰り返しながら、結果的に高値が少しずつ切り下がっていきます。

安値・高値の水準を探るにはトレンドライン

トレンドラインを引いてみよう

上で説明したように、相場は小刻みな波を繰り返しながら動く、まるでヘビのような動きをします。

ローソク足をパッと見ただけでは「今は上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか」と判断に迷うことがあるでしょう。

そんなときにおすすめなのが、トレンドラインです。

たとえば、陰線(黒のローソク足)の安値と安値の線を結びます。この線が右肩上がりに伸びている場合は上昇トレンド、高値と高値を結んだ線が右肩下がりになっていれば下降トレンドだと判定できます。

トレンドラインの引き方と見方の説明画像

水準を探るための必須ライン

トレンドラインは、次に来る安値や高値の水準を探るうえでとても役に立ちます。

例えば、上昇トレンドが小刻みな振り幅を見せて一時的に下がった場合や、下降中のトレンドで一時的に上げが生まれた場合は、トレンドラインの延長線上の水準で下げ・上げが止まる可能性が高いからです。

移動平均線をローソク足とセットで見よう

移動平均線ってなに?

詳しく覚えなくても構いませんが一応説明していきます。覚えなくても攻略できるのでだんだんと慣れていきましょう!

トレンドラインとゴールデンクロスの見方と説明画像2

移動平均線は、一般的にローソク足とセットで表示されるチャートです。上の図で言う所の青い線です。

過去の一定時期から当日までの終値の平均値を線で結んだもので、平均を取る期間ごとに5日移動平均線、25日移動平均線、13週移動平均線、26週移動平均線など、さまざまな種類があります。

過去の平均値の推移を示すチャートなので、その動きは平均を取る期間が短いほど現在の値動きと近くなります。

反対に、期間が長いほど移動平均線のカーブはなだらかになります。平均を取る期間が長い移動平均線は、現在の値動きのローソク足が上に向かっているのに下を向くこともあります。

平均を取る期間の短い移動平均線ほど直近のトレンドの影響を受けやすいのに対し、期間の長い移動平均線は中長期的なトレンドを反映しやすいからです。

この特徴を応用して、期間の異なる2本の移動平均線の方向や交わり方を見ながら、相場のトレンドの転換点を予測する方法があります。

勝利を導くゴールデンクロスを導きだせ!おすすめの攻略法を紹介。

ゴールデンクロスって?

上で説明した移動平均線を、平均を取る期間の異なる2種類の移動平均線を表示させます。

例えば、25日移動平均線と5日移動平均線の場合、25日線を5日線が下から上に突き抜けると「ゴールデンクロス」と呼ばれ、トレンドが下降から上昇に転換した可能性が高いとみなされます。

同じように、25日線を5日線が上から下に突き抜けた状態は「デットクロス」と呼ばれ、上昇局面から下落局面に転換した可能性を示すサインとなります。

トレンドラインとゴールデンクロスの見方と説明画像

ゴールデンクロスってそんなに大事なの?

バイナリーオプションにおいて、このゴールデンクロス、デットクロスを見つけることが「上がる」か「下がる」かを予想するための、非常に重要なポイントとなっています。

それは、バイナリーオプションが60秒から数十分後の為替相場を予想するという短期型の投資法なので、短い期間で安定して上昇するか下降するかということが大切だからです。

このゴールデンクロス、デットクロスを見つけて、上昇トレンドか下降トレンドかを把握できれば、毎回の取引での予想が非常に楽になってくるでしょう。

以下の記事ではハイローオーストラリアと言う業者でゴールデンクロスを分析した取引方法を実践しています。是非ご覧ください!

このページで紹介したバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア
業界TOPで稼げるペイアウト2.3倍取引があり、翌日出金も可能!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

\ 取引を始めるまでの簡単3ステップ /

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+5,063,100円 勝敗:426勝91敗 勝率:82.2% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー(zentrader)
利益:+89,540円 勝敗:22勝8敗 勝率:73.33% 攻略:現在検証中

ゼン・トレーダーではペイアウト率が最大1.97倍と高く、ドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!
しかも土日でも取引可能!今なら口座開設で5,000円のキャッシュバックボーナスを貰えます!

4位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:短期取引に特化したシグナルツール!

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

5位:トレード200

トレード200
利益:+90,000円 勝敗:21勝8敗 勝率:72.41% 攻略:ボリンジャーバンドで1分取引攻略!

トレード200(TRADE200)の特徴はペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事です。そして200円から取引を始められる為初心者にもおすすめ!
取引チャンスが分かる経済指標カレンダーはトレード200だけです。更に入金時やキャンペーン時に貰えるポイントは1ポイント=1円で取引に使用可能。

6位:ソニックオプション

ソニックオプション
利益:+12,350円 勝敗:7勝3敗 勝率:70.00% 攻略:取引タイミングが分かるメールで攻略!

ソニックオプションはバイナリー業者では高いペイアウト率2.02倍のレンジ取引が出来ます。更にメールや公式LINEでその日の狙い目を教えてくれるので、初めての方はおすすめです。
入金時やキャンペーン時には取引に使えるポイント(1P=1円)を貰えるのでお得に始める事も出来ます!

7位:Betc.io

Betc.io
利益:0円 勝敗:0勝0敗 勝率:0% 攻略:現在検証中

Betc.ioは他のバイナリーオプションとは違い、スプレッドオプションという新しいジャンルの取引が可能で、取引の際に倍率設定が出来るのが魅力的。
勝ち額の5倍~25倍に設定できるので大きく儲ける事が出来る業者です。
HIGHかLOWのシンプルな取引方法ですが、デモ取引も完備してるので取引の練習を事前にして取引に慣れる事も出来ます。

この記事のカテゴリ:テクニカル