バイナリーオプションで使える「押し目買い・戻り売り」攻略法!!

投稿日:2021/02/17 更新日:2021/02/22
この記事のまとめ
  • 下落した時に買い、上昇した時に売るという単純な戦略
  • 為替の動きを把握する力が必要である

今回はインジケーターを使わない攻略法の1つである「押し目買い・戻り売り」について紹介します。

名前からして難しいように感じますが、特徴を覚える事でバイナリーオプション初心者でも簡単に真似出来るのでおすすめの手法です。

少しコツが必要ですが、覚えて損無し!

押し目買い・戻り売りとは

押し目買いとは、株価や為替の下落局面で買い向かうことです。一方、戻り売りとは株価や為替の上昇局面で売り向かうことを意味します。

これだけだと少しわかりづらいので、ドル円を例にして考えてみましょう。

・ドル円が100円から99円まで下落した時、下落している中で買い向かうのが「押し目買い」、逆に99円から100円になった時に売り向かうのが「戻り売り」ということになります。

価格が押した時に買うのが「押し目買い」、価格が戻った時に売るのが「戻り売り」ということです。

押し目買い・戻り売りのメリット・デメリット

次にメリットとデメリットについてです。

まず、メリットについてですが、為替がもみ合いで推移している場合、押し目買いと戻り売りを活用した戦略は勝ちやすいということが挙げられます。

例えば、ドル円が方向感なく動いている場合、上昇した場面で売って下落した場面で買えば非常に勝ちやすいということが分かると思います。

逆にデメリットは、為替が一方向に大きく動いている状況では負けやすいということです。

為替は、方向感が出ると一気に動きやすいという特徴を持っているので、そういった場面では押し目買い・戻り売りは負けやすい戦略となってしまいます。

「押し目買い・戻り売り」攻略法の活用方法

つまり、攻略の活用方法は「為替がもみ合いで推移しているかどうかを見定めてから活用する」ということです。

もみ合いで推移していることが見定められれば、この戦略は非常に有効なものとなります。

ではまず、「押し目買い」の購入ポイントを説明します。

「押し目買い」の購入ポイント

押し目買いの購入ポイント

まず上昇傾向にある動きを見つけましょう。そして上記の画像のように少し下がってるローソク足のお尻部分(安値)をトレンドラインで結びます。

この時、2本以上のローソク足のお尻部分(安値)に合わせてトレンドラインを引くとより確実に予想が出来ます。

そしてトレンドラインの延長上まで再びローソク足が下がった時(赤の矢印)にHighで購入します。

次に「戻り売り」の購入ポイントを説明します。

「戻り売り」の購入ポイント

戻り売りの購入ポイント

下降傾向にある動きを見つけましょう。そして上記の画像のように少し上がってるローソク足の頭部分(高値)をトレンドラインで結びます。

この時、2本以上のローソク足の頭部分(高値)に合わせてトレンドラインを引くとより確実に予想が出来ます。

そしてトレンドラインの延長上まで再びローソク足が上がった時(赤の矢印)にLowで購入します。

「押し目買い・戻り売り」攻略法を使う上で注意する事

注意しておくべきことは、為替の転換ポイントの確認です。

方向転換してしまったら少し様子を見ながら再び購入のポイントを見つけましょう。

方向転換

例えば上記の画像のように上昇傾向で押し目買いをしようと思ったら、トレンドラインよりも下回って下降してきたとします。このタイミングで購入すると失敗するので、手を出してはいけません。

そして再び上昇してきた場合は改めてトレンドラインを引き(※押し目買いなら少し下がってる2つのローソク足のお尻部分(安値)をトレンドラインで結ぶ)、トレンドラインの延長上まで再びローソク足が下がった時(赤の矢印)にHighで購入しましょう。

まぁ一時的な方向転換の場合は少し待っていれば再び購入チャンスが訪れますが、完全に上昇から下降へ方向転換した場合は、「今どちらに動いてるのかは把握して押し目買い・戻り売りをする」事が大事です。

「押し目買い・戻り売り」に向いている人と向いてない人

今まで説明してきたように、この戦略は為替の動き方を見定める必要があるものになります。

つまり、バイナリ―オプションに始めて触れるという方にとっては少しハードルが高いものになりがちです。

ただ、バイナリ―オプションにある程度慣れてきて、為替の動き方が少しずつ分かってきたという方にはとてもおすすめなので、積極的に活用してみて下さい。

まとめ : 単純な戦略だが少しコツが必要!動きを読み使いこなそう

ここまで「押し目買いと戻り売り」について解説しましたが、いかがでしたか?

下落した時に買い、上昇した時に売るという単純な戦略ですが、使い方を間違えると負けが続いてしまうので、この記事で紹介した活用方法をぜひ押さえておいてください!

「押し目買い・戻り売り」をするのにおすすめのバイナリー業者

そして「押し目買い・戻り売り」をするのにおすすめのバイナリーオプション業者はペイアウト率最大2.30倍のハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアでは新規口座開設をするだけで5,000円が貰えるキャッシュバックボーナスを開催中。さらに最低入金額が5,000円と低価格で取引を始められるので初心者でも気軽に取引が出来る業者です。

出金トラブルもなく安心して始められるのでどの業者にするか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

ハイローを押し目買い・戻り売りで攻略する

押し目買い・戻り売りを使ってハイローオーストラリアを攻略してみる

ハイローオーストラリア
業界TOPで稼げるペイアウト2.3倍取引があり、翌日出金も可能!5,000円から始めることができる文句なしのユーザー満足度No,1業者です! 基本情報・体験談をチェック 公式サイトはこちら

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

実際に当サイトで検証した攻略法を使って利益が出ている業者をランキングにしています。業者ごとに利益が出てる攻略法を紹介していますので合わせてご覧ください。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
利益:+5,098,950円 勝敗:435勝93敗 勝率:82.3% 攻略:RSI分析で勝率70%以上安定トレード!

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気!短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点5,000円から始められる点、初回入金で5,000円のボーナスを貰える点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

ザオプション
利益:+1,418,371円 勝敗:163勝41敗 勝率:79.9% 攻略:ザオプションだけの10秒足トレード!

theoption(ザ・オプション)では、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供しています。そしてテクニカル分析がとてもやりやすい『デスクトップアプリ』が使えます!
また、期間限定で口座開設後10日以内に10回取引を行うと10,000円分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中!

3位:ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー(zentrader)
利益:+89,540円 勝敗:22勝8敗 勝率:73.33% 攻略:現在検証中

ゼン・トレーダーではペイアウト率が最大1.97倍と高く、ドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!
しかも土日でも取引可能!今なら口座開設で5,000円のキャッシュバックボーナスを貰えます!

4位:ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ(FiveStarsMarkets)
利益:+1,353,873円 勝敗:283勝125敗 勝率:70.2% 攻略:短期取引に特化したシグナルツール!

ファイブスターズマーケッツはドル円などに加え、仮想通貨の相場を使って取引が出来ます!しかも365日24時間取引可能。変動が大きい仮想通貨は勝てやすい為オススメです!
500円から始められるので初心者にも◎。また、実際に出金検証を行い当日出金ができる事も確認しています。

5位:トレード200

トレード200
利益:+90,000円 勝敗:21勝8敗 勝率:72.41% 攻略:ボリンジャーバンドで1分取引攻略!

トレード200(TRADE200)の特徴はペイアウト率2倍固定の「RETURN200」取引がある事です。そして200円から取引を始められる為初心者にもおすすめ!
取引チャンスが分かる経済指標カレンダーはトレード200だけです。更に入金時やキャンペーン時に貰えるポイントは1ポイント=1円で取引に使用可能。

6位:ソニックオプション

ソニックオプション
利益:+12,350円 勝敗:7勝3敗 勝率:70.00% 攻略:取引タイミングが分かるメールで攻略!

ソニックオプションはバイナリー業者では高いペイアウト率2.02倍のレンジ取引が出来ます。更にメールや公式LINEでその日の狙い目を教えてくれるので、初めての方はおすすめです。
入金時やキャンペーン時には取引に使えるポイント(1P=1円)を貰えるのでお得に始める事も出来ます!

この記事のカテゴリ:テクニカル